お笑い界の「狂犬」加藤浩次(50)が仕掛けたのが「加藤の乱」。MCを務める「スッキリ」(日本テレビ系)で「経営陣が辞めなければ会社を辞める」とぶち上げたのです。しかし、いつのまにか鼻息荒かった状況もトーンダウン…世間的には、現経営陣の軍門に下った形となったようです。吉本も残留を発表しています。

一転して謝罪…

加藤は7月23日に吉本興業の崎洋吉本興業会長(66)と会談しています。その会談から7月26日の「スッキリ」の中で、

「僕がこういうことを発言したことで、事が大きくなっていることは、本当におわびしたい」

と発言し、一気にトーンダウンした形となったのです。

加藤の盟友であり、長年苦楽を共にしてきたナイナイの岡村隆史(49)は自身のラジオ番組の中で、加藤を

「ワイドショーハイになっていた。加藤は吉本にいなくては行けない人間だ」

と擁護し、逃げ道を作った形にしています。


ダウンタウンの松本人志(55)は、

「加藤のほうから電話もしてくるし(マスコミが望むような)VS構造ではない」

と説明しています。

これらのことから、事態は収拾に向かっているように見えます。

それでも、「加藤の乱」に賛同した近藤春菜(36)や平成ノブシコブシの吉村(39)などは立つ瀬がないといっていいでしょう。特に近藤春菜の場合は「スッキリ」の共演者として逃げ場のない中での賛同でしたから、可哀想な面もあります。

というのも、風向きは一気に吉本側に移っていて、これから大粛正の嵐が起こると予想されているからです。

吉本は会社にたてついたものを許さない

「加藤の乱」の当初は、芸人側に勢いがあり、加藤を持ち上げる声が後輩芸人の中から多く上がっていました。吉本経営陣の世間からのバッシングもあり、経営陣が総退陣するのでは?加藤の天下がくるのでは?という期待感が渦巻いたのです

しかし、大崎会長と加藤の会談と岡村や松本の声が出たことで一気にトーンダウンしていきます。なによりも加藤を取り巻く同僚芸人などから「落ち着け」といった声が多かったのです。

振り上げた拳を下ろしたら終わる…といった生やさしい世界ではありません。

テレビ関係者の声です。

「現経営陣に対し反旗を翻した時は、吉本内でくすぶる芸人らから“若大将”と持ち上げられ物凄い人気だったんです。ところが岡本昭彦社長や大崎洋・吉本興業ホールディングス会長は相変わらず居座ったまま。やがて加藤も沈黙し誰もが貝のように口をつぐんでしまったんです。加藤は一体、何をしたかったのか? いまとなっては謎ですね」

今後、加藤を待っているのは「干され地獄」なのだそうです。

「加藤はハシゴを外されてしまったんです。読みが甘かった。明らかにクーデターの失敗ですよ」

これは「スッキリ」の番組関係者の声です。さらに続けます。

「加藤が吉本興業の元幹部にそそのかされる格好で明石家さんまを社長にすべく動いていたという噂がありました。結論からいえば、さんまさんがそんな話を受けるわけがない。いずれにせよ加藤は自ら墓穴を掘ってしまったと言っても過言ではない」

そして、放送作家の言葉です。

「徐々に仕事が先細り、飼い殺し状態になるんです。かといって独立しても先は見えている。お笑い芸人が事務所と揉めるというのはそれだけでマイナスです。吉本が圧力をかける前にオファーは激減するんですよ」

「スッキリ」後任に山里良太!?

芸能プロ関係者によると、

「過去に加藤は会社に歯向かった先輩芸人らの哀れな末路を目の当たりにしているんです。プライドを守るために来年3月までに自ら降板を申し出るといわれています。言われる前に自ら辞めるという加藤なりの美学なのでしょう」

吉本興業も水面下で、加藤降ろしの準備を始めたという情報も出ています。

途中降板は考えられず、あくまでも来春の改変期のMC交代という軟着陸を目指しているのが、吉本の恩情と言えそうです。そして、後任には山里良太の声が上がっているのです。

前出の芸能プロ関係差の声です。

「現在、最有力候補は女優の蒼井優と結婚した南海キャンディーズの山里亮太です。もちろん山里も断るわけがない」

気になる加藤の今後ですが、極楽とんぼも開店休業状態です。バラエティへの露出自体がほとんどありませんでしたから、お笑い界に対して、何の未練もないといった状況です。そのため、俳優としての境地を開拓するのでは?という声も聞かれます。


仮に、芸能界引退となっても、経営するジンギスカン店で生計を立てるか、あるいは地元の北海道のローカル番組で活躍するかの選択肢があります。

お金はたんまりとあるようですから、これからのことについて心配する必要はなさそうです。

ネットの声

「公共の電波を私的問題に使うのは止めなさい。番組はあんただけのものではありません」

「うわ、結局自分の番組の視聴率稼ぎかよ」

「続投でいいでしょ。色んな意見があるのが当たり前。はっきりした物言いは好感がもてる。」

「加藤の乱」が「加藤の変」になればよかったのですが、鎮圧→干され→契約解除となる可能性が高いとされています。これからどうなるのか注目したいところです。

おすすめの記事