iPhone12Proを購入するために日本人が働かなければならない日数は?世界と比べてみたよ

iPhone12 Proを買うために日本人は何日働かなければならないのか?世界各国と比較してみました。

10月23日、世界中で圧倒的人気を誇るiPhoneの最新モデル「iPhone12」シリーズが発売。

そんなiPhone12シリーズを手にするために、私たちはどれだけ働かなければならないでしょうか。

「iPhoneを購入するために働かなければならない日数」の国別ランキングを公開しました。

iPhone12 Pro(128GB)を購入するには何日必要?

今回の検証で対象としたのは、iPhone12シリーズの上位機種「iPhone12 Pro (128GB)」。

日本での価格は10万6800円(税別)です。

全43カ国それぞれの国の平均月収を月の労働日数21日で割り、その数値を基にiPhoneを購入するために必要な労働日数をランキングにしたのです。

なおiPhoneの価格はその国における販売価格によって計算されています。

国によって様々

最も労働日数を要するのはインドとメキシコで54.4日。

2位はロシアで47.5日、3位はモンテネグロで47.3日という結果になりました。

1カ月分以上の収入をまるまるすべて費やすことでようやく手に入れることができる価格となっているようです。

スマートフォンの中でも高級なiPhoneを手に入れるためには、やはり相当な日数の労働が必要となるようです。

一方で最も少ない労働日数で購入することができるのはスイスで4.4日。

続いてアメリカで6.1日、そしてオーストラリアとルクセンブルグで6.6日となっています。

平均月収が高いことで知られるスイスやオーストラリアと比べ、あまり馴染みがないルクセンブルグですが、実は世界トップクラスで年収が高いのです。

日本では労働9.8日間の価格。高い?安い?

我が国日本で9.8日分の労働日数でiPhoneを購入可能です。

44カ国中30番目とやや少ない労働日数で手に入れられるのです。

しかし実際には各通信会社のプランに加入することで、価格の一部を負担してもうことも可能なためこの限りではありません。

とは言え、この金額を高いとみるか、安いとみるかは難しいところです。

iPhoneの新機種が登場する度、ついつい欲しくなってしまうのが人の性。

しかし、これだけ労働日数を費やしてまで手に入れるべきモノなのでしょうか。

自身の収入であれば何日間の労働で購入することができるのか、計算してから購入しても遅くはないでしょう。

ネットの声

「スイスは額面は良いけど手取りになるとかなりなくなるそうですよ。
福利厚生がしっかりしている分日本より税金がたかいと友人が言ってます。そこまでの試算なのでしょうか疑問です。」

「新型コロナウイルスの影響で現在で上海滞在もすでに1年を超えました。中国は物価も比較的低いので普通に生活するには比較的暮らしやすいのですがiPhone12Proを買うためには、26日=約1カ月分のお給料が必要とのことです。貧富の差が年々広がっているのですが、上海で地下鉄に乗ると、向かいの席に10人程度座っていると、約7割以上はiPhoneの画面を見ています!!私はandroid派なので現在はHuaweip30liteを使っていますが若いのにみんなiPhoneを買えるお金があるなあ!!と驚くばかりです!!中国人は非常に見栄っ張りのところがあるし、上海人は特に激しいと言われます。トランプの中国バッシング政策でかなり中華製スマホに買い替える人もいるとは聞きますが、それでもiPhoneが多いのには驚きます!!また中国国内ではGoogle関係のアプリは使えないのに疑似アプリを使っているようです。」

「日本では年金や税金の負担が高いので、実際は15日くらい働かないと、平均収入あたりでは買えないだろ?」

総支給額か手取額かでいろいろお国事情が変わってきそうですね。

おすすめの記事