iPhoneの買い替えで悩ましいのはデータ移行…失敗しない手順をおさらい

iPhone 12とiPhone 12 Proが10月16日に発売され、iPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxも11月6日に発売されます。

miniが出たり、5Gに対応したり、iPhone 11を上回るカメラを搭載するなど、今回も注目度が高い新型iPhone。

数年ぶりに買い換えるという人も多いことでしょう。

そこで、今回は新しいiPhoneに、スムーズにデータを移行する方法を紹介します。

iPhone 12。久しぶりのiPhoneの買い換えで不安な人も多いのでは?

もっとも簡単な「クイックスタート」が表示されない!?

もちろん、新しい端末へのデータの移行は必須なので、いくつもの方法が用意されています。

何となく画面に従って操作すればできてしまうこともあるのですが、適当にやっていると大切なデータを消してしまうことにもなりかねません。

例えば、データを移行するもっとも簡単な方法が「クイックスタート」。

iOS 12.4以降を搭載したiPhone同士であれば、ワイヤレスで転送できるので便利です。

古いiPhoneを手元に置き、新しいiPhoneの電源を入れて近くに置いておけば、「新しいiPhoneを設定」という画面が表示されます。

利用するApple IDが表示されていれば、「続ける」をタップ。

新しいiPhoneにアニメーションが表示されるので、古いiPhoneでそれを撮影するとパスコードを求められるので入力。

後は、Apple IDのパスワードを入力し、「iPhoneから転送」を選択してデータを転送します。

その際、Apple WatchやSuicaを移行するかどうかも表示されるので、まとめて移行しましょう。

新しいiPhoneの電源を入れると古いiPhoneに設定画面が表示される

アニメーションを撮影して、新旧iPhoneをリンクさせる

もし、新しいiPhoneを適当に触って、初期セットアップを終えてしまったなら、「クイックスタート」は利用できません。

「設定」の「一般」から「リセット」⇒「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップし、端末をリセットします。

初期状態なのに「クイックスタート」の画面が表示されないときは、新旧iPhoneを再起動すればOK。

「すべてのコンテンツと設定を消去」で初期状態に戻せる

iTunesを利用する際はiOSのバージョンをチェック!

PCにインストールしているiTunesを利用して、USB接続で移行することもできます。

その場合、あらかじめ古いiPhoneをバックアップしておきます。

その際、必ずiOSは最新バージョンにしておくこと。

暗号化したバックアップのパスワードを忘れてしまった場合は、iPhoneの「設定」から「一般」を開き、「リセット」で解除できます。

その際、ホーム画面のレイアウトや壁紙、各種パスワードなども削除されるので注意しましょう。

復元作業中に、「バックアップが壊れている」とエラーが出ることもあります。

本当に壊れているなら、もう一度バックアップを取り直せばいいのですが、それ以外の原因でも表示されることがあるのでわかりにくい場合も…。

・iOSのバージョンは同じか?
・新iPhoneの容量は旧iPhoneと同じもしくは大きいか?
・Apple IDは同一か?
・USBケーブルは正常か?

などを確認しましょう。

「すべての設定をリセット」を実行すれば、バックアップのパスワードを解除できる

Suica移行し忘れた!そんなときは…

お金に絡むので絶対ミスできないのがApple Payに登録したSuica。

クイックスタートでデータを移行する際にSuicaも移せるのですが、スキップしてしまったなら「Wallet」アプリで操作できます。

まずは、古いiPhoneでSuicaの設定画面を開き、「このカードを削除」をタップして削除します。

続いて、新しいiPhoneの「Wallet」アプリでSuicaを選択し、削除したSuicaをインストールすればいいのです。

古いiPhoneでSuicaを削除し、新しいiPhoneで追加する。画面は古いiPhone

LINEの引き継ぎも完璧に終わらせておきたい。メールアドレスとパスワードを登録し バックアップからトークを復元。

適当に操作していると、中途半端に移行してしまい、古いiPhoneから情報が消えてしまうので要注意です。

古いiPhoneを手放す際の注意点

古いiPhoneを下取りに出して割引きを受ける場合は、期限を過ぎると下取りしてもらえなくなるので、発送準備も行っておましょう。

まずは、データの移行がすべて完了しているか確認します。

古いiPhoneが手元にあればどうにでもなるのですが、初期化したり手放してしまったら手の打ちようがないためです。

OKなら、「設定」のユーザー名をタップし「探す」⇒「iPhoneを探すをオフにする。Apple watchを持っているなら、ペアリングも解除しておきます。

あとは、バックアップの暗号化を解除するのと同じように「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップし、画面の指示に従います。

ケースを外すのはもちろん、保護フィルムやリングなども外します。

マイナスドライバーなどを使う必要がでてくることもありますが、くれぐれも端末に傷を付けないように慎重に作業しましょう。

「iPhoneを探す」をオフにする

以上が、新しいiPhoneに乗り換える手順となります。

Suicaがなくなったと大騒ぎしたり、LINEのトークを消滅させたり、

エラーが出て面倒だから新規のiPhoneとして登録して設定をやり直すといったトラブルに遭わないためにも、

準備をしっかりしてから乗り換えることをオススメします。

ネットの声

「うちはiPhoneもiPadもバックアップから移行してるけど、PC無くて初めて移行する人も居るだろうから必要な情報だね。」

「へぇ?、SUICAは事前に解除しなくても移るんだ。」

ICカード系やなんとかペイなどは事前チェック要です。改札やレジでまごつかないようにしましょう。

改札で「本人確認が必要…」と出る場合がありますよ

おすすめの記事