SONY DSC

アンデス住民、コロナに強い耐性か 少ない感染に専門家ら注目

中南米は現在、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)の中心地となっています。

その中で、アンデス山脈に住む人々はその他の地域の人々より抵抗力がかなり強いようなのです。

感染が最小限

アンデス山脈は世界最長を誇り、北はベネズエラとコロンビアから、南はチリとアルゼンチンのパタゴニアに至るまで7000キロにわたり広がっています。

山脈の標高は平均4000メートル、最高峰のアルゼンチン・アコンカグアは標高およそ7000メートルなのです。

中南米においてブラジルに次いで感染者の多いペルー。

古代インカ帝国の首都だったクスコなど、標高3000メートル以上の地域で確認された感染者は国内全体のわずか10%にすぎません。

ペルー医科大学の公衆衛生委員会代表のアウグスト・タラソナ氏は、

「クスコやワラス、カハマルカといった都市で感染者を確認しているが、実際に数は(他の地域よりも)少ない」と指摘。

「高地に位置するこれらの都市では感染が最小限に抑えられており、致死率もゼロに近い。これに私たちは注目している」と述べています。

また、同様のことが隣国ボリビアでも言え、

感染者の多くはサンタクルスやベニ県といった東部の低地に集中しているそうです。

高地の感染率は低い

ボリビア保健省の当局者も「ラパスなどの高地では、感染率は大幅に低い」と述べています。

また、ペルー・ボリビア両国の公式統計からもこの傾向が裏付けられるのです。

密林地域に位置するペルーのロレト州の感染者はおよそ8000人。

死者は321人である一方、同州より人口が1.5倍多いクスコでは感染者数はわずか1500人、死者は13人にとどまっています。

致死率はロレト州で4%であるのに対し、クスコでは0.87%なのです。

ボリビアでもサンタクルスの感染者は1万3000人である一方、ほぼ同じ人口のラパスの感染者は1400人以下にとどまっています。

低酸素が影響?

現時点において、アンデスに住む人々が新型コロナに対して強い免疫を持っているということを科学的に証明するものは一切ありません。

しかし、一部の専門家は、低酸素の環境で暮らす人々の呼吸器系が鍵であると主張しています。

ペルーの感染症専門医であるエドゥアルド・ゴトゥソ氏。

酸素の不足した状態にある人々にはウイルスの侵入口として作用するアンジオテンシン変換酵素(ACE)が少ない可能性があると指摘。

酸素濃度の低い環境に住む人々の体内では、ウイルスが「入り込めるポイントが少なく、感染を抑えられる」可能性があるといっています。

タラソナ氏によれば、アンデスの高地に住む人々は異なるACE受容体を持っているのでは…としています。、

また、低い酸素濃度に適応した呼吸器系が体内に何らかの形で影響を与え、体内にウイルスが潜伏しないようにしているというのです。

自然殺菌の役割も

一方で、紫外線が高地において自然殺菌の役割を果たしている可能性を示唆する研究結果もあります。

DCIM100MEDIADJI_0877.JPG

ペルーの呼吸器専門医、カルロス・イベリコ氏。

「紫外線量は高地で確実に増えるため、ウイルスが生存しにくくなり、ウイルス量が少なくなると言える」と述べています。

しかし、こうした説に誰もが納得しているわけではありません。

ボリビア保健省の当局者は、紫外線に効果があるとする仮説によってウイルスがさらに拡散されることになりかねないと懸念を示しています。

ネットの声

「高高度地域で気圧や酸素濃度が低い場合、ウィルスの外殻(エンベロープ)がどういう影響を受けるのかが知りたい。」

「日本はどうなのでしょうかね?」

「ちょっと富士山に登ってくる」

アンデス住民もモンゴロイドだから…という声もあります。

また、高地は人が少なくて密になりませんからね。

おすすめの記事