格安SIMからドコモのahamoに乗り換える人も

格安SIMから“出戻り”宣言も ドコモ「ahamo」に乗り換え決めた人たち。

NTTドコモが発表した新料金プラン「ahamo(アハモ)」が、SNSを中心に大きな反響を呼んでいます。

月額2980円(税別、以下同)で20GBまでのデータ通信が可能、20GBを超えた後も最大1Mbpsの通信速度で利用できます。

4Gだけでなく5Gの高速通信にも対応します。

手続きはオンラインで

この20GBは海外82の国々・地域でも追加料金なく利用可能。

通話は1回5分まで国内通話が何度でも無料です。

しかも、2年縛りや新規契約事務手数料、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)転出手数料なし。

手続きは店頭ではなくオンラインとなる。

こうした破格の料金プランから、多くのスマホユーザーたちに衝撃が走っているようです。

サービス開始予定は来年3月にもかかわらず、すでに乗り換えを決めたという声も出ているのです。

「ドコモが本気出しすぎです。今はauを使っているのですが、価格には本当に驚きました。まさかここまで安いプランを大手キャリアが出してくるとは……」

そう語るのは、食品メーカーで働く40代の男性・Aさん。

auでの契約は20GB容量と5分以内の国内通話かけ放題プラン(フラットプラン20=現在は新規受付停止)で、月額約6500円払っているそう。

今回のアハモの料金プランを見て、乗り換えることを決めたというのです。

「正直、格安スマホを検討した時期もありましたが、キャリアの安心感を捨てたくなかったんです。だから多少高くてもauにしてきたんですが、アハモは低価格でありながらキャリアの安心感もあります。料金がこれまでの半額になるのは大きい。先日auも新料金プランを発表しましたが、正直期待はずれ。このままなら、来年3月に乗り換えようと思います」(Aさん)

衝撃を受けた人も

IT企業に勤める30代の男性・Bさんは、“第4のキャリア”として注目が集まる楽天モバイルを今年10月から利用しているが、このニュースに衝撃を受けたそうです。

「正直、アハモの発表を見て、乗り換えを早まったかな……と思うくらいショックで、ちょっと後悔しました。でも、料金は1年間タダなので、様子見にはいいかもしれません」(Bさん)

Bさんが契約している「Rakuten UN-LIMIT V」は、月額2980円で通信無制限。

専用アプリを使用すれば通話し放題です。

料金はキャンペーン適用で1年間は無料。こちらも十分にオトクな料金プランだが、なぜ後悔しているのでしょうか。

「個人的には通信品質がまだまだな印象です。楽天モバイルは通信エリアが狭いので、東京でも地下では電波が途切れることもあります。通勤する時間帯の電車で動画をスムーズに見られなかったり、通話も専用アプリを使うのが面倒になってきました。とはいえ無制限は捨てがたい。乗り換えるのではなく、デュアルSIM対応スマホで楽天モバイルとアハモを併用できるならそれもアリかも」(Bさん)

格安SIMからの出戻りも

一方で格安SIMを利用するユーザーからも、ドコモに“出戻り”することを決めた人もいます。

人材派遣会社に勤務する20代の女性会社員・Cさんです。

学生時代からドコモを使っていたのですが、約2年前にLINEモバイルに乗り換えたのです。

プランは音声通話SIMで通信容量6GBを利用しており、月額2200円。

最近まで10分電話かけ放題880円にも加入しており、月に3000円以上を支払っていたというのです。

「ドコモからLINEモバイルに乗り換えたとき、その安さに驚きました。でも、まさかドコモに出戻りしようと思う日が来るなんて……。LINEモバイルは昼や夕方ネットがものすごく遅くなることがあって、本当に辛かった。安いから我慢していましたが、ドコモの通信品質で2980円なら全然アリですよ。乗り換えようかなと思っています」

早くも、大手キャリアだけでなく格安SIM利用者からも期待が寄せられているahamo。

他のキャリアや格安SIMを提供するMVNO(仮想移動体通信事業者)各社が今後どう動くのか注目されます。

ネットの声

「ドコモからMVNOを利用している人は、おそらくMVNO乗り換え時にドコモのキャリアメールは不要と考えてる人たちなので、ahamoのプランでも全く抵抗ないでしょうね。自分でオンラインの手続きからSIMの差し替え、端末の設定もできる方が多いと思うので20GB+5分カケ放題の2,980円はかなり魅力的だと思います。」

「本来ならばシェアが劣るキャリアから挑むような価格を提示するところなのだろうけど、全く逆になっているのが情けない。KDDIもソフトバンクも近年はすっかり横並び体質になってしまい、価格努力を止めてしまった感がある。このままだと全てドコモが持って行きそうな感じがするが、少しはやる気のあるところを見せてもらいたい。」

「選択肢が増えた事は喜ばしいことだ。ただ、まだ慌てる必要はない。考えようによっては客を取り込むチャンスなのだから、MVNO含めた他社も価格やプランを見直すはず。少なくとももう誤魔化しは通用しないのはauの発表会後株価が急落した事例を見て明らかになった。競争原理が働くのは今は好意的に受け止めたい。」

ahamoに対抗できるMVNOの料金プランはないでしょう。

乗り換える手間が必要ですがその価値は十分にありそうです。

おすすめの記事