売れていないのに三菱自動車が「i-MiEV」をやめないワケ

「ほとんど売れていない」軽自動車のEV「i-MiEV」を三菱がやめないワケ

世界初の量産市販電気自動車(EV)として、なおかつ唯一の軽自動車のEVとして2009年にまず法人向けで販売が開始された三菱i-MiEVが、生産を終えるとの噂があります。

しかし、三菱自動車工業から正式な声明が出されているわけではないのです。

一方で、昨2019年の年間販売台数は、海外を含めても200台強という数値で、消費者の関心が薄れているのは事実といっていいでしょう。

i-MiEVにこだわるのは

2018年には、衝突安全性能の改善のため車体全長が延ばされ、車体寸法が軽自動車規格の枠を超え登録車の扱いとなりました。

開発の基となったガソリンエンジン車のi(アイ)は、軽自動車の人気がハイトワゴンやスーパーハイトワゴンへ移ったこともあり、

2013年で生産を終えている。こうしたさまざまな状況から、i-MiEVの終了の噂が出たのでしょう。

もちろん、企業としての採算も合わなくなっているはず。

それでも、正式な生産終了の公表がなく製造を続けているのは、世界に類を見ない軽自動車を基にしたEVという存在に価値が残されているからだと考えるのです。

また三菱自は、EVを生産する工場に追加投資をこの夏に行なうと発表しました。

これは、日産自動車が昨年の東京モーターショーで公開した軽EVコンセプトカーのIMkの量産車を、三菱自で請け負うためではないでしょうか。

日産と三菱自は、ガソリンエンジンの軽自動車について、NMKV(日産・三菱・軽・ヴィークル)で開発し、

三菱自が製造し、それぞれ独自の車種名で販売しています。

その流れに、軽EVも乗ることを示唆しているようです。

そこから三菱自も、i-MiEVの後継となる軽EVを発売するのではないかという予想も立ちます。

i-MiEVはまさに「小さな高級車」

三菱i-MiEVの価値とは何でしょうか。

改めて検証すると、モーター走行のEVであることにより、軽自動車の概念を根底から覆す乗車感覚があることです。

何より静かです。

軽自動車のガソリンエンジンは直列3気筒であることから、振動や騒音が登録車の4気筒エンジンに比べ大きくなりがちで、不利です。

それが乗車中の快適性を損なうといっていいでしょう。

そこを、スズキや日産、三菱自のマイルドハイブリッドは、ある程度解消しているのです。

さらにEVとなれば、大きく改善されることになります。

またEVは、床下に動力用のリチウムイオンバッテリーを搭載するため、重量増になると同時に低重心にもなります。

これにより、路面からの微振動が軽減され、また乗り心地が重厚になるのです。

走行安定性も高まるでしょう。

i-MiEVで高速道路を長距離移動しても、静粛さと振動の少なさから疲れにくいクルマでした。

ひと言でいえば、まさに「小さな高級車」の価値を得るのです。

これからの時代に意義のある存在!

EVであることの本質的なよさや特徴を改めて実感するうえで貴重な存在となっています。

今日、軽自動車は多彩な車種の充実により、単に経済的で実用性を追求した、安いから乗るクルマとしてだけではなく、

それぞれの生き様や生き甲斐を満たすクルマとなっています。

それでも、ガソリンエンジン車ではどこか辛抱しなければならない弱点は残ります。

ところがEVになれば、我慢する性能がほぼなくなるといっていいでしょう。

唯一、登録車ほどはリチウムイオンバッテリーを多量に搭載できないでしょうから、一充電走行距離は短めとなるに違いありません。

それでも、自宅で充電できる使用環境にあれば日常的には問題なく、遠出の際の急速充電設備は整備がほぼ整っているので、移動中の充電の心配はかなり軽減されています。

いま、日本市場は、軽自動車と5ナンバーの小型登録車が販売の上位を保持し続けています。

理由は、小さなクルマが国内の交通環境にはやはり最適だからです。

グローバルカーの名のもとに、自動車メーカーはモデルチェンジのたびに車体を大型化し、

3ナンバー化しているが、消費者はその動きにうんざりしているのではないでしょうか。

i-MiEVが生産を続け、販売を続けることは、国内の市場動向にEVとして合致したことといえます。

日産リーフはそれほど大柄ではないが、それでも3ナンバー車だ。輸入車のEVは3ナンバー車で、なおかつより大きな上級車種がほとんどといえるでしょう。

i-MiEVは、EVであることの本質的なよさや特徴を改めて実感するうえで貴重な存在になっているといえます。

ところで三菱自は、電動ドライブハウスの取り組みを行なっています。

EVやプラグインハイブリッド車(PHEV)を所有することで、家庭での電力利用の一助としようとする取り組みです。

そのための、ワンストップでの手続きに関する案内も行なっているのです。

あるいは、東日本大震災のあと、i-MiEVから100Vの電気を1500Wまで引き出すことができるようになり、

こうしたEVと暮らしとの連携は、甚大化している自然災害のほか、

台風などによる停電において家庭電化製品などへの電力供給ができます。

スマートフォンを充電できるだけでも、家族の安否確認や、災害情報の入手が可能になる。単に移動だけのクルマではなく、

EVが生活の安心を支援する機能を備えることを、i-MiEVが存続することにより小さなEVで体感することができるのです。

次の軽EVが登場するまで、i-MiEVにはまだ活躍できる場があるといえます。

ネットの声

「充電しまくってもへこたれない方のi-MiEV持ってるよ。
次の軽規格電気自動車、航続距離がいくら伸びようがヘタるバッテリーなら東芝バッテリーの現所持型乗るつもり。
充電しまくってもヘタらないバッテリー。これが長期的な普及(リセールで困らない)の鍵だと思うよ。」

「EVを否定する人は日常的にEVを使ったことが無い人ですよね。
遠出さえ考えなければ静かだし、加速性も文句無しだし1度EVに載ったらガソリン車に載る気になりません。
アイミーブの新型が発表され無いので今年も仕方無しに車検を受けましたが、そろそろバッテリーも限界かと考えています。
次の車検は無いと考えていますので、メーカーを問わず軽自動車のEVを発売して欲しいと思っています。」

「デビュー当時はかっこ良かったのに,安全性のためか年々かっこ悪くなっていったのは残念。オプションパーツやラッピングもダサダサ。もう軽自動車枠ではないんだからminiやフィアット500のような,ステータスのあるおしゃれな車に改良していってほしいものです。」

売れていなくても年々熟成させているところに三菱の意地を感じますね。

おすすめの記事