OLYMPUS DIGITAL CAMERA

できるだけ経済的にスマホを使いこなしたいなら、SIMフリー端末を選ぶというのもひとつの手です。

でも機能や性能には妥協したくない…。そんな人はチェックすべきなのが、コストパフォーマンスに優れたモトローラの「moto g8」シリーズ。

同シリーズではこの秋の新モデル登場により、ラインナップをさらに拡充。

大容量バッテリー搭載によるスタミナ仕様はそのままに、充実した性能をお手頃な価格で実現した高コスパモデル「moto g8 power lite」(Motoストア販売価格:2万800円)が新たに加わりました。

スタミナモデル

その名前からもわかる通り、「moto g8 power lite」は今春発売の「g8 power」と同じ大容量バッテリーを備えたスタミナモデルの系譜です。

「g8 power」と同じ5000mAhの大容量に加え、バランスのよいスペックにもかかわらず2万円強という驚きのコストパフォーマンスを実現しているのです。

カメラは1600万画素メインカメラ+200万画素マクロカメラ+200万画素深度測定用カメラというトリプルカメラ仕様。

「g8 power」「g8」のような広角カメラや光学ズームこそ搭載していませんが、

独自開発のAIエンジンが撮りたい被写体の種類やシーンに応じてモードや設定を自動で調整。メインカメラはPDAF(位相差オートフォーカス)搭載で、光量に左右されることなしに高速フォーカスを行うなど、その性能は価格を考えれば十分すぎるほど。

煩わしい設定や調整なしに、多彩な撮影表現を誰もが快適に楽しめます。

液晶は6.5インチ

液晶ディスプレイはこれまでの「moto g8」シリーズの中では最も大きな6.5インチ。

アスペクト比20:9のMax Visionディスプレイの採用で、映画やゲームなども迫力たっぷりに楽しめます。

CPUにはMediaTek Helio P35 2.3 GHz+1.8 GHz オクタコアプロセッサーを採用。

メインメモリは4GB。

また同梱の充電器は10W高速チャージャーで、フル充電1回分で音楽なら約100時間、動画視聴なら約19時間の再生が可能です。

9月4日より発売

さらに、SIMを2枚挿しすることで1台の端末でふたつの番号を使い分けられる“4G+4GデュアルSIMデュアルVoLTE”にも対応。

使用するSIMは手動で選ぶこともできますが、過去の通話履歴から自動でSIMを判断する機能も備えているので、使うたびにどちらのSIMを使うか選ぶ煩雑さもありません。

これだけの機能を備えて税込2万円ちょっと。

スマホひとつであれこれやりたいわけじゃないけど、エントリー向けから一歩進んだ撮影がしたい、とにかく長時間使いたい、そんな人にはぴったりのモデルと言えそうです。

シャープな濃淡のグラデーションが美しいポーラブルーとロイヤルブルーのブルー2色展開で、9月4日より発売されています。

ネットの声

「moto g8 power liteはHelio P35だから動作は期待できなそう。Ulefone power 6のレスポンスはかなり厳しいものがあったので。auガラホSIMの受けにはできるかもしれないけど。」

「指紋認証が下部ベゼルにあるR5Gがメイン機種であるがゆえに何もないのにこのベゼルの広さは気になる
それなら昔使ってたG5シリーズの時みたいに正面に指紋欲しい」

「モトローラがmoto g8 POWER liteやもう一つの端末を出すのがニュースに上がってたけど、それら2機種のSoCはMEDIATEKのHelioシリーズ。POWER liteはHelio P35。P60とP35は…どうなんだろうなぁ。ちなみにP60はUMIDIGI F1 Playに搭載されてるSoCです。」

チップが若干弱い印象です。長く使うなら「lite」ではないほうがいいかもしれませんね。

おすすめの記事