あさイチで性生活相談 近江アナ「朝からちょっとという方も多いが...」理由を説明。

6月1日にNHKで放送された「あさイチ」では、9時台に「『性生活』オンライン相談室」をテーマに、専門家に視聴者からの性生活の悩みに答えるコーナーを放送。

近江友里恵アナウンサーは「朝から性生活の話題はちょっと…という方も多いと思いますが、たくさんお悩み寄せられましたので」と放送する意義を説明しました。

視聴者からの悩みに

新型コロナの影響で夫婦間の距離も変わってきていることから、番組では9時台から産婦人科医の宋美玄氏とオンラインをつなぎ、視聴者からの悩みに答えたものです。

番組では独自にアンケートを採ったところ、性生活について200件以上もの意見が寄せられたということです。

朝から聴きたくない??

しかし、朝からキスやセックスなどの話題となることから…。

近江アナは「朝から性生活の話題はちょっと…という方も多いと思いますが、たくさん『あさイチ』にお悩み寄せられましたので、みんなで考えてみたいと思います」と取り上げる理由を説明。

子供がいて見づらいという人にはパソコンやスマホで見ることが出来るサービスがあることも紹介しました。

華丸大吉も

華丸大吉の大吉も「NHKの番組でこういう特集して、(夫婦の性生活は)あ、うんの時代ではなくなってきた、というのがなんとなく伝わればいいなと思います」と語っていました。

ネットの反応

「多くの学校が再開した6月1日に放送したのにも、制作側の配慮を感じます。
仲のいい友人にもなかなか相談できないコンテンツですし、解決に至らないとしてもこのように悩みを共有できる機会があるだけで救われる人も多いのではないでしょうか。」

「逆に夜の家族団欒の時間に放送される方が困る人がいるのでは。専業で昼間家にいる主婦/主夫層にとって一人で観られることにメリットがあると思います。」

「タブー視されているコンテンツではあるが、皆「通って来た道、これから通る道」である。学校などの教育現場において、個々に偏りがちなこのテーマ、共通概念ベースで正しく教えられているとは思えないところもある。公共放送局で扱うことの賛否は当然出てくると思うが、欧米と同レベルまでにはいかずとも、子供の虐待問題が毎日、発生する昨今、対処療法だけでなく、早期に方針をまとめる必要があるテーマと思う。 アメリカとスウェーデンに6年、4年住んでいたが、この分野は日本と大きな隔たりがある。」

意外と朝の時間帯のほうが助かる…という声もあります。

おすすめの記事