アップルペイでPASMOが使えるメリットをもう一度おさらい…Suicaとの違いも

Apple Pay版PASMOを使ってわかったこと|Suicaとの違いや注意点

10月から、Apple PayでPASMOが使えるようになりました。

iPhoneやApple Watchユーザーのなかには、これを待ち望んでいたという方もいるのではないでしょうか。

Apple PayへのPASMOの登録方法や設定方法、Apple Watchで使う方法やSuicaとの違いなどを解説します。

既存カードの取り込み or 新規登録を選べる

PASMOをApple Payで使うには、今使っているカード型のPASMOをiPhoneに取り込んで使う方法と、新たにPASMOを発行する方法の2種類があります。

既存のPASMOを取り込む場合は、「Wallet」アプリを開いて右上の「+」をタップし、「続ける」をタップした後に表示されるカードの選択画面で「PASMO」を選びます。

金額の選択画面が表示されたら「お手持ちの交通系ICカードを追加」タップして、次の画面でカード裏面に記載されている番号の下4桁を入力します。

なお、PASMO定期券や記名式のPASMOを使っている場合は、ここで生年月日の入力も必要です。

その後、画面の指示に従ってカードの上にスマホを置くことでデータの転送が行われます。

新たにPASMOを作成する場合は、上記と同様の手順でWalletアプリからPASMOを選んだ後、金額の選択画面でチャージ金額を選択します。

右上の「追加」をタップするとApple Payの決済画面が表示されるので、支払い元のクレジットカードを選択して決済を完了しましょう。

自動改札で使うならエクスプレスカードの設定を

自動改札で端末のタッチだけでPASMOを使えるようにするには、「エクスプレスカード」の設定が必要です。

iPhoneの「設定」の「WalletとApple Pay」にある「エクスプレスカード」で、先ほど登録したPASMOを選びましょう。

なお、エクスプレスカードに設定できるのはSuica、PASMOのいずれか1枚のみとなるため、

現在Suicaをエクスプレスカードに登録している場合は、Suicaのエクスプレスカードの設定はオフになります。

これでiPhoneからPASMOを使えるようになりました。自動改札でiPhoneをタッチすると、これまでのSuicaに代わってPASMOが表示されます。

Apple Watchへの登録方法と注意点

また、PASMOをApple Watchに取り込んで使うことも可能です。

Watchアプリの「WalletとApple Pay」を開き、「iPhone上のそのほかのカード」に表示されているPASMOの「登録」をタップします。

Apple Watchユーザーなら、こちらのほうが便利ですね。

ただし、Apple Watchに追加したPASMOはiPhoneからは使えなくなるので注意が必要です。

PASMOへのチャージは、WalletアプリでPASMOをタップして「チャージ」を選択。

金額を選択したら、「追加する」をタップして決済を行います。

支払いに使うクレジットカードは、Apple Payに登録されているカードから選択できます。

Suicaとの違いは定期とオートチャージ

ここまでの基本機能はApple PayのSuicaとほぼ同じですが、PASMOならではの特徴といえるのは、

私鉄やバスの定期券の購入や更新ができる点でしょう。

Apple PayのPASMOでは、鉄道、バスそれぞれの定期券を1種類ずつ使うことが可能です。

PASMOアプリの「定期券・管理」画面から、新規および継続購入ができます。

また、定期券の区間変更や払い戻しもアプリから行えます。

さらに、一部の交通系クレジットカードでは、残高が一定金額になったときに自動でチャージする「オートチャージ」を使うことも可能。

この場合、PASMOアプリから会員登録後、オートチャージの設定を行う必要があります。

PASMOのオートチャージには、現在10のカードが対応しています。

Suicaの場合、オートチャージが使えるのはJR東日本グループが発行するビューカードのみとなるため、

それよりは選択肢が広がることになります。

SuicaとPASMOの使い分けが便利

では、私鉄やバスの定期券を使わない人や、オートチャージ対応のカードを持っていない人にはApple PayのPASMOを使うメリットがないかといえば、そんなことはなさそうです。

個人的に重宝しそうだと感じたのは、「交通用と買い物用」「仕事用と個人用」など、目的別に2枚のカードを使い分けたいときです。

これまでも複数のSuicaをApple Payに登録することはできましたが、

その場合、サイドボタンのダブルクリックで表示されるカードの選択画面にはまったく同じ外観のSuicaが並び、見分けるのが非常に困難でした。

残高などの限られた情報で識別しながら、2枚のSuicaを使い分けていた方もいるのではないでしょうか。

これからは、Suica、PASMOをそれぞれ1枚ずつ登録し、Suicaは交通用、PASMOは買い物用などと決めておけば、

瞬時に見分けられるようになります。

Apple PayのPASMOは、カード型のPASMOと違ってデポジット料金も不要。

ぜひ活用してみてください。

ネットの声

「使う側が理解していない人多すぎ。
改札前でモタモタして反応しないのを、駅員に文句を言ってる人見ると『毎回切符を買って乗りな』と言いたい。
Apple Payは取り込んだだけではそのカードがメインにならないし、Androidは機種にもよるけど、両方取り込める機種はPASMOかSuicaをどちらかをメイン設定にしないとダメ。
それぐらいのことも理解できていない人が安易に使うものじゃない。
大人なのに自分が残念な人ってことを理解しないで、駅員や店員に文句を言うのはやめましょう。」

「私鉄沿線在住でモバイルSuicaもモバイルPASMOもオートチャージを設定して使っているが、オートチャージのポイントはSuicaが断然高い(最大1.5%)。定期区間はPASMOを使い、それ以外の区間と買い物はSuicaを使うことになりそう。
もっともコロナ禍で定期を使うこともしばらくなさそうだが。。。」

「モバイルのデメリットも書いた方がいい。バッテリーがなくなった時は現金精算が必要なことなど。
おそらくだけど、みんな真新しさに惹かれているだけの人も多いと思います。
電車乗ってる最中にゲームに興じすぎて改札出られなくなった人いませんか?」

カードよりもiPhoneよりもアップルウォッチでしょう。

落とす心配も無くす心配もありませんからね。

問題はバッテリーの問題でしょうか。

おすすめの記事