まるで純正アプリ!?iPhoneユーザーにはGoogle検索ウィジェット

iPhoneユーザーへ、Google検索のウィジェットは追加したほうがいい

ウィジェットは、iOS 14の目玉機能のひとつです。

もちろん、Androidでは長年提供されていましたが、それでiOSでの楽しみが減るわけではありません。

Google検索のウィジェットの出来は良い

Googleは、非常にうまくデザインされたGoogle検索アプリでiOSのウィジェットの世界に飛び込んだ、と「The Keyword」で発表していました。

実際、Google検索のウィジェットは非常によくできていて、Android版よりも良いと不満を言っているAndroidファンもいるほどです。

Googleの新しいウィジェットで何ができるのか?

Googleの新しいウィジェットは、iOSのホーム画面でWeb検索をするよりも簡単に検索できるというのが根本的なアイデアです。

検索をするのにブラウザを起動せずとも、ウィジェットをタップするだけで検索ができます。

ウィジェットには2種類あり、小さな方は文字で検索するだけで、大きな方は通常の検索、レンズ検索、シークレットモードが使えます。

いつもWeb上ではGoogleで検索する人は(というか、しない人はいませんよね?)、間違いなくiOSにインストールした方がいいウィジェットです。

Googleのホーム画面ウィジェットの興味を引く点としては、見た目のデザインが秀逸で、機能が洗練されているところです。

驚くほど合理的で、サードパーティーのアプリというより、まるでiOSの機能の一部のようです。

Googleが素晴らしい仕事をしているのは間違いありませんが、他のサードパーティーのアプリが、iOS 14のウィジェットでどんなことができるのかと期待させてくれます。

Googleのホーム画面ウィジェットの使い方

ホーム画面のウィジェットを入手するには、App StoreからGoogleアプリをダウンロードする必要があります。

Googleアプリをインストールしたら、画面を長押しすると上部出てくる「+」をクリックするとホーム画面が編集できるので、Googleのウィジェットを選びましょう。

そこで2種類のウィジェットから、自分のニーズに合った方を選ぶことができます。

ネットの声

「入れてみたけど微妙でした。
iOS標準で、Google対応の検索窓はホーム画面で下にスワイプすれば出てくる。音声検索はSiri呼び出しでできる。
唯一嬉しいのはレンズ検索だけど、そのために2列サイズのウィジェットを配置するのはちょっと。。
googleに使い慣れたひとなら嬉しいんでしょうね。」

「ウィジェットがわからず、まずそこから検索してみた。
自分は全然何も使いこなせてないiPhoneユーザーってことがわかった、」

「便利かもしれませんが、iPhoneのAndroid化が進みますねぇ?」

微妙…という声もありますが使い慣れるかどうかが鍵ですね。

おすすめの記事