iPhone限定になるけどSuicaのエクスプレスカード機能って何?

Suicaのエクスプレスカード機能とは?設定方法や使い方も紹介

Suicaのエクスプレスカード機能とは

Suicaの利用が便利になるエクスプレスカードとはどのような機能なのでしょうか?

まずは基礎的な知識を解説します。

認証なしで決済可能

エクスプレスカードとはApple Payに登録したSuicaを使い「認証なし」で決済できる機能です。

iPhoneでSuicaを使うときには、Apple Payに登録します。

ただし、登録したままの状態では、改札を通過するときや支払いをするときには認証しなければいけません。

Touch IDやFace ID・パスコード認証が必要なのです。

しかしエクスプレスカードを設定すれば、iPhoneにロックがかかったままで使えます。

iPhoneをかざすだけでよいため、スムーズに支払えるはずです。

日本国内でエクスプレスカードに設定できるのはSuicaに限られています。

また、複数のSuicaをApple Payに登録していても、エクスプレスカードに設定できるのは1枚のみです。

予備電力機能付きなら充電切れでも使える

iPhone XS・iPhone XS Max・iPhone XR以降の機種には、エクスプレスカード用の予備電力機能が搭載されています。

そのため、充電切れでiPhoneが使えない状態になっても「最大5時間」はSuicaを使えるのです。

毎日充電していても、帰りの電車に乗るころにはスマートフォンのバッテリーが切れかかっているという人もいるでしょう。

予備電力機能があれば、万が一バッテリーが底をついてもSuicaが使えるため安心です。

設定・変更方法

エクスプレスカードとして認証なしでSuicaを使うには、事前に設定が必要です。

iPhoneもApple Payも必要な設定を済ませていなければ使用できません。

それぞれの設定方法を押さえていきましょう。

iPhoneの設定

まずはiPhoneの設定が必要です。

Suicaが正しくApple Payで使用できるよう、Walletアプリに登録されていることを確認しましょう。

同時に、iOSを最新バージョンにします。

インストールし忘れている場合には、必ず「設定」から「ソフトウエア・アップデート」を実施しましょう。

また、Apple IDでiCloudにサインインしていることも必要です。

Apple Payの設定

iPhoneの設定が整ったら、Apple Payでエクスプレスカードを設定しましょう。

まずは「設定」をタップし、アプリ一覧の中から「WalletとApple Pay」を選びます。

「エクスプレスカード」をタップし、設定したいSuicaを選択しましょう。

Touch IDやFace ID・パスコードのいずれかで認証すれば設定完了です。

エクスプレスカードに設定されたSuicaは右側にチェックマークが表示され区別できます。

複数枚登録している場合には、変更したいSuicaをタップして認証することで、エクスプレスカードの設定を変更可能です。

設定をオフにする方法も

便利なエクスプレスカードですが、状況によってはセキュリティ面に不安を感じることもあるでしょう。

そのようなときには、エクスプレスカードを「オフ」にして、認証しなければ使用できないようにします。

まずは「設定」を選び「WalletとApple Pay」をタップしましょう。

「エクスプレスカード」を選び、「なし」もしくは「オフ」をタップすれば、エクスプレスカードを無効にできます。

エクスプレスカードをオフに設定すると、改札通過時や支払い時は毎回認証が必要です。

誤ってそのまま使用しないよう注意しましょう。

エクスプレスカードの使い方

エクスプレスカードの設定をしたら、実際に改札や店頭で使ってみましょう。

iPhoneでの支払い方とApple Watchでの支払い方を解説します。通常の決済より手間がなくスムーズに使用可能です。

iPhoneで支払う場合

iPhoneでエクスプレスカードを使用するときには、駅の改札にiPhoneをかざすだけでOKです。

本体が振動し、画面に「完了」という文字とチェックマークが表示されれば決済が完了しています。

店でも使い方はほぼ同じですが、レジスタッフに「Suicaで支払います」と伝える点は異なります。

店舗によってはさまざまな電子マネーを扱っているため、iPhoneをかざしただけでは支払い方法が伝わりません。

決済が完了すると、本体が振動し決済音が鳴り、画面には「完了」の文字とチェックマークが表示されます。

Apple Watchで支払う場合

Apple Watchで支払うときの手順はiPhoneとほぼ同じです。

改札機の読み取り部や、レジの非接触型リーダーには、Apple Watchの画面をかざします。

本体が振動し、画面に「完了」とチェックマークが表示されると、決済完了の合図です。

Apple Watchならポケットから取り出す手間がなく、改札通過時にすぐタッチできて使いやすいでしょう。

使えない場合の対処法

エクスプレスカードを設定していても、Suicaがうまく使えないことがあります。

使えない理由を知ることで、慌てずに対処できるでしょう。

エクスプレスカードに設定してあるか確認

タッチだけで使用できないのは、エクスプレスカードの設定ができていないからかもしれません。

エクスプレスカードの設定がされていない場合、その都度認証が必要です。

まずは確実に設定されていることを確認しましょう。

設定されていても認証されないときには、Wallet内でメインカードになっていないことが原因かもしれません。

一部の店舗ではエクスプレスカードのSuicaではなく、メインカードが反応してしまう可能性があるのです。

そのため、合わせてSuicaをメインカードに設定しましょう。

タッチ位置を確認

エクスプレスカードやメインカードが正しく設定されているのに使用できないなら、iPhoneをタッチする位置を確認します。

iPhoneのアンテナはカメラレンズの右横あたりにあるため、本体中央ではなく「上部」をタッチするのが正解です。

タッチの速度が早すぎると読み込めないことがあるため、ゆっくりタッチすることも意識しましょう。

原因が分からないときは?

設定もタッチ位置も確認したけれど不具合がないというときには、本体を「ヘルプモード」にします。

ヘルプモードとは応急処置のための機能で、改札やレジの読み取り機にうまく反応しなかったときに使う機能です。

Suicaが改札で反応しないときには、精算を駅の係員にしてもらわなければいけないこともあるでしょう。

その際、ヘルプモードにして渡すことで、スムーズに処理できるのです。

ヘルプモードにするには、まず「Wallet」を起動します。

設定されているカードの中から対象のSuicaを選び、画面右上のボタンをタップしましょう。

「ヘルプモードをオンにする」を選択し、Touch IDやFace IDで認証すると、約1分間ヘルプモードになります。

エクスプレスカードを設定しよう

SuicaをiPhoneで使う場合、エクスプレスカードを設定すると便利です。

通常であれば使用するたびに認証が必要ですが、エクスプレスカード機能によりタッチのみで使用できます。

また、予備電力機能付きの端末なら、本体のバッテリーが切れても認証なしでSuicaによる決済が使えるのです。

そのため、エクスプレスカードを設定しておくと、充電が少なくなりがちな帰宅時でも安心して使えます。

うまくSuicaが反応しないときには、設定やタッチ位置を確認しましょう。

それでも支払いできないなら、ヘルプモードで駅係員に精算処理をしてもらいます。

基本的な使い方と同時に、万が一のときの対処法も知っていれば、エクスプレスカードを便利に使いこなせるでしょう。

おすすめの記事