1980年代から90年代前半を舞台にしたり、当時のカルチャーを描いた新作映画やリバイバル作品がここ数年次々と発表されています。

ネットもスマホもありませんでしたが、とりわけ80年代前半からの日本は景気がよく、近い未来への見通しは明るい時代でした。

未知の冒険に憧れたり、恋に目覚めたり……中学生はどんな青春を過ごしていたのでしょうか?

当時を知らない世代が見ても抜群に面白い、80年代の中学生を描いた傑作邦画5作品を紹介します。

「転校生」(1982)

――大林宣彦監督“尾道3部作”の幕開け。元祖「入れ替わってる!?」ふたりの甘酸っぱい青春――

「時をかける少女」「さびしんぼう」と並ぶ大林宣彦監督の“尾道3部作”の第1作がこちら。

山中恒氏のティーン向け小説「おれがあいつであいつがおれで」(旺文社刊)が原作で、神社の境内の階段から転げ落ちた中学生の一夫と一美の体が入れ替わり、ふたりが戸惑いながらも、恋愛とはまた違った秘密の絆を築いていく青春映画。

現在個性派俳優として活躍する小林聡美と尾美としのりの映画デビュー作で、異性の体になってしまったふたりのドキドキが伝わる名演技に引き込まれ、本作を繰り返し見ている人は毎回ラストシーンで涙していることでしょう。

一夫の母を演じる若き日の樹木希林の存在感も見逃せません。

「入れ替わってる!?」で、世界的に大ヒットした新海誠監督の「君の名は。」は本作へのオマージュ作とも言えるでしょうね。

転校生 -さよなら あなた-
(クリックするとAmazonのサイトへジャンプします)
リメイク版もありますが内容は断然こちらのほうがいいですよ。

「家族ゲーム」(1983)

――風変わりな受験生と怪しげな家庭教師。視線の交わらない食卓で何が起こるのか。森田芳光監督による異色のホームコメディ――

団地に住む4人家族の沼田一家。

高校受験を控えた中学3年生の茂之のため、伊丹十三が演じる父・孝助が雇ったのは、松田優作扮する三流大学の7年生でつかみどころのない怪しさを持つ家庭教師、吉本。

この配役や設定だけで、ほのぼの仲良しファミリードラマではないことがわかります。

当時の数々の映画賞に輝いた傑作なので、音楽なし、横一列に並び食事をする家族の食卓などの新しい表現についてよく語られますが、中学生映画としての見どころは、宮川一朗太が演じる茂之が、偏執的で風変わりな性格であること。

今でこそ“オタク”は市民権を得ていますが、当時の青春映画には珍しいタイプだったのでは?と思います。

そして、バブル時代の華やかさではなく、いじめ、校内暴力やバット殺人など当時の社会問題を反映しているのにも注目です。

家族ゲーム [Blu-ray]
(クリックするとAmazonのサイトへジャンプします)

「パンツの穴」(1984)

――男子中学生のエロとエモを凝縮。「トラック野郎」鈴木則文監督が手掛けたぶっ飛びラブコメ――

菊池桃子(当時もめちゃくちゃ可愛い)のスクリーンデビュー作で、東京のニュータウンに転校してきた早熟少年を描くラブコメディ。

ネットのない時代の男子中学生の煩悶がコミカルに描かれています。

山本陽一が演じる主人公が「エロ本、エロ本、ワクワク!」と少年の愚直さを結晶化したようなセリフをつぶやきながら自動販売機に小躍りで向かうシーンは、性的なコンテンツがネット上に溢れる時代には味わえない紙媒体への期待がひしひしと伝わり、当時を知らない筆者は感動すら覚えました。

また、主人公が盗んだパンツ片手にひとりで見る打ち上げ花火は、上述の大林監督「転校生」のワンシーンと重なるような夏の終わりの少年の抒情が感じられます。

そして、武田鉄矢のぶっ飛びの役どころ、内容に反して劇中の楽曲のセレクトがおしゃれというギャップも楽しめる一作です。
パンツの穴 (HDリマスター版) [DVD]
(クリックするとAmazonのサイトへジャンプします)

「台風クラブ」(1985)

――台風が迫る学校内。非日常の中で生まれた中学生の狂気を描いた、相米慎二監督の代表作――

東京近郊の地方都市、台風が迫る4日間と学校内での非日常の中で生まれた狂気を描いた青春映画。

夜のプールで遊ぶ男女、東京への家出、目覚め始めた性の欲望、大人の欺瞞に気づく時、同級生の自殺……甘酸っぱいだけではない、思春期特有の不安定さと残酷さを繊細かつ大胆な演出でみずみずしく活写。

工藤夕貴演じる理恵がナンパされた大学生の家に行ってしまうシーンが心配で心配で……という人も多かったのでは?

鑑賞するたびに本物の老婆心が。ちなみに大学生を演じているのは上述の「転校生」尾美としのりです。

暴風雨の中、中学生たちが下着姿で当時のアイドルの楽曲を熱唱しながら踊り狂うシーンは、日本映画史上に残る名場面。

ジム・ジャームッシュ監督が永瀬正敏を見出したと言われる相米監督のもう一つの中学生映画「ションベン・ライダー」も是非チェックを。

台風クラブ [DVD]
(クリックするとAmazonのサイトへジャンプします)

「ぼくらの七日間戦争」(1988)

――大人への怒り、友情を描いた王道青春映画。宮沢りえの人間離れした美少女ぶりに目が離せない!――

中学生と大人たちとの戦いをみずみずしく描いた、王道青春映画。厳しい校則、出来の悪い生徒に対する、言葉の暴力や体罰など、今で言うモラハラ、パワハラに嫌気が差した男子軍団が廃墟に籠城し、見つけた廃戦車で突撃するというアクション満載の活劇。

見どころの一つは、男子に救いの手を差し伸べる女子チームの代表格ひとみを演じ、女優デビューした宮沢りえ。

白いタンクトップにジーンズからすらりと伸びた脚、初主演ながら堂々とした演技とその美少女ぶりは、思わず一時停止してしばらく眺めたくなるほど。

偏屈な教師を演じる佐野史郎の怪演も味わい深く、こっくりさんなどのオカルトブームも反映されています。

小室哲哉の音楽、主題歌はTM NETWORKというのも、その後90年代の小室ファミリーブームを予感させます。

ぼくらの七日間戦争 角川映画 THE BEST [Blu-ray]
(クリックするとAmazonのサイトへジャンプします)

ネットの反応

「僕らの7日戦争なんて今の子には、あのドキドキわからんよな。ゲームもそんな無かったし家出て凄い憧れがあったわ。今なんてWi-Fiないと終わってるよな。スマホあるだけでおもろいし。」

「二人の掛け合いと小林聡美の体を張ったモロ出しが印象深い。今尚語り草で、観てるこっちが照れ臭くなるくらい長尺なキスシーンの探偵物語。当時は優作さん羨ましいっすと思いました。」

「観たことのない作品があるので、この機会に観てみたい。それにしても1980年代はいい時代だったなぁ。」

80年代はまだまだ思い出と語る人が多いので、こういった映画は受けると思います。どれも秀逸ですよ。

おすすめの記事