コロナショックで日本食に群がるイギリス人...世界で見えはじめた“日本爆上げ時代”到来の予兆

新型コロナウイルスが依然として猛威をふるうなか、「アフターコロナ」を見据えた欧州。

そこではなぜか日本の評価が爆上がりしているというのです。

コロナ第2波が懸念されている状況ではありつつも、すでに「アフターコロナ」を見据えた欧州では、日本の評価が激的に上がっているということですが…。

アフターコロナの世界はどうなる?

イギリス・欧州では、すでにコロナ後の世界情勢や生き方がけっこう話題になってきています。

当然、コロナ以前の状況といろいろ変わるでしょう。

まず仕事について…。

これからは「どの仕事が身の安全を確保できるか」という視点で仕事を選ぶようになることが増えるでしょう。

もうお金とか肩書きが関係なくなってきています。

これはものすごい大変革です。

とりあえずやらなくてはいけないことは、どこにいても稼げて、家から出なくてもいい仕事をすることです。

経済学者のマルクス先生はロクデナシですが、彼の理論の一部は正しい。

現に資産家はコロナショックで資産がだいぶ増えてますから。不労所得があるのは強いのでです。

あとは、今後は健康をより重視する人がガンガン増えるはず。

これははっきり言うと「世界の日本人化」という風にいっていいと思います。

日本人は世界とくらべて健康マニアみたいな人がすごく多いのでさうが、こうした日本人の「健康」ぶりを崇める風潮が欧州だけでなく世界中に広まるはずです。

すでにイギリスでは、激安スーパーでも高級スーパーでも日本食用の食材がバカ売れしているのです。

日本人=コロナで死んでない=健康だからにちがいない=多分日本食を食べているから健康なんだ=カツカレーとラーメンを食べれば死なない…

このような突き抜けた思考回路になっている人もいるのです。

まもなく「日本爆上げ時代」がやってくる

欧州人も含め、いまはとりあえずみんな中国に激怒している状況です。

今まではアメリカとか欧州でも中国に激怒する人というのは暇なネトウヨみたいな人が多かったのです。

しかしコロナ禍の状況下で、一般の人も会社をクビになったり、親が死んだりして、ひどい被害を受けています。

いろいろ各人状況はあるかと思いますが、「これはもう中国が全部悪い!」――みたいな空気になりつつあるのです。

その一方で、中国の隣国である日本は、ウイルス感染者を世界とくらべても多くは出していないわ、死者の数は少ないわ、他の国に無料で薬を提供するわで、本当にいい人な面が相対評価で強調されています。

アベノマスク配布とか国民全員10万円もらえるというニュースも欧州のネットでかなり広まっています。

「すげーな、ジャパンに行くとみんな10万円もらえる、ちょっといい国じゃないか、ミスターアーべはマスクもくれてさらに10万円もくれるらしいぞ!」といった声がそこかしこで聞こえます。家人の親戚とか義母のお友達まで「10万円!10万円!」

と毎日連呼しているのです。

だから日本に移民したいという人が出てきているのです。

日本以外で手厚い補償はない…

日本以外の他の国は「収入減ったの証明しろ」とか、「年収〇〇以上だと何もやらねえ」みたいな制限がかなりあります。

そのため、実際のところ補償がそんなに出てないのです。

マスク配布なんかもありません。

フランスは配ってましたが、イギリスは配送途中に盗まれるようなお国柄です。

日本は盗まれないという時点ですでにミラクル扱いなのです。

以上のことから、コロナ後は「日本爆上げの時代」がやってくると思う人は少なくありません。。

自分が経営者とか投資家だとしたら、やっぱり国民の民度が高くて生真面目でリスクが低いところと商売したいと思うのは当然ですから。

おすすめの記事