最近のアップルはMacBook AirやiPad miniなど「売れるなら出す」作戦に出ている感あり。

いまのアップルならiPhone SEを容赦なく、なんの躊躇もなく復活させてもおかしくありません。

アップルが変わった

2019年のPCスマホニュースを振り返ると、やはり例年通り、アップル関連のニュースに注目が集まりました。

そして、2019年のアップルは今後の方向性が定まった印象的な年だったのではないでしょうか。

その代表的な例が製品ラインナップです。

製品の型番が明確にわかりやすくなり、ユーザーがとても選びやすくなった印象です。

簡単に言ってしまえば「ノーマル」と「Pro」という二極化。

あらゆるモデルが「家庭用」と「業務用」に

iPhoneでは「iPhone 11」がエントリーモデルで背面カメラが2つなのに対して、「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro MAX」は3つとなりました。

「とりあえずアップル製品が買えればいい」という人はエントリーモデルの「iPhone 11」で充分。

「いやいやアップル大好き。製品選びで妥協したくない」という人は「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro MAX」を選べばいいのです。

AirPodsも、Proはノイズキャンセル付きの上位モデルとエントリーモデルの2つがラインナップされています。


さらにiMacもPro仕様が強化されているのです。

「モバイルもデスクトップも仕事用でバリバリ使う」という人はPro。

「日用品」として使い勝手ならエントリーというラインナップが明確化されています。

iPadにもProとノーマルがあるのですが、一方でAirやminiも存在。

このあたりも今後、整理されてくるのではないでしょうか。

2019年はサービス・イヤー

もうひとつ、アップルが2019年、注力したのがサービスの強化でした。

「Apple TV+」では、ドラマを自社制作するなど、動画サービスの差別化に注力してきた感があります。

また、「Apple Arcade」でも自社で囲い込んだゲーム会社にオリジナルゲームを作ってもらうことで、他社プラットフォームとの差別化を図ろうとしているのです。

いずれも、サブスクリプションモデルでユーザーから継続的に利用料を徴収するビジネスモデルとなっています。

アップルとしては「Apple Music」が成功していることもあって、二匹目のドジョウを狙いたいのでしょう。

さて、2020年、アップルはどんな戦略を打ってくるのでしょうか。

2020年のアップル まずは3月に注目

まず、注目は3月下旬に「なにが発表されるか」という点。

ここ数年、アップルは3ヵ月に一度、大きな製品発表やイベントを行なうのが通例となっています。

3月下旬にスペシャルイベント、6月にWWDC、9月にiPhoneを中心とした新製品発表イベント、そして10月下旬の新製品投入です。

2019年は3月にApple News+やApple カード、Apple TV+、Arcadeを発表し、iPad miniも発売しました。

6月のWWDCではMac ProとPro Display XDRを披露。

9月にiPhone11シリーズを発表し、10月下旬にはMacbook Pro 16インチモデルを発売したのです。

アップルは3ヵ月に一度、決算発表があります。

そのため、話題や新製品発表を3ヵ月ごとにすることで売上を四半期ごとに分散させる傾向があるのです。

となると、次にアップルが話題を振りまくのは2020年3月ということになります。

そこで最も気になるのが「iPhone SE」の後継機種が出るかどうかなのです。

iPhone SEか、iPad Proか、MacBook Proか

スマホの世界ではもはや大画面が当たり前となっています。

「いまさら小さい画面サイズを出すのか」という点において、噂は半信半疑といえるでしょう。

しかし、ここ最近のアップルは、もはや後継機種は出ないだろうと思われていたMacBook AirやiPad miniなどを復活させるなど「販売台数が見込めるなら、新製品を投入する」ということをやっています。

iPad miniにおいてはデザインをまったく変えず、中身を変えただけで復活させるなど「売れるならなんでもやる」というスタンスなのです。

そう考えるとここ最近、iPhone SEの噂が絶えません。

いまのアップルなら容赦なく復活させてもおかしくない雰囲気があるのです。


特に2018年はiPhone XRやiPhone XSが高額すぎて売れないという失敗をしているのはご承知の通り。

2019年はiPhoneの価格を見直すという反省をしたのです。

手頃な値段で買えるiPhoneという点でiPhone SEの投入はうってつけのはず。

果たして、3月にはiPhone SEか、iPad Proの後継機種か、13インチのMacBook Pro、何が発表されるのでしょうか。

アップルユーザーとしては、まず3月の動向に注目しておくといいでしょう。

ネットの反応

「seは単なる入門機ではないんですよ。小型で手に馴染むサイズは手の小さな人からすると、これこそがスマートフォン!っといいたくなるくらい馴染みやすいんです。小さなiPhoneを発売してください。」

「iPhone5sを3年、SEを3年使ってます。このサイズが丁度良い塩梅なんです。SEの新型出してくれれば買いますよ。」

「大きな電話を持ち運びに便利なように小型化を繰り返してきたのに最近はどんどん大きくなってきていてSEが終わったことに絶望してたわ。大きいの欲しいならタブレット買うし普段使うならSEのサイズ感が1番いいんや」

今でもSEユーザーは少なくありません。

小型が良くて使い続けている人が多いのです。

しかし、三年半経過してバッテリーがへたっている人が多いようです。

発売が本当なSEユーザーにとってらかなりの朗報ですね。

おすすめの記事