NHK総合「あさイチ」でサブキャスターを務める駒村多恵(45)が14日にブログを更新。

4年半前に母親とイタリア・ヴェネチアを旅行した際に母が緊急入院し、現地で体験した日々をつづっています。

その中で駒村は「人種差別も加わり、地獄の日々」と記したのです。

母がイタリアで熱中症

季節は夏で、母に熱中症のような症状が出たというのです。

救急ボートで搬送され、病院では即入院と診断されたものの4時間も放置されたそう。

駒村は

「イタリアでの看護は酷いものでした。 点滴の最中 上腕より前腕の太さが太くなるくらい 腫れ上がっていたので漏れている!と看護師さんに伝えると、チラッと見て 『大丈夫』と言って向こうへ行ってしまい、放置」

されたのです。

駒村は医師と話をしたいと頼んだのですが、「今日は来ない」との返答だったといいます。

翌日も頼んのですだが同様の返答。

困っていたところ、病院側が「これから検査する」と言ったそうで、駒村は

「がたいのいい女性2人が 小柄な母を放り投げるようにベッド移乗させ 母はバウンドする勢い。蚊の鳴くような声で『殺される…』と私に訴えました」

と母が恐怖を感じていたことをつづっています。

「検査をしても結果を伝えるでもなく 放ったらかし。いつ判る?と聞いても わからない。ドクターも来るのは数日後と言われ、 退院させて欲しいとお願いしても 許可されず 看護師、ヘルパーに英語で話しかけても無視されて カード付帯の保険会社の方がナースステーションに電話をかけても 英語を発した途端切られる始末。地獄のような日々」

人種差別の現実

「母は治るどころか立てなくなって 悪化の一途を辿っていました」

と振り返っています。

ついに駒村は10日を過ぎた頃、

「私自身 どうすることもできないストレスが爆発。いつものように とりあってもらえなかった瞬間、私はナースステーション前で泣き叫び 号泣するというところまで追い詰められました」

と記しています。

1人だけいた黒人のヘルパーが「あなたの気持ちはわかる。私はアフリカから来たから」と同情されたそうです。

駒村は「観光で来ただけでは決してわからない 人種差別の現実も思い知りました」とつづったのです。

駒村多恵オフィシャルブログ「コマタエ日和」

「あさイチ」で小学生時代の“友人”と再会

タレントのはるな愛が11日、NHK「あさイチ」で、料理コーナーを担当する駒村多恵と久々の再会を果たしました。

2人は小学校時代からの知り合いで、生放送では初共演となったのです。

番組冒頭、ゲストとして登場したはるなは、大吉から「この後出てくる駒村さんの同級生と…」と聞かれると

「小学校から知ってて。私は多恵ちゃんって呼ぶんですけど、向こうはけんちゃんっていう仲」と、はるなの本名である大西賢示の名前を呼び合う仲だそうです。

華丸は「ちびっこのど自慢で…」と2人の出会いはのど自慢大会だったと明かし、はるなはうなずきながら

「嬉しい。久しぶりに再会できて…」

と駒村が出てくる料理コーナー開始を待ちわびたのです。

そして番組後半に料理コーナーが始まるとはるはな「多恵ちゃ~ん」と呼び、駒村は「けんちゃーん!来たよね~」とはるなのネタを交えて再会を喜び合っていました。

はるなは「多恵ちゃん、変わってないよね、小学校から」と言うと、駒村は「小学生の時に、五木ひろしさんの長良川演歌を歌ってたけんちゃん」と、はるなの小学生時代を明かしたのです。

はるなは「私は、変わったよね~」と自虐ネタを盛り込むも、駒村は「生放送、初共演なんです」と幼なじみとの共演を心底喜んでいました。

ネットの声

「欧米人はアジア人を差別していると思います。またイタリアの医療レベルはひどいそうです。中国にすり寄らないとやっていけない国です。今回のコロナウイルス対応がひどいのは必然だと思う。」

「そういう時は大使館や領事館に相談すれば良いのではないでしょうか?大変だった事実と一緒に「こういう時はこうすると良いですよ」と伝えてあげた方が親切かな」

「すごく悲しくてショックだけど、これが現実なんですね。でもそんな差別する人には因果応報で必ず報いが来ると思っています。それは本人に来るとは限らず、その人が大切にしている人に報いが来たりするです。こんな話を聴くと、今のイタリアのコロナの惨状には思うところがありますね。」

イタリアは、今回の新型コロナウイルスで欧州でいち早く感染が広がった国です。財政緊縮の煽りで病院は医療事業者を減らしたツケが出たとされています。

人種差別もあったようですが、イタリアの医療崩壊はかなり前から起こっていたのかも?

おすすめの記事