ヤリスやカローラといった、最近フルモデルチェンジしたトヨタ車。

ハイブリッド仕様車は、アイドリングストップをするのですがが、ガソリン仕様車にはアイドリングストップ機能が用意されていなかったりします。

ほかにもスズキ・スイフトも非ハイブリッドグレードにはアイドリングストップ機能がついていません。

燃費を稼ぐにはアイドリングストップ機能は必須と思われていたのですがが、最近ではひそかにトレンドは変わっているようです。

脱アイドリングストップ

なぜ、脱アイドリングストップが進んでいるのでしょうか。

ひとつには、燃費(排ガス)計測モードがJC08から世界基準のWLTCモードに変わったことが挙げられます。

国土交通省のリポートでも触れられていますが、この二つのモードを比較したときのWLTCモードの特徴のひとつが『アイドリング時間比率の減少』にあるのです。

計測モードにおいてアイドリングしている時間が短くなるということは、すなわちアイドリングストップによる燃費改善効果が減少するということ。

メーカーは商品性として実燃費も重視しているので、モード燃費だけを見ているわけではありません。

しかし、やはり目標としてモード燃費のターゲット値というものはあって、アイドリングストップを採用することで達成しやすくなるのです。

そのため、ついついアイドリングストップ機能をつけてしまうのは仕方がないところ。

とはいっても、アイドリングストップを実現するにはセルモーターの耐久性、よりタフなバッテリーなど車両側のコストが上がる傾向にあります。

アイドリングストップをせずとも目標の燃費が達成できるとなれば、そうしたコスト高の要因を省くことで、価格を下げるという商品力を手に入れることができるのです。

具体的な価格への反映度をはかるのは難しいのですが、とくにコンパクトカーであれば、たとえ1万円でも安くできればライバルと比べた際の商品力としてはプラスになるのは間違いありません。

アイドリングストップを省いたとしても、カタログ燃費で十分に競争力のある数値が実現できるのであれば、その意味では省いたほうがオトクといえるのです。

充電制御をしなければコストダウンにつながる

アイドリングストップ搭載車には専用バッテリーが必要でコストがかかる…。

アイドリングストップだけではありません。

ヤリスやスイフトのカタログで「主要燃費向上対策」の項目を見ると「充電制御」という四字熟語を見ることもありません。

充電制御というのは、バッテリーの状態を見ながら、適切にオルタネーターを働かせることでエンジンが発電する負担を減らし、結果として燃費を改善するというもの。

そのためには短時間で充電できる“充電受入性”が高い専用の鉛バッテリーが必要になるのです。

じつはアイドリングストップでも大容量の専用バッテリーが必要です。

いずれにしてもバッテリーの交換コストが高くなる傾向にあるのです。

アイドリングストップも充電制御もなければ、シンプルな昔ながらのバッテリーで済むので、車両コストも下がります。

そうすると、当然ランニングコストも下がることになります。

わずかな燃費の違いであれば、トータルでの維持費は非アイドリングストップ・非充電制御のほうに軍配が上がる可能性もあるのです。

ユーザーメリットを考えると…

車両価格とランニングコストの両面でお財布に優しいとなれば、それはユーザーメリットが大きいことになります。

アイドリングストップが普及した当初は燃費性能の高さが評価されていたのですが、

徐々にコストをきちんと見ることのできるユーザーのなかには「バッテリー交換を考えるとトータルではアイドリングストップ車は損」という認識になっているのです。

なかには「アイドリングストップをオフにしてバッテリーへの負担を軽減する」という使い方をしている人も少なくないようです。

ある意味、本末転倒状態となっているといっていいでしょう。

そうした市場トレンドをしっかりつかんでいるメーカーから、脱アイドリングストップが進んでいるともいえます。

カタログ燃費がWLTCモードになり、アイドリングストップの効果が少なくなったことが大きなインセンティブになったのは間違いありません。

おそらく他社も追随して、アイドリングストップや充電制御の採用例が減っていく流れにあるといえそうです。

ネットの声

「家族の車に付いてるので最初は珍しく面白かったが、段々使いにくさを感じたので今は始動するとオフにしてます。でも一度エンジン切るとオンになってしまう。
デフォルトがオフで、使いたい時だけオンにする仕様の方が便利ですね。」

「セルモーターや、アイドリングストップ用の高価なバッテリーの寿命考えると、かえって高額になるので絶対要らない装備である。
右折時など、ここぞと言う時、ワンテンポ遅くなるので危険も生じる。
アイドリングストップ反対!」

「WLTCのおかげである程度実体に近い燃費が知れ渡るようになってくると、アイドリングストップの実効性に疑問が湧いてくるのは当然だと思う。
現在EVでも問題視されてるように、「CO2生涯排出量」ではバッテリー交換が増えればそれまで稼いだ燃費を軽く上回る生涯排出量となってしまい全くエコじゃないので、廃れて当然ではないかと。」

アイドリングストップに疑問の声が上がっているのは事実のようです。

選択できるタイプもあるようですが、どちらか一つ…といったほうが潔いですね。

おすすめの記事