女優・杏(33)との離婚危機に直面している俳優の東出昌大(31)が生き地獄を味わっているようです。

主演ドラマ「ケイジとケンジ」(テレビ朝日系)の最新平均視聴率は、前回より2.3%もダウン。

このまま右肩下がりが続けば、打ち切りも現実味を帯びてくるでしょう。

さらに不倫相手の女優・唐田えりか(22)も、レギュラー出演中の連ドラを緊急降板。

同時期にドラマに出ている2人を“抹殺”するには、これ以上ないタイミングです。

3年間の不倫関係

円満と思われていた杏、東出夫妻に飛び出した不倫報道。

「週刊文春」によれば、杏が第3子を妊娠しているころから、東出と唐田は約3年間にわたって不倫関係にあったというのです。

堪忍袋の緒が切れた杏は1月上旬、東出を自宅マンションから“追放”。

ほどなくして“文春砲”のエジキとなったのは周知の通り。

東出の所属事務所は記事について「ほぼ事実」と全面降伏しました。

唐田もその流れに従い、謝罪コメントを発表したのです。

イメージダウンはもはや復活不可能

好感度が高くイクメンで通っていただけに、東出のイメージダウンは深刻です。

CM数社は慌てて東出の画像や動画を削除。

代理店関係者によれば「すべて契約解除になる見込み」ということです。

始まったばかりのドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」にも大きな影響を与えています。

初回放送(16日)で12.0%だった視聴率は、23日の第2話で一気に2.3%も大幅ダウン、9.7%に急落したのです。

不倫報道が原因かは断定できませんが、お茶の間が東出に「NO」を突き付けたと解釈できるでしょう。

芸能プロ関係者は

「東出にとっては生き地獄。ドラマはまだ始まったばかりで、数字が下がればすべて彼のせいになる。共演者にも合わせる顔がない。スポンサーも大激怒で、このまま低迷すれば、1~2話カットして早々に打ち切るだろう」

と話します。

唐田えりかの大罪

不倫相手の唐田も大ダメージです。

自業自得とも言えますが、伊藤英明主演のTBS系ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」にレギュラー出演中だったのですが、24日になって出演自粛を発表。

所属事務所はホームページで

「今回お騒がせしてしまった報道を受け、反省し、検討した結果、出演自粛に至りました」

と説明しています。

唐田はインスタで“におわせ”を連発していたため、アンチが急増中。ネット上は唐田が画面に映ればブーイングといった状態なので、今回の決定は致し方ない。彼女もこの日、批判に耐えきれなかったのか、インスタのアカウントを削除した」(同)

杏の復讐は始まったばかり

それにしても、同時期に連ドラ出演している2人にダメージを与えるには、これ以上ないタイミングです。

しかも1月期のドラマは、始まったばかり。

あまりのタイミングの良さに一部では

「記事の正確さから杏本人、もしくは極めて近しい人物がリークした」

というのが本当のところのようです。

まさに狙い澄ましたようなタイミングということですね。

文春砲が炸裂した時点で、杏は離婚を覚悟しているどころか、東出と唐田に天誅を食らわす気満々だったということです。

復讐劇が真実味を帯びているのは、東出の別居先のマンションを特定するスピードです。

今月上旬に別居したにもかかわらず、その10日後に東出の現在の住まいを特定。

文春が直撃をかけています。

某有名週刊誌の幹部社員は次のように語っています。

「この仕事をやってたらわかるが、別居後10日ほどで東出の新しいヤサ(自宅)を割り出すなんて不可能。仮に割れても仕事用で借りている可能性もあるわけだから、裏取りに相応の時間がかかる。そう考えると、とんでもなく確度の高い情報を文春は入手したのだろう。そんな情報をリークするとなると、杏サイドの可能性が高い

東出と唐田が一番ダメージを負うタイミングはまさに今…。

だとすれば、ウラに緻密に計算された“復讐プラン”があったということでしょう。

ネットの反応

「杏さんが出した夕食が、自分の好みじゃないと出ていってしまうとある記事に書いてあった。もしそうならやっぱり精神に問題がある気がする。外でも家でもやりたい放題。」

「本当に東出と唐田は、引退すべきじゃないのかな。自分はファンじゃないけど、ファンも十分傷ついてるし、いなくなるでしょ。父としても、役者としても、芸能人としても需要はないよね。」

「東出さんは俳優じゃなくて、ホストの方が余程向いてるよ。人の痛みが分からないろくでなしだし、俳優は引退してホストをすればいいじゃん。」

杏はどれくらい仏の顔を見せたのでしょうか。

完全に堪忍袋の緒が切れた形ですが、これは当然でしょうね。

おすすめの記事