8月18日、雨上がり決死隊・宮迫博之のYouTubeチャンネルに、オリエンタルラジオ・中田敦彦が出演。

今回の動画で宮迫は、過去にオリエンタルラジオから冠バラエティ番組のMCを奪われたことを明かし、注目を集めています。

オリラジに番組を奪われた??

動画の中で、宮迫は「オリラジに俺ら番組を奪われたことがあんのよ」と過去を回顧。

当時、雨上がりは、中堅芸人が鬼教官などに扮し、若手芸人へお笑い指導していくという深夜バラエティのメインMCを担当していました。

同番組は単発放送されたパイロット版が好評を博し、レギュラー化が決定。

これに宮迫たちは「やったな! これもっとええ感じにしていこうよ!」と大喜びしたものの、彼らを待ち受けていたのは非情な宣告だったのです。

人気があるのに…

宮迫によると、ある日突然スタッフから番組の卒業を言い渡されたそうで、

「そ、卒業!? いやいやいや、俺らが立ち上げた番組やで!? え、何? 人気があるからって聞いたんだけど…」と困惑したとのこと。

しかしその後、オリラジにMCが変更されることを聞かされ、

宮迫は「確かに正直なこと言うと、俺ら忙しかったから。レギュラーいっぱいあって、俺らの都合で時間がどうのこうのあった時もあんねんけど、俺は好きやったから…。でもわかる! それぐらいオリラジに勢いがあったから」と納得したそう。

相方の蛍原徹は「オカッパさん相当怒ってはったけど」とキレていたそう。

また当時、一番怒っていたのは番組出演者のFUJIWARAの2人で、「なんやそれ!! 雨さんがおるから講師でやってんねん! すごい後輩に仕切られて講師て、なんやねん!」とブチギレ。

オリラジも勢いが落ちていた

この時のことについて、

中田は「もうちょい補足させていただくと、実はあの時、僕ら勢いなくなってるんですよ。ゴールデンで番組をボン、ボン、ボンって持たさせていただいたのに、それが全部終わったんですよ。それで何か番組持たせなきゃってなって、雨上がりさんがやってたところをゴリっと…」

と、会社側の意向でねじ込まれた背景を明かしました。

そのため、オリラジは番組関係者のほぼ全員から嫌われていたそうで、

総合演出のスタッフから「あなたがたは別に実力じゃなくて、雨上がりさんを会社がどかして、お情けでここにいるんで」

と本番前に言われるなど、精神的に相当キツイ状態で収録をこなしていたというのです。

とは言え、放送が開始されると、FUJIWARAとは打ち解けていったという中田。

今回のYouTubeコラボによって、当時の思い出が両者の視点で紐解かれたようです。

↓後半はこちら

ネットの声

「これだけ吉本との確執がある中でさらっと出てくる加藤浩次とあっちゃんはやっぱりかっこいい」

「中田さんのプレゼンは、ずば抜けて圧巻でした。すごすぎる!ものすごく本質を突いていて、正直、感動しました。」

「個人的な感想で言わせていただければ、テレビに戻って週一で宮迫さんを見るよりはYouTubeで毎日見れる方が嬉しいです」

テレビよりもYouTubeのほうが手作り感があって楽しめます。

だからこそ芸人はYouTubeを目指す??

おすすめの記事