小池知事らに怒り7連投「屁理屈聞き飽きた」「五輪やる気あんの?」

タレント麻木久仁子が4日夜に、新型コロナウイルス対策に対する怒りをツイッターに7連投しました。

怒りのツイート

症状がある人にPCR検査を行い、陽性なら隔離、濃厚接触者にPCR検査を徹底することが最善策との意見をとりあげました。

「人々の健康を守ることと、経済活動を守ることは、なんとしてでも両立させなければならない。この、やっかいな命題をクリアする方法は、現状ではこれしかないよ。常識的に考えて」

とツイートしたのです。

さらにツイート

続けて

「屁理屈は聞き飽きた。健康と経済と、どちらも壊れれば命を奪う。どうしたら命を守れるか。いい加減、そろそろ、ちゃんとやってくださいよ。もう、面子争いはお腹いっぱいだわ」

と求めたのです。

「ウィズコロナっーならなおさら」とし、確実な検査体制確立の必要性を訴え、

「あなたがた、本気で東京五輪やる気があんの?と言いたい。何もかもがずれている。こんなことじゃ、ほんと、五輪なんて無理だよ。やれるもんもやれなくなるよ」

と投稿しました。

さらに

「レインボーブリッジだのを赤くライティングしたからって、だから何よ。『やってる感じ』とか、もういいよ。都民の肉体的経済的生命を、本気で守ってください」

と続けたのです。

まだまだ続く

五輪観客へのPCR検査案を報じたニュースを取り上げ、

「馬鹿げている。現状、症状があってさえ検査が受けられないことが問題視されている中で。え?そんなにカジュアルに=わーい、観戦するぞー症状ないけど検査しまーす!って、都民の皆さんは納得するんですか?」

と疑問視。

「ドラスティックに現在の検査体制を変えなくして、こんなことは通らないよ」と指摘。

「本当に本気で五輪やりたいなら、やるべきことがあるはず。時間はもうないよ。早くしないと。あなたがた、ほんとにやるきあるの?できるもんもできないよ、この体たらく」

と厳しい投稿を連投していました。

ネットの声

「専門家でもない麻木さんが、なぜここまで言い切れるの?都知事も勝手に決めてるわけではなく、麻木さんがネットで調べる以上のブレーンに囲まれて決定しているはずだから、高度な専門性を要する領域に素人考えで踏み込まない方がいいよ。」

「懸命に奔走する人に罵詈雑言。このような人がいなくなることを望む。 要望、物の言い方、ちゃんとした礼儀があるはずです。本来、日本にはそういったものが備わっている方々がほとんどだと思うのですが・・・ とても残念です」

「都知事は一生懸命やってると思う。この先のことなんて誰もわからないけども何とかしようと頑張っておられるのでは。麻木さんよりはるかに忙しく大変な毎日だと思う。屁理屈とか言っては駄目でしょう。文句を謂うなら都知事選に出馬でもされたらよい。」

ただのヒステリックにしか聞こえないのは…。

この時期、誹謗中傷の声が小さくなったのでここぞとばかりに連投した感が否めません。

おすすめの記事