米首都ワシントンでバーテンダーとして働くダンジェール・ウィリアムス(Danjale Williams)さん(22)は、多くの米国人同様、新型コロナウイルスによる感染症の拡大に不安を感じています。

高額の医療費が驚異

しかし、ウィリアムスさんが感染よりも恐れているのは、感染した場合に発生する払えるとは思えないほど高額の医療費なのです。

米国では2750万人近くが医療保険に加入していません。

「医療費がものすごいので、病院へ行くのに二の足を踏むと思う」と言うウィリアムスさんもそうした一人。

「病気になっても、健康を保つのに十分な貯金がない」

先月29日に同国初の死者が報告された米西部でも、新型コロナウイルスの拡大が始まっています。

公衆衛生の専門家らは、米国には他の富裕国にない脆弱(ぜいじゃく)性がいくつかあると警告するのです。

このような脆弱性には、保険未加入者の数が膨れ上がっていること、当局との接触を恐れる1100万人前後の不法移民が存在すること、病気になっても失職を恐れて休まない「パワースルー(困難な状況でもなんとかやり切る)」文化があることが含まれます。

「これらすべてがウイルスのまん延を助長する」と、カリフォルニア大学リバーサイド校(UC Riverside)の疫学者ブランドン・ブラウン(Brandon Brown)氏は警告しているのです。

健康保険未加入者

無保険状態の米国人の数は2010年の4670万人がピークで、バラク・オバマ(Barack Obama)前政権時代の医療保険制度改革法(Affordable Care Act、通称オバマケア、Obamacare)以降減り始めていました。

しかし、2年前から再び増加していて、現在の保険未加入者は2750万人と、全人口の約8.5%に上っているのです。

「(新型コロナウイルスの)感染拡大が続けば、われわれがすでに取り組んでいるのに解決できていない医療格差問題の一部が浮き彫りになる」

と、ジョンズ・ホプキンス病院(Johns Hopkins Hospital)生物学的封じ込めチームのブライアン・ガリバルディ(Brian Garibaldi)医長は語ります。

保険未加入者が病気になった場合、頼るものが全くないわけではありません。

米国法では支払い能力にかかわらず、緊急治療は受けられると定められているのです。

だからといって、無料になるわけではなく、保険未加入の場合は後に多額の医療費が請求される可能性があります。

失業を恐れ「体調不良でも出社」

米疾病対策センター(CDC)は新型コロナウイルスに関する主な勧告の一つとして、症状が軽い場合は家にとどまることを呼び掛けています。

「しかし仕事や立場、地位によって、そうできない人も多い」とブラウン氏は指摘します。

米国は先進国で唯一、有給の病気休暇を国として義務付けていません。

米シンクタンク、経済政策研究所(Economic Policy Institute)によると、民間企業では年平均8日の有給休暇が付与されていますが、最低賃金労働者で有給休暇を取得できているのはわずか30%だということです。

そうした労働者の多くにとっては、1日欠勤するだけでも経済的に大きな損失となり得るのです。

会計事務所ロバート・ハーフ(Robert Half)が昨年10月、全米の2800人を対象に行った調査によると、病気でも時々仕事に行くと答えた人が57%、病気でも必ず仕事に行くと答えた人が33%に上っています。

懸念されるワクチン代

新型コロナウイルスによる世界の死者は4500人を超え、ワクチン開発と治療法の確立が急務です。

現時点の予想では、ワクチン候補の開発に12~18か月はかかるとみられています。

議会では「価格は手頃なのか」という問いが、アレックス・アザー(Alex Azar)厚生長官に突きつけられました。

アザー厚生長官は「われわれとしては手頃な価格になるよう努力していると請け合いたい。しかし、民間部門には投資が必要であり、われわれは価格をコントロールすることはできない」と答えています。

この発言について、医薬品業界サイト「ファーマロット(Pharmalot)」のコラムニスト、エド・シルバーマン(Ed Silverman)氏は「言語道断だ」と批判しています。

同氏は「利益をあげるなとは言わない」と指摘。

しかし、「コロナウイルスに感染したかもしれない米国人を支払いができないからと、死なせてしまっていいのだろうか」。

と、述べています。

ネットの声

「大人気だったアメリカのテレビドラマ「ER緊急救命室」俺は嫌いだった。何故ならあんな高度な医療は皆保険制度の無いアメリカでは金持ちだけが受けられる特別な医療であり ほとんどの国民は医療費で破産するか野垂れ死に。アメリカの自己破産最大の原因はバカ高すぎる医療費、日本は世界一恵まれてるのに「ERみたいな医療を受けられない!」とマスコミと一緒になって医療機関にクレーム入れる始末、これじゃ日本の医療は崩壊するよ。」

「この点について、アメリカ予備選挙のサンダース氏は国民健康皆保険を訴えている訳で、もっと評価されてしかるべきだと思う。」

「でしょうね。検査だけで30万、死亡率は1%程度、治療薬も無いとくれば家で寝て過ごすか、それとも発症を隠して仕事するかどっちかしかない。貧困層なら、絶対後者だろう。パンデミックは時間の問題。」

少し前に話題になりましたが、米国ではインフルエンザでこの冬に1万人を越える人が亡くなっています。これも、予防接種を受けることができなかった人、医療を受けることができなかった人がバタバタ倒れた結果です。

おすすめの記事