あだ名禁止の学校が増えていることに…松本人志「余計に陰湿なあだ名が付けられている」

お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(57)が1日、レギュラーを務めるフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)に出演。

「あだ名禁止」の学校増加に不安感を示しました。

あだ名禁止の学校が増加

番組では、いじめ防止のために略称や愛称を含めて「あだ名禁止」の学校が増加していることを取り上げました。

これに松本は

「どうだろうか。これをすると余計に裏あだ名、地下あだ名がね。もっと陰湿なあだ名が付けられているんじゃないだろうか?」

と危惧したのです。

将来的にどうか…

番組に出演したお笑いコンビ、EXITの兼近大樹(29)も

「僕の世代だと(あだ名)ありきで来た世代なんで、この子たちが社会に出てきた時にあだ名つける可能性がある。耐性が付いてない状態で(社会に)出てくる」

とジェネレーションギャップに困惑する可能性を示唆。

「学校で禁止っていうより全面禁止にしてあげて、小学校でより詳しく『なぜなのか』ってのを教えていくのが大事」と教育の重要性を説いたのです。

注意すれば済むこと

松本も「先生があまりにもネガティブな、これはもう悪口でしょっていうのを注意するなり、親が言うなりですむ話。全部禁止っていうのはちょっと乱暴かな」とし、

「これ本当に、どんどんこういう風になっていくのかな」と不安感を示しました。

ネットの声

「あだ名を禁止にせざるおえない教育現場です。実際に禁止している学校もあり、禁止にする理由は単純で、よくないあだ名の時に保護者からクレームがあるからです。生徒が悪い事をして、注意してもきかない上に、その注意にしても保護者からクレームがくる。我が子が悪い事をしているのにそれを見ず、我が子は悪い事をしない。その子が嘘をついている。そんなに悪い事をしているのか?など、意味の分からないクレームを入れる保護者が一定数いるので、そもそものあだ名を禁止している教育現場があるのです。」

「こういうのは禁止する方向なのに左翼系コメンテーターが総理に対してヒトラーとか独裁者とか揶揄するのはOKって線引が分からない。
ていうか何でもかんでも禁止にしてたらどんどん自分の力で考える能力が下がって責任転嫁と他力本願の人間ばかりになっちゃうぞ!?
あだ名禁止なんて大人がトラブル解決を面倒臭がってるだけにしか見えないしこれでイジメが減るとも思えないんだがね。」

「いじめにつながるあだ名と、親しみのあるあだ名は教師、教育現場で容易に判断できるでしょ。なんでも禁止にする教育現場が危機的状況だと思う。当方は、小学校から使われてきたあだ名で呼ばれることが、今でもありますよ。勿論、親しみのある簡単なあだ名ですが。」

変なあだ名を付けられるといじめや登校拒否につながります。教育現場ではいろいろなことが起こっているのでしょう。

おすすめの記事