公正取引委員会がジャニーズ事務所に注意していたことが7月17日にわかりました。ジャニーズ事務所が「元SMAPメンバー3人」を出演させないように圧力をかけていたというのです。独占禁止法違反に繋がる恐れがあるということですよ。

独立した3人をテレビ番組に出演させないように圧力をかけていた!?

国民的アイドルグループだったSMAPは、2016年12月末をもって解散。SMAPメンバー5人はその後、ジャニーズ事務所でソロとして活動していました。そして、2017年9月に稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)が同事務所との契約を満了します。そして、SMAPの元マネージャーが立ち上げた事務所に移籍したのです。

その時期を前後して、3人が出演していた民放番組の打ち切りが相次いだのです。

関係者などの話から、公正取引委員会は、ジャニーズ事務所がテレビ局などに3人を出演させないように圧力をかけた疑いがあるとして調査を開始します。


その結果、直ちに独禁法に抵触する違反の事実は認められなかったとしています。いっぽうで、違反行為に繋がる事案があったと判断したのです。

気になるのは、この報道がジャニーズ事務所の社長であるジャニー喜多川氏が亡くなってから報道されたということです。公取委からの注意はジャニー喜多川氏の生前中に行われたということですから、亡くなったのを待って報道したのは間違いないでしょう。

SMAPは1988年バブル絶頂のときに結成された男性5人組の人気アイドルグループ。

「世界に一つだけの花」「夜空ノムコウ」「ライオンハート」など、さまざまなヒット曲で知られています。

移籍した元SMAPメンバー3人が17年9月に立ち上げた公式ファンサイト「新しい地図」によれば、3人のテレビ番組への出演は現在、草なぎ剛がナレーターを務めるNHKの番組のみとなっているのです。

SMAP時代は数多くの番組に出演していて、「SMAPメンバーの誰かを見ない日はない」というくらいの露出だったのですが、ジャニーズ事務所を退所した3人については、めっきりテレビで見ることはなくなったというのが実感です。

ジャニーズ事務所に残った、木村拓哉については、元々ソロでのテレビ出演はなかったので、テレビから見なくなったのはわかるのですが、俳優にシフトしていることからも違和感はありません。

中居正広については、MCを務める番組は健在ですので、テレビで見る機会は他の元メンバーと比べても突出しているといっていいでしょう。

公正取引委員会の聞き取り調査では違反行為までの認定はできなかった

稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾については、テレビではめっきり見なくなったのですが、ネットでの活動は活発で露出も多くファンの間では、

「吾郎ちゃんや剛くん、慎吾くんは、ネットには出るのに、どうしてテレビに出ないの?」

という声は、SMAPファンでなくても、誰もが普通に思っていた疑問だったのです。

このごく普通の疑問に対して、「やはり、それはおかしいこと」として、公取委が判断したのです。


当のジャニーズ事務所は、元SMAPメンバーを巡る圧力報道を否定しています。

「公正取引委員会からも独占禁止法違反行為があったとして行政処分や警告を受けたものでもありません」

そのうえで、

「とはいえ、このような当局の調査を受けたことは重く受け止め、今後は誤解を受けないように留意したいと思います」

といった活動方針を表明しています。

芸能事務所に対して公正取引委員会が注意するのは初

芸能人の移籍や独立を巡って、所属事務所とトラブルになるケースは、過去から枚挙にいとまがありません。しかし、そういったトラブルが発生しているが両者で解決(和解)するケースが多く、芸能事務所に対して公取委が注意するのは、芸能界の長い歴史の中で今回が初めてということです。

いずれにしても、芸能界というのは、人間関係や事務所の関係は、良い意味で昔ながらの義理人情が生きている世界であり、悪くいえばドロドロな世界といった言い方もできます。

決してきれい事では済まないこともあるのは否めないところでもあり、ジャニー喜多川氏が亡くなったところで、しがらみがなくなったといっていいでしょう。

マスコミが、元SMAPメンバーのテレビ出演がなくなったこと、さらには公取委から注意を受けていたことを揃って報道したことが興味深いと言えます。

ネットの反応

「問題なのはテレビ局だと思うよ。圧力があったのなら屈したのだし、なかったのなら過剰な忖度をしていたわけだから」

「公正取引委員会が注意したという事は、それなりの事があったからだよね」

「郷ひろみも田原俊彦もやられたのは間違いないよね」

これを機に圧力というものがなくなっていったらいいですね。

おすすめの記事