10万円というのも微妙な金額ですが、地力で調達するにはけっこうな金額なんです。

10万円くらいになると借りたほうが早いですが…。

お金がすぐに必要ならどうする?

お金がすぐに必要となるとどうしたらいいでしょうか。
それが少額で3万円程度なら友人知人を頼るのがいいでしょう。
もちろん、安易に友人知人に頼るのも考えものですが、気軽にお金のことを言えるのは、長年の友人関係ならではということでしょう。

3万円ですから、ATMで引き出すようなお金ではありません。
というか、友人知人からお金を借りる場合は、財布の中にあるお金から借りるべきです。
3万円程度でしたら、ポケットマネーが原則です。

わざわざATMで引き出してもらうくらいでしたら、自らサラ金からお金を借りたほうがいいでしょう。
ですから、友人の財布から3万円を借りることが鉄則です。
また、借りる際は借りる側で借用書を作るようにしましょう。

通常でしたら、貸す側が借用書を作るものですが、友人知人ですから気が引けるものでしょう。
その気持ちを察して、借りる側で借用書を用意するのです。
何を水くさいと言われそうですが、借用書はあったほうがいいです。

それは、貸す側にとっても本音は助かるでしょう。
借用書には、給料日には一括で返済するといった文言を書いておきます。
間違っても、分割返済といったことはしてはいけません。

友人は小遣いの中から、すぐにお金を用立てしてくれたのですから、返済は最優先でできるだけ早く一括で返済しなくてはいけません。
それが、友人知人とのお金の貸し借りのマナーと考えていいでしょう。

3万円程度のお金でしたら、自分でバイトをして稼ぐという方法があります。
すぐにでもお金がほしいのですから、日払いのバイトに限定されます。
求人情報誌でも、日払いのカテゴリーはありますが、男性の場合でしたら、ガテン系のバイトしかないのがつらいところです。

建設現場などの肉体労働になるので、体力に自信のない人は止めておいたほうがいいかもしれません。
ただし、1回のバイトで1万円は稼ぐことができるので、なんとか3回がんばったら目標の3万円には到達します。
週末の土日とプラスアルファで、なんとか3万円を獲得することができるのです。

昼間のメインの仕事がありますから、有給を一日使うという方法も考えたほうがいいでしょう。
日払いのバイトでしたら、ヘルメットや作業着、安全靴などは自前が基本となります。
ヘルメットや安全靴というのは、使い道がなさそうですが、普段からあったほうがいいので無駄にはなりません。

災害があったときに役立ちますし、ボランティア活動でヘルメットと安全靴というのは必須です。
意外と、利用するシーンは多いのであると必ず役に立ちます。
ガテン系の仕事は、慣れてないとケガがつきものです。

雇い主は、労働者一人一人に労災保険をかけることが義務づけられています。
これは、通勤での事故でも適用されるものです。
ですから、通勤経路と通勤手段などを地図付きで提出するのはそのためです。

日払いの場合は、雇い主が労災保険をかけていない場合があります。
違法なのですが、それも事前に確認したほうがいいです。
慣れない仕事でケガをした場合、労災保険があればそこから治療費が出ますが、なければ自腹です。

場合によっては、バイト料よりも治療費のほうが高かったということにもなりかねません。
ケガをしないように注意するべきですが、それ以上に仕事に慣れていないとケガをする確率が高いのです。
そういったことも、日払いのバイトをするときは、頭に入れておくようにしたほうがいいです。

すぐにでもお金が必要な場合は、家にある不要品を買い取り業者に買取りしてもらう方法がいいでしょう。
不要品ですから買取値が付かない場合もありますが、そのときでも不要品は引き取ってくれる買取り業者が多いですから、不要品を処分すると考えたら一石二鳥です。

中には、買取値がつくものもあるからです。
数多く買取りしてもらうことで、買取値は増えていきます。
一つ一つの金額は小さくても、1万円あるいは2万円程度にはなることでしょう。

それでも、目標とする金額には届きません。
そのときは、家にある書籍やコミックなどを買い取ってもらうようにします。

人気コミックの全巻セットなどがあれば、かなりの高価買取りが期待できます。
書籍もベストセラーよりも、レア本のほうが高く売れるでしょう。

いずれにしても、書籍やコミックを買取りしてもらうと、それだけでも目標金額に到達すると思います。
書籍やコミックの買取りは、その価値のわかる古本屋に依頼するようにしたほうが、少しでも買取り価格が上がるはずです。

他には、クレジットカードのキャッシングを利用する方法があります。
これがもっとも手っ取り早いといえるでしょう。
クレジットカードがあるということは、すでに審査に通っているのですから、キャッシング枠の中で自由にお金を借りることができます。

注意したいのは、クレジットカードのキャッシングの金利です。
消費者金融会社のカードローンよりも、金利が高く設定されていることが多く、クレジットカードのキャッシングは誰も使いません。
ここぞというときに、クレジットカードでキャッシングができるくらいに考えておいたほうがいいでしょう。

キャッシングした翌日から金利手数料が発生するので、締め日までの期間が長いと、それだけ金利手数料が増えてしまうので注意が必要です。

銀行と消費者金融会社からお金を借りる

まとまったお金が必要で、それが10万円以上だったらどうでしょうか。
そうなると、銀行や消費者金融会社からお金を借りるしかありません。
銀行と消費者金融会社を比べた場合、金利の低い銀行からお金を借りるのが、セオリーと考えたほうがいいでしょう。

消費者金融会社の場合は、どうしても昔のサラ金を思い出してしまって、借りることをためらう人も少なくありません。
特に中高年世代でしたら、サラ金の厳しい取り立てをテレビなどで見ていた世代ですから、アレルギーを感じる気持ちは強いでしょう。
それでも、銀行カードローンは、誰でも気軽にお金を借りることはできないのです。

というのも、審査基準が厳しくてある程度の属性の高さがないと、銀行カードローンを借りることはできません。
この属性というのは、お金の借りやすさや返済能力、信用度を図る指標のようなものです。
属性は、様々な項目から成り立っているのですが、その中でも属性の高さを決める有力な項目が雇用形態です。

雇用形態には、正規雇用と非正規雇用の二つがあります。
正規雇用は、いわゆる正社員のことで、非正規雇用はパートアルバイト、派遣社員、契約社員のことです。
これだけでも、正規雇用の人のほうが属性が高いことがわかるのですが、収入が多い、あるいは少ないといったことではないのです。

属性の高さを決めるのは、雇用が会社から保証されているかどうかということです。
会社と労働者の間では、雇用契約が結ばれます。
正社員でしたら、入社したときに結んだ雇用契約は、定年になるまで有効です。


つまり、会社にいるかぎり、雇用が定年まで保証されているということです。
終身雇用制が崩壊したと言われて久しいのですが、どちらかというと途中で転職する人が多くなり、定年まで同じ会社で勤める人が少なくなったことのほうが多いのです。
日本では、今でも終身雇用制が根強く残っていると考えていいでしょう。

正社員の場合は長い人で、40年以上は雇用が保証されることになります。
いっぽうの非正規雇用の雇用契約は、有期契約です。
正規雇用の人も有期契約にはなるのですが、非正規雇用の有期契約の期間は3ヵ月あるいは6ヵ月、1年といったように短期契約となります。

そのため、更新時期がくると会社と再契約となるのですが、そのときに会社が契約を更新しないとその場で退職となるのです。
これを銀行から見ると雇用が保証されていない、つまりは収入が安定していないとみられるのです。
つまりは、属性が低く、銀行カードローンの審査に通りにくいということになります。

銀行カードローンの審査が厳しいのは、カードローンの原資が口座開設者からの預金ということが大きいです。
預金ですから、いつでも引き出せるようにしておかなければいけません。
そのためにも、カードローンで貸し倒れに遭うわけにはいかないということです。

そうなると審査も厳しくして、返済能力の高い人のみカードローンの貸し出しをするようにしているのです。
さらにリスクを回避するために、保証会社と提携しています。
銀行カードローンはそのため、融資の申し込みをすると、銀行の他に保証会社の審査も受けるようになるのです。

当然ですが、銀行のほかに保証会社の審査にとおらなければ、銀行カードローンを利用することはできません。
保証会社の役割は、カードローン利用者が銀行に対して返済不能となったときに、保証会社が残りの債務の全額をカードローン利用者に代わって銀行に支払うのです。
その後に、保証会社は改めて立て替えた債務の全額を、カードローン利用者(債務者)に請求するのです。

そこから任意整理が始まるということです。
銀行はノーリスクに見えますが、返済不能となった以降の返済利息の収益がなくなったのですから、まったくのノーリスクというわけにはいかないのです。

10万円を消費者金融会社から借りる

銀行カードローンのデメリットとしてあげられているのが、即日融資ができない点です。
一頃は、メガバンクのカードローンを中心に、即日融資が大々的に宣伝されていたのですが、今では見ることができません。
それは即日融資ができなくなったからなのですが、理由が、警察庁のデータベースへのアクセスがあります。

これが義務づけられたために、即日融資ができなくなったのです。
カードローンに融資の申し込みをすると銀行は、不正融資を防止するチェックを行うために、警察庁のデータベースにアクセスしなくてはいけません。
そこで、照会情報を得るのですが、その照会情報を得るのは、早くても翌日以降となるのです。

そのため、物理的に銀行カードローンは即日融資ができなくなったのです。
すぐに10万円のお金が必要なときに、銀行カードローンは頼れないので、必然的に消費者金融会社に頼ることになるのです。
消費者金融会社は、即日融資に対応しています。

特に、24時間365日稼働している無人契約機は全国各地に設置されています。
そこでは、当日の22時までに申し込み手続きを終えて審査に通れば、すぐにローンカードが発行されるので、それを持ってコンビニATMでキャッシングすることができるのです。
最近では、カードレスサービスも始まっているので、スマホがあればコンビニATMで入出金できる端末もあるようです。

中小消費者金融会社で借りる

大手消費者金融会社の審査基準は、消費者金融会社の中でも厳しいです。
ですから、延滞歴のあるような人でしたら、審査に通らない可能性が高いです。
そのような人の受け皿的な存在になっているのが、中小消費者金融会社と街金です。

中小消費者金融会社は、業容が大手並のところもあるかと思えば、街金並みの中小消費者金融会社もあるくらい、業容が幅広く特徴のある消費者金融会社が多いのです。
法人向けの貸し付けに特化した貸金業者や、おまとめローン専門の貸金業者もいます。
一部の中小消費者金融会社と街金は、信用情報機関を通さない独自審査を行っています。


そういった貸金業者は、ブラックでも借りることができると評判が立っているのです。
独自審査ですから、現在の属性のみで審査を行うので、債務整理で返済が楽になった場合、現在の属性で判断すると、融資を受けやすいということになります。
もっとも、信用情報機関には金融事故情報として、しっかりと記録されているので、信用情報機関に照会する貸金業者からは、お金を借りることはできないでしょう。

街金で借りる

街金の貸し出し相場は10万円ですから、10万円が必要な人には好都合です
また、街金で借りるくらいの人でしたら、総量規制にかかっている人も少なくないでしょう。

街金なら貸してくれるという話は、半分当たっていて、総量規制にかかっている人はその分月々の返済額も多いでしょうから、総量規制にかかっていても、返済額によって利用可能額が増えていくので、街金の貸出金額の相場である10万円を借りることも難しくはないのです。
また、ブラックでも借りることができたという口コミも多いのですが、ブラックでも必ず借りることができるというわけではないので、その点には注意が必要です。

ネットの声

「希望額は50万円、でも審査の結果20万円で審査を通過しました。希望金額よりもだいぶ少なくなってしまったのは残念でした。」

「無事に借りることができてお金を用立てることができたので満足です。毎月の返済は少しずつでもいい設定になっているのですが余裕があるときには小まめに返していくように心がけています」

「転職したところ前の会社の給料日と、転職先の給料日の間が空いてしまった関係で一時的に金欠となり数万円借入したくて消費者金融会社に申し込ました。」

一時的な利用に向いているのが消費者金融会社のいいところでしょう。早めに返せば無金利にもなるんですよ。

おすすめの記事