青ひげは女性受けが悪いようです。

そうなるとファンデーションで隠せるか気になるところですよね。

それにしてもどうして普通の髭よりも青ヒゲって濃いのでしょうか。

青ヒゲは女性受けが悪い?

男で生まれたからには、切っても切れない関係が髭ですね。

髭は剃るものという暗黙の了解がありますが、様々なシーンで髭はファッションの一部となっています。

今はそれほど髭を生やしている人はいませんが、明治時代は多くの人が髭を生やしていました

綺麗に剃る方が面倒だったなんて話もあるのですが、髭はある意味明治時代のファッションシーンを彩っていたといってもいいでしょう。

そして、現在もまたじわじわと髭が市民権を得ようとしています。

そしてもう一方で、同じ髭は髭でも青ヒゲに悩んでいる人もいるのです。

青ヒゲですから、髭を剃った後ですね。

これが青々としていたらどうにも格好が悪いものです。

かたや髭を伸ばしたいひと、伸ばしたくなくて剃ると青ヒゲになる人など、これはもう人生悲喜こもごもと言うしかありません。


実際にあるアンケートでも、女性が男性に対して正して欲しいことに青ヒゲを上位にあげる人が多いのです。

これは女性から見ても見苦しいということの証といえるでしょう。

それほどまでに嫌われるのはどうしてかというと、色合いが違うことから違和感があることはもちろんなのですが、もう一つ、ひどく不健康に見えるということですね。

ですから、青ヒゲは女性受けが悪くて、男性なら是非改善したい項目でもあるのです。

ファッションは見た目の良さが全てです。

いくら服装を流行りのものにしても髪型を今風にしても青ヒゲがあったら魅力も半減ということですね。

そのあたりは女性視線もしっかりと意識したいものです。

ファンデーションで青ヒゲを隠せるか?

昔から顔のニキビやシミを隠すのは、女性ならファンデーションが基本ですよね。

たとえば、寝不足などで目に隈が出来てしまうなんていうのも、ファンデーション一発で隠してしまうのというのも女性ならお手のものでしょう。

そういった面では、普段からファンデーションを使う習慣のない男性には、これらはかなり苦手な分野でもあり、ハードルも高いと感じるのではないでしょうか。

しかし、女性に不人気は青ヒゲがファンデーションで隠せるなんてことがわかったら、事情も変わってくるでしょう。

そんなことが実際にできるのです。

仲のいい女性に聞くのが一番かもしれませんけど、ファンデーションもそれだけがあってもだめで、化粧水とクレンジング剤との3点セットで用意するようにします。

この部分でちょっとくじけそうになりますけども、そもそもファンデーションを使うには、肌荒れをさせない、というのが必須の手段なのです。

青ヒゲは気になるし、肌荒れもできてしまったというのでは本末転倒ですからね。


ですから、肌を守るために少々窮屈かもしれませんけども、このあたりの手順はしっかりと取るようにしましょう。

このあたりの手順をしっかりと踏むことによって、青ヒゲはファンデーションによってかなり隠せると思います。

あとは、自分で試行錯誤を繰り返すことが大事になります。

また、ファンデーションでもパウダータイプやリキッドタイプなどいろいろありますから、ここでも悩むようになると思います。
基本的にはどちらでも構わないので好みで使うようにしましょう。

どうして青ヒゲは普通の髭よりも濃いのか?

男性にはいろいろなタイプがあります。

容姿でいうと顔のことになるのですけど、顔がいいとか悪いとかではなくて、男性には必ずあるものとして髭ありますね。
これには濃い人もいれば薄い人もいます。

毎日髭を剃らなくてはいけない男性にとって、髭の薄い人というのはとてもうらやましいのではないでしょうか。

本当に薄い人になると3日に1回の髭剃りでいいという人もいますし、無精髭が気にならなければ週一の髭剃りでも良いという、うらやましい人もいるのです。

普通の男性では毎朝髭を剃るのが日課という人が多いでしょう。

それでも、髭の濃い人の切実な悩みとして青ヒゲがあるでしょう。

実は髭の薄い人でも青ヒゲになることはあります。

ですから、一概に髭が濃いから青ヒゲというわけでもないのですけど、現在では一般的に髭は皮膚を防御するためのものですから、それによって色素沈着を起します。

青ヒゲと同様に、坊さんなどが頭をそると青く見えるのもあれは色素沈着の結果ともいえるわけですね。

表皮を保護するためのものですから、これは仕方がないものなのですけど、基本的には青ヒゲ自体が濃いという印象があるのも事実ではありますね。

基本的には加齢とともに色素沈着が起こりやすいとも言われていますから、これがシミや青ヒゲの原因となっているのです。

青ヒゲのほうが濃く見えるというのは、濃いほうが青ヒゲになりやすいということから言われているのです。

若い人に多いイメージなのですけど、年配の人にも十分見られる症状でもありますよ。

ネットの声

「私は長年青髭に苦しんでいました。毎日毎日朝と夕方の二回、シェーバーでヒゲを剃る行為を何十年と続けていました。実年齢より老けてみられたり、子供たちからもヒゲを嫌がられ、取引先のお客様からも青髭を指摘されたりなど、青髭に悩まされる人生でしたね。」

「ヒゲが薄いのに青ヒゲっていうのがかっこわるくて…悩んだ末にいろいろなことを試してみました。やっぱり脱毛が一番効果的だったかな」

「ファンデーションやパウダーもいろいろ試してみたけど一過性にしかすぎないようで…」

青ヒゲって男性にとっては悩みの種なんですよ。いっそのことヒゲを生やすって選択もあるんですけどね。

おすすめの記事