8月19日に放送されたフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」。

熱中症とみられる症状でリポートを続けられなくなった女性ディレクターに対し、安藤優子キャスターが笑いながら中継を続けさせようとする一幕があったのです。

SNSには「笑っている場合じゃない」「死んだらどうする」「鬼すぎる」などと批判が殺到。

画面からフェードアウトした女性ディレクターを気遣うツイートも多く寄せられました。

炎天下の京都・渡月橋

リポートは午後2時すぎ、炎天下の京都・渡月橋の様子を伝えるものでした。

女性ディレクターは、手元の温度計が40・1度であることを示し「かなり暑くてフラフラしてきました」。

事前に取材していた街の人の「ペットボトルを凍らせる」「キュウリを持ち歩く」などの暑さ対策を紹介していたのですが、

「あと何だったっけかな…。暑くてボーッとしています」と思考が飛び、

キョロキョロと視点が定まらないまま「(スタジオに)お返ししておきますね」と、リポートを中断しようとしたのです。

これに対し、安藤キャスターは「返しちゃうの? 私、返されたのね?」と大笑い。

詰問され「準備していた話があと3つあるんですけど、えー…」と言葉が出てこない女性ディレクター。

それに対し、さらに「もう1回お返ししていいですかー」と陽気に中継を続けさせようとしたのです。

万策尽きた女性ディレクターが「返しちゃいますよね。そうですよね…」と棒立ちとなりました。

スタジオが騒然

ここで、危険と判断した高橋克実が「休憩した方がいい」と真顔で割って入ります。

カンニング竹山ら出演者も「早く車に入って休んで」と必死に訴えるなど、スタジオが騒然。

カメラが渡月橋の風景に切り替える間に女性ディレクターはフェードアウトしました。

同じくリポートの中断を促していた倉田大誠アナウンサーが「おそらく午前中から取材して」「お返しします、という勇気もなかったほどの気温」などとフォロー。

しかし、安藤キャスターは「関西の方はキュウリを持っているって」と話題をそらし、キュウリトークを続けたのです。

SNS上では

  • 「放送事故レベルのフラフラを楽しんでいるとは」
  • 「連日伝えているのに想像力がなさすぎて引く」
  • 「鬼すぎる」
  • 「危険すぎる」
  • 「倒れるまでやらせたいのかな」
  • 「死んだらどうする」

などの批判が殺到。

女性ディレクターに対しては

  • 「あの方、完全に熱中症で心配」
  • 「かわいそうだった」
  • 「倒れていませんように」

など、心配する声が寄せられていました。

さらに「炎天下でのリポートはやめるべき」「無人のカメラで映せばいい」など、猛暑日での中継のあり方への疑問も相次いだのです。

ネットの声

「いつも思いますか、台風も熱波も命の危険を冒してまで現場から伝える必要はないのでは。ましてやそれを継続させようとするなんて論外です。」

「安藤さんはスタジオの涼しい環境にいて相手のリポーターは炎天下の中で一生懸命伝えようとしている。リポーターの状況をみて身体の心配してあげない所は日々の性格が出ているのでしょうか。笑い話にするのではなく、もう少し思いやりのある対応をしてあげてほしいと思いました。」

「まさに熱中症のレポートでわかりやすかった。涼しいところでいる上司や同僚の危機感のなさがさらに状況を悪化させる構図だ。熱中症で意識がとんで無防備に転び骨折することもありうる。リスクをおかしてわざわざ取材に行く気温ではない。」

「安藤優子が他人を馬鹿にした態度を取るのはいつものことだけど、命に関わることにまでとは最低最悪。ずっと使い続けたフジテレビの問題。明日打ち切りでもいいよ。」

女性ディレクターは、かなりの長時間炎天下の下で立っていたのでしょう(動画の冒頭から見ればわかります)。

安藤優子のレポーターの体調を気にかけない態度が鼻につきましたね。

いつも高飛車な態度が気になっていたのですが素の顔を見たようなシーンでした。

おすすめの記事