暑い夏が終わってこれから、体も元気になっていく…そう思う人も少なくありません。

しかし、夏が終わって涼しくなっていっても体調が思わしくないのです。

それが秋バテと言われるものですが、人によってその症状は様々です。症状自体は夏バテと変わりません。

秋バテって?

倦怠感や疲労感があり、それが蓄積してときには熱が出たり、頭痛がしたりと体調不良を繰り返してしまうのです。

また、夏の間は空調の効いた部屋にこもっていたため、夏バテは起こさなかったのに、秋になって秋バテが始まったという人もいます。

ここでは、秋バテの症状とそのチェック方法そして秋バテの治し方を紹介します。

秋バテの症状は?

基本的に、秋バテというのは夏バテの延長です。倦怠感や疲労感の他に、人によって様々な症状が出てくるのです。

秋バテの原因も様々なことが言われていますが、夏の暑さによるストレスが原因であるとか、紫外線によって疲労が蓄積されていることなど人によっても様々ですし、一概に一言では言えません。


それでも、一つだけ確実に言えるのは、寒暖の差が大きいということです。

暑ければ暑いところにいればいいというわけでもなく…

暑いので冷房の効いた部屋にこもりっきりという生活はもはや手放すことはできません。

そのためにも夏バテ、秋バテ対策をしっかりとしておきたいものです。

まずは、秋バテの症状を見ていきます。

発熱

夏から秋に変わるとき、体調の変化がおこりやすい時期です。

そのときに原因がわからない発熱を起こすときがあります。

それは、間違いなく秋バテからくるものです。

秋バテは、夏の間に体の溜まったダメージが一気に噴出することがあります。

夏の間に体力も落ちていますから、発熱が起こりやすいのです。

発熱というのは、風邪のときに起こりやすく、体を熱することで、体の中のウィルスを退治しようとします。

しかし、秋バテのときの発熱は、ウィルスとは関係ありません。

このときの発熱は自律神経の乱れから起こるとされています。

寒暖の差が激しい環境に長時間、これは夏の間は毎日だったことを考えると、自律神経が乱れてもおかしいことではありません。

からだのだるさ

からだのだるさは、明らかに疲労です。夏の間に体力が落ちているのです。

常に冷房の部屋に入っていて、夏バテとは無縁の生活をしていたのに、と思っていても、ずっと冷房部屋にいるわけではありません。

冷房の効いた部屋から一歩外に出て、熱風のような外気にさらされるだけで、一気に体力がそがれてしまいます。

この繰り返しを夏の間は毎日のように繰り返しているのですから、それが収まった秋口に秋バテの症状としてからだのだるさを訴えても不思議ではないのです。

下痢

下痢は蓄積されたもの、というよりも現在進行形のほうが多いです。

秋バテが原因で下痢の症状が出るときは、からだが熱くなって、冷たいものの取り過ぎで体の中の内臓が冷え切ってしまい、その弱みにつけ込まれる形で下痢になってしまうのです。

体が弱っているときは内臓も弱っているときが多いです。弱っているときに冷たい飲み物はさらに症状を悪化させてしまいます。

頭痛

頭痛は発熱とセットで起こりやすいものですが、鈍い頭の痛みが続くときがあります。

長引くようでしたら、頭痛薬を飲んでもいいのですが、秋バテからくる頭痛に対しての特効薬はないようです。

頭痛に効果のありそうな市販薬でとりあえずは様子をみたほうがいいでしょう。

食欲不振

食欲不振も、立派な秋バテの症状です。夏の盛りは食欲も減退してしまいます。

その反動で、食欲の秋とも言われているのです。

食欲不振でも、食べることで克服できますから、空腹でもあることですから、秋バテだからこそしっかりと食事を取ることがオススメです。

秋バテの症状のチェック方法は?

秋バテでは・・と思っていても秋バテ自体が特定の疾患でもないので、医師の診断はでません。

自分で判断するしかないのですが、明らかに秋バテというのは存在しています。

それでは、秋バテを自分で判断してみましょう。

基本的には夏バテと一緒ですから、夏の暑いときに冷房の効いた部屋に長時間いた、さらにそれを毎日のように繰り返していた。

これは、普通のサラリーマンでしたら当然のことだと思います。

次は、暑いときに水分を多く取っていた。これは暑ければ当然のことなのですが、過度な水分補給は、体がそれを処理しきれず、倦怠感となって現れるのです。

そして食欲減退です。

お腹は空いているのに食欲がない、ということになるとこれは立派な秋バテです。

気候の良い秋は、味覚の秋でもあります。

食欲がないのはどうにももったいないので、しっかり食事を取るようにしましょう。

また、水分の取り過ぎで食欲がなくなるということはよくあります。

まとめてみると、
・ 冷房の効いた部屋に長時間いた
・ 水分の取り過ぎ
・ 食欲の減退
というようになります。

これらの3つの症状が同時に出ていたら、ほぼ間違いなく秋バテでしょう。

さらに、食欲の減退が起こっていると秋バテを克服することはできないでしょう。

これらのどれをとっても秋バテの症状ですから、何か気になることがあったら療養するのもいいでしょう。

秋バテの症状の治し方は?

秋バテの治し方ですが、一番手っ取り早いのは、食事です。

体力が低下しているのですから、それを補うために食事をとるのは定石です。

食欲がないときに食事をしろというのが酷ですが、それも仕方ありません。

他にも効果のある秋バテの治し方はいくつもあります。


まずは運動です。弱っているからだにムチを打つ必要はありません。

激しい運動も必要ありませんので、適度に散歩するのもいいでしょう。

そして、温熱療法があります。

温度調節は人それぞれです。

できれば、半身浴などがいいでしょう。

基本的には、よく寝てよく食べることです。

特に秋バテのときは常にお腹が空いている状態と考えていいですから、常に何か食べることを考えましょう。

栄養の大きなものを食べるようにしたら、あっという間に肥満になってしまうかもしれませんが、夏バテから秋バテに続いている中では、食欲旺盛にして肥満もやむなしといったところでしょうか。

ネットの声

「秋の不調…秋バテともいうそうです。夏の延長で冷たい物ばかりを摂る、シャワーだけで済ませる、寒い服装をしてしまう…僕が倒れたのも秋でした。暖かくして免疫を上げる、秋の食材から栄養を摂るなど意識して季節に合わせていきましょう。」

「夏に冷たいものを摂りすぎて、内臓が冷えてしまった「秋バテ」の対策に、最近のレッスンでは内臓をマッサージするポーズを入れている」

「秋バテの特徴」は、頭痛・めまい・疲れ・肩こり、があります。【対策】熱すぎないお風呂に入る。涼しくなったら、あまり冷たいものを飲まない。めまいなどは辛いですよね。歩けなくなったり気分が悪くなったりしますね。そんな時は、とにかく安静第一。」

夏バテ以上に秋バテのほうが大変そうですね。

おすすめの記事