Amazonが7月15日にAmazon純正のスマートプラグ「Amazon Smart Plug」を発売しました。

スマートプラグとはコンセントプラグと一体化したスマートデバイス。

接続した機器の電源オン/オフがスマホや音声で操作可能になるアイテムです。

実際の生活シーンでどのように利用できるのか、自宅で検証してみました。

自宅をIoT化

スマートスピーカーで自宅のIoT化を進めているのですが、どうしてもカバーできない領域がいくつかありました。

たとえば、スマート機能をもたない扇風機、電球を使用している間接照明など…。

スマート機能を搭載する扇風機や間接照明も販売されているのですが、基本的に値が張るものが多くおいそれと手が出せません。

そこでAmazon Smart Plugの出番となるのです。

同製品は税込1980円とお手頃価格が売り物。

1度に接続できるのは1機器までですが、付け替えればさまざまな機器をスマート化できるのです。

サイズはプラグとしてはやや大きめ。

コンセントは場所を選ぶかもしれません。

利用する前にはスマホのAlexaアプリと連携させる必要があります。

接続方法は二つあり、本体裏のQRコードをカメラで読み取る方法と、本体のボタンを押して接続する方法です。

どちらも手間はかからないので好きな方を選ぶとよいでしょう。

扇風機と接続

まずは扇風機で試してみました。

単体の場合は本体に搭載しているパネルとリモコンで操作可能ですが、これにAmazon Smart Plugを接続すると音声操作ができるようになるのです。

アプリからプラグの名称を「扇風機」に変更し、「アレクサ、扇風機をつけて」と話しかけてみます。

と、ここで問題が発生。プラグの電源はオンになったのですが、扇風機が起動しないのです。

どうやら扇風機が通電された上で本体の電源をオンにしなければいけない仕様であることが原因のようです。

もし自宅の扇風機が使えるかどうかを調べたいなら、起動している状態でコンセントを抜き、再度接続したときに起動するか、確認するとよいでしょう。

ちなみに扇風機がついているときに「アレククサ、扇風機を消して」と話しかけると、扇風機を止めることはできました。

間接照明の場合

続いて、間接照明を接続。

こちらは通電すれば電気が点灯する仕様だったので、話しかけると期待していた通りに点灯・消灯をすることができました。

試した間接照明は明るさを3段階で切り替えられるのですが、Amazon Smart Plugではそこまでの音声操作には対応していません。

代わりにというわけではないのですが、Alexa対応ならではの魅力として時間指定や定型アクションを行うことができます。

たとえば、帰宅して「アレクサ、ただいま」と話しかけると扇風機がつく、朝7時になったら照明をつける、といった具合です。

Amazon Smart Plugを使用する上で注意したいのは、スマートスピーカーや家電リモコンのように細かい操作まではできないということ。

できるのは単純に「電源のオンオフ」のみです。

しかし、そこは使いよう。

頻繁に利用するものであれば、それだけでも十分に便利ですし、Alexaアプリによる連携でその便利さは増幅することができます。

購入前には一度頭の中でどのようにすれば使いこなせるかをシミュレーションしてみるとよいでしょう。

ネットの声

「セールに惑わされて購入。分かっていましたが、単にコンセント部分の電流をオンオフするだけなので案外使い道は少ないです。扇風機に接続できると広告されていますが、対応しているのは物理ボタン(押すと凹んだままのもの)を有するものだけです。エアコンにも接続しましたが、当然温度設定はできませんし、電源をオフにすれば吹き出しが開いたまま止まります。現状スマートホームとはほど遠いですが、以上を理解した上で購入すべきです。ただ、反応は悪くないですし使い道を見出せる人にはオススメです。」

「これまで他社のスマートプラグを使っていたが、最大の難点は、壁側のプラグに大小があることが多いため、日本の電源タップの多くに差すことができなかった。また、設定が独自のアプリを使うので管理がやや面倒だった。その点、これはAmazon純正なので、アレクサアプリ「だけ」で管理できるし、プラグに差したとたん、スマホに通知が出てそのまま設定できる。接続の簡単さは、史上最「楽」ではないかと思う。」

「何か使い道はないかと購入。早速サーキュレーターに取り付けて設置してみた。購入時にAmazonアカウントに紐付けしていたので、コンセントに差し込んでアプリを立ち上げると通知が来てそのまま登録も完了。名称を変更してEchoに呼びかけてみたところすぐに利用できる様になった。サイドボタンでON/OFF出来るので、声を出したくない時にも問題なさそう。懸念点はプラグの自重でコンセントから抜けてしまうこと。完全に落ちることはないと思うが差込部分に隙間ができてしまうのは精神衛生上好ましくないので星一つ減点で。」

自宅のスマートホーム化の一助になりそうですね。

おすすめの記事