iPhone11がタッチに反応しない…appleの無償修理の対象かも

iPhone 11がタッチに反応しない! そのバグ、Appleが無償で修理してくれます

iPhone 11の画面がタッチ操作に反応しなくなるという不具合が発生しています。

Appleはこのバグが発生したデバイスを無料で修理すると発表しました。

今年の6月から報告されるように

このバグは6月から報告されるようになりました。

自分で修理しようとしたユーザーもいましたが、多くのユーザーはAppleの出方を見ていました。

その待ちに待ったAppleの対応が12月4日に発表され、2019年11月から2020年5月の間に製造されたiPhone11モデルのディスプレイモジュールの誤動作が原因だと認めました。

Appleは、このバグの影響を受けている少数のユーザーに無料の修理を提供しており、

さらに、Appleがこの無償修理をオファーする前に自力で画面を修理したユーザーには、

修理にかかった費用を全額返金するとしています。

無償修理を受けるにはどうすればいい?

この無償サービスを受けるためには、ユーザーはiPhone 11のシリアル番号を提供して、

問題のある製造期間内に製造されたデバイスであることを証明する必要があります。

Appleサポートによると、他にも念頭に置いておくべき重要な制限があります。

Appleは、修理を購入元の国や地域に制限または限定することがあります。

全世界で展開しているこのAppleプログラムは、iPhone11の標準保証範囲を拡大しません。

このプログラムは、バグの影響を受けているiPhone 11が最初に小売販売されてから2年間に限って有効です。

無償修理をしてもらうには、AppleサポートのiPhone11ディスプレイモジュール交換プログラムのページにアクセスしましょう。

iPhoneのシリアル番号を入力して、そのデバイスが無料サービスの対象かどうかを確認し(シリアル番号を確認したいときは、このガイドを使用してください)、画面の指示に従って修理を設定します。

最寄りのAppleストアや認定されたサードパーティの修理店で修理してもらうか、壊れたデバイスをAppleに郵送するかを選択できます。

すでに自分で修理した場合

すでに自分でiPhoneの画面を修正していて払い戻しが必要な場合は、Appleサポートを通じて申請しましょう。

支払った修理代の領収書を提出する必要があります。

その際、Appleは画面の修理費用のみを負担することに注意してください。

他の修理に支払った金額は払い戻しされません。

おすすめの記事