「老いを認めない」は要注意 精神科医が説く「55歳からの過ごし方」

55歳というのは微妙な年齢。

企業の役員の席が狙えそうな人は別ですが、大半の人は定年が視野に入っているでしょう。

とはいえ、その後をどう生きていくか決めている人は少ないのではないでしょうか。

55歳からが大事

なぜ「55歳から」が大事なのでしょうか。

精神科医の保坂隆さん(68)はこう指摘します。

「女性の更年期と同様に、男性にも退行期・衰退期のようなものがやってくる。40代ぐらいまでは気力も体力もあってバリバリ働けますが、55歳ぐらいで体力的な喪失体験をします。自分の今の体力で何ができるかを考えて生きるのが大事です」

なかには、「俺はまだまだ若いやつには負けない」とスポーツクラブに通い始めるなどして年老いていくことを認めず…

老いた自分の次のステージのことを考えずに生きる人もいます。

それは要注意というのです。

老いを認める

「年老いていくことを否認するための行動だとしたら、それはそんなに長くは続きません。それは単なる『躁(そう)的防衛』の一つです」(保坂さん)

躁的防衛とは、本来ならば喪失感を感じて鬱々(うつうつ)するようなときにそれを否認して、明るくふるまうこと。

「55歳からの過ごし方が鍵になるんです。考え方・生き方を変えなければいけないターニングポイントなのです。その切り替えがうまくできる人は60歳以降も充実するでしょう」

保坂さん自身、57歳が転機となっているそうです。

某大学医学部の教授職から、聖路加国際病院に移り、がん患者向けの精神腫瘍(しゅよう)科を新設しています。

定年退職が契機

死にゆく人の心に寄り添うため、「死生観」を学ぼうと、59歳で高野山大学の通信制に入学。

そこで得た知識と体験は、臨床の現場で生かされているというのです。

2017年に定年退職したのを機に、がん患者と家族の心のケアをするクリニックを開業しました。

「僕の50代はものすごく意味があると思っています」(同)

アンチエイジング関連の著書がある、北里大学名誉教授の塩谷信幸さん(88)。

経済的な準備に加え、心の準備もしっかりしておくことが必要だといっています。

年齢を重ねると、仕事も居場所も役割も減る上に、今はコロナ禍。

「人々の生活スタイルや物事のとらえ方、感じ方は変わってゆく。それは決して元には戻らないでしょう」

とはいえ、塩谷さんはそれをマイナスとは捉えていないようです。

「テレワークなどは、高齢者にとっても働く場が広がるわけです。新しい仕事やライフスタイルをそれぞれが作っていくことになるのだと感じています」

ネットの声

「老いを受け入れる気持ちがないと年を重ねる事が苦痛になっていく。ただ体力、頭脳は必ずしも加齢で容赦なく衰えるものではない。若い者に負けないという対抗心でなく体力を落とさない為に楽しんでスポーツをするのはいいと思う。」

「40歳になった時、調べたら「初老」だと驚いてから20年経ちました。耳順となったかは難しいですが、外見はきっちり年齢を重ねましたね。
男性は化粧もしないから、そのまま顔にでますし。あまり白髪もなく腹も出ていませんが、顔はまちがいなく垂れています。視力はいいが完全に老眼。残念。でも、血液検査の結果は40歳の時より改善されています。特に指摘されるところもなし。当時は忙しく外食中心でした。今は妻の食事のせいだと感謝しています。ムリしすぎるのはNGですが、適度な負荷はかけ続けるべきですね。体力も頭も。「キレる老人」にならずに、頼りになる「知見豊富な老人」をめざしたいと思います。」

「自分自身で「老い」を感じられる人はまだ幸せだと思います。気の毒なのは、自分は変わってないと思っているのに、周囲から「年とったなぁ?」と見られているのを本人だけが気付いていないパターン。」

コロナ禍、ウィズコロナ、アフターコロナ…いろいろな意味でこれからのライフスタイルは激変するかもしれません。ビフォーコロナの世界に戻ることはないとさえ言われています。

そうなると、50代も時代の変化にうまく対応していかなければいけませんね。

おすすめの記事