加齢の影響なのか、中高年になると首にできるイボに悩まされる人は多いようです
俗に首イボと呼んでいますが、正式名称はアクロコルドンといいます。
皮膚の柔らかいところにできる傾向にあり、首イボも柔らかいのが特徴です。

首イボはアクロコルドン?

色が肌の色と変わらないためにめだたないのですが、できると一気に数が増えますので要注意といえます。
40歳代になり、女性や肥満の人の発症する例が多いとされているのです。
首イボは、一般的にウィルス性のものと非感染性のものがあります。

アクロコルドンは、非感染性のものでイボができる原因というのは、はっきりと特定されているわけではありません。
40歳代を超えた女性に多く見られることが特徴で、加齢とホルモンの関係ではないかとされているのです。
アクロコルドンは、悪性のものではありません


皮膚の良性腫瘍なので、それほど心配することはないといっていいでしょう。
形状は皮膚の上に突起とはならず、表面の盛り上がりはないので、ネックレスなどのアクセサリーと干渉することはありません。

肌の色と一緒なので気がつきにくく、気がついたときはあちこちに飛び火しているように見えますので注意しましょう。
良性なので放置も可ですが、まれに刺激を与えて炎症を起こしたり、見た目が気になる人もいることでしょう。
治療は皮膚科で行ないます。

治療方法は、凍結治療、手術、レ-ザー治療などです。
いずれも保険適用が微妙な線なので、担当医師に相談しましょう。
どの治療方法も簡単ですが、凍結治療が多く行なわれているようです。

首イボの正体は老人性イボ?

加齢とともに気になるのはイボですが、首もとにポツポツと首イボができると悲しくなってきます。
早い人には、40歳代からできるとされている老人性イボですが、これは文字通り皮膚の老化によって起こるものです。
大抵は老化だから、仕方がないと思う人も多いかもしれませんが、できた物も跡が残らずに治療ができますのであきらめないようにしましょう。

首イボの原因を考えてみます。
まず、どうして首にできるのかということですが、首回りの皮膚は人間の中でもっとも薄くて弱い部分とされています。
ですから、入浴時にタオルではなく、すりタオルなどでゴシゴシこすってしまうと、元々皮膚が薄いので首が炎症を起こしてしまうことがよくあるのです。

そのような炎症を繰り返すことで、首の皮膚は老化を早めてしまい、結果として老人性イボができてしまうというわけです。
ですので、今からでも遅くはありませんから、首の洗浄はすりタオルでゴシゴシ洗うのではなく、指の腹に石けんをつけて撫でるように洗うようにします。

老人性イボは、放っておいてもそのまま治ることはありません
ドラッグストアなどで売られているサプリや飲み薬も効果は薄いです。
ですので、医療機関がお勧めです。

現在はレーザー治療という方法がありますが、冷凍治療が古くから行なわれていました。
首イボを液体窒素で凍らせて、組織を破壊する方法です。
時間がかかりますが、確実に根絶しますので、今でも高い人気があるのです。

首イボはなぜできる?

首にイボができるから首イボなのですが、40歳代、50歳代になってできる人が多く、加齢によるものとあきらめている人も多く、中には30歳代から首イボができる人もいるので、原因について詳しく調べてみました。

突起の少ない平面なイボは気がつきにくく、気がついたときは多くのイボが飛び火してできているようで。びっくりするときがあります。
また、ネックレスなどが肌に合わず金属アレルギーを引き起こして炎症を起こし、そこからイボができやすくなるという症例もあります。

体の皮膚の中で首まわりの皮膚は特に薄く、夏の日差しですぐに赤くなり熱を帯びてしまう経験は、誰でもあるでしょう。
それも軽い炎症をおこしてしまうので、皮膚の老化を招きそこからイボができることもよく知られています。
イボにもアクロコルドンといって、数は多いですが、平面的なもので良性のものがあります。

悪影響はないのですが、数多くできると見た目も悪いので、できれば医療機関などで治療をしたいところです。
また、立体的にできるイボは数は少ないのですが、突起しているのでネックレスなどとも干渉しますし、なによりも見た目が悪いので切除したいイボです。

いずれにしても、両者は良性ですので放置してもいいのですが、やはり病院での治療が望まれます。
アクロコルドンなどは、たくさんできてしまうので治療も大変です、
そのため、早期発見早期治療が大事です。
従来は凍結治療が多かったのですが、レーザー治療がいまはトレンドとなっていますので医師にも相談してみましょう。

首イボを除去するなら液体窒素?

首にできたイボは、中高年にとっては避けられないものという見方があります。
というのも、誰にでも起こるものだからです。
通常50歳代になると、ポツポツと首にイボができるとされていますが、原因は加齢によるものとされています。


実際に、首の皮膚は弱く皮膚の中でも老化がくるのが、早いとされているのです。
これは日頃外出するときに、直射日光を浴びることで、紫外線が当っていることが原因とされています。

首イボで多いのは、アクロコルドンという突起しないで、平面にできるイボです。
色も皮膚と似ているので、シミと間違われやすく、そのままにしている人が多いのですが、放っておいても治るものではなく跡として残ってしまいます。

治療には医療機関で行なってもらうしかないのですが、首イボ治療にも種類があります。
現在、多くおこなわれているのが、液体窒素による治療法です。
マイナス196度になる液体窒素をイボに押し当てることで、一時的に火傷のような症状にしてかさぶたにして取ってしまう方法です。

こう書いてしまうと、少々荒っぽい手法に見えますが、れっきとした治療方法であり、健康保険の適用を受けることができる首イボ治療なのです。
荒っぽさゆえに、痛みを感じる場合があります。

しかし、時間的には一瞬なので、治療時間も短いのが液体窒素を用いた首イボ治療の特徴なのです。
まれに、色素沈着するというデメリットがあり、その場合はレーザー治療での除去となりますが、依然として治療方法ではもっとも多い回数となっているのです。

ネットの声

「去年の夏、小学生の娘の裏に出来た2つのいぼ。しばらく様子を見てましたが、一向に治りません。ネットで調べて、リンゴ酢が効くかもと湿布しましたが変化なし。夫に怒られて病院へ液体窒素で凍結させられて、娘は痛がってました。夫に「変な民間療法するな!!」と怒られ、ちょっとくさいけど頑張った甲斐がありました。」

「幼稚園児の息子の足の指先と付け根に、うおの目のようなイボができ、皮膚科で診てもらうと「液体窒素で3回ほど焼かないと…麻酔も使わないし、相当、痛いです」と言われ、困っていました。半信半疑で毎日、お風呂上がりに塗っていましたが、ちょうど3週間ほどで息子のイボが消えました。最初は木酢液を塗るのも痛がっていましたが、塗るうちに段々と痛みも消え、息子の方が綿棒片手に「足に塗るよ」と言うようになりました。絆創膏液体窒素で痛い思いをせずに試して良かった!と思いました。」

「今年の3月くらいから指先と足に計4ヶ所のイボができてしまいました。市販の薬などを色々使っていましたが、足は知らぬ間に剥がれてしまい、手はいぼが邪魔で本当に困っていました。風呂上がりに綿棒に付けてカットバンを貼ってやってました。すると1ヶ月程度で取れました。」

やっぱり病院が一番効果的ってことですね。

おすすめの記事