厚切りジェイソンが日本のデジタル化を斬る…『労働者の立場が強すぎる』

厚切りジェイソンが日本のデジタル化の遅れにWhy?「労働者の立場が強すぎて成長しない」

「デジタル庁」の創設など、菅義偉政権が「目玉政策」として進めようとしているのが日本のデジタル化。

コロナ禍の中で行政手続きの遅れが指摘されるなど、現状では世界のトップクラスから立ち遅れてしまっている印象があるのですが、

海外出身者の目にはどう映るのでしょうか。

クラウドシステムの導入・開発を行うベンチャー企業テラスカイ(東京都中央区)で部長を務めるお笑い芸人の厚切りジェイソンさんに、日本のデジタル化について聞いてみました。

日本もいよいよデジタル化

――デジタル庁の取り組みでやっと日本のデジタル化も加速しそうです。ジェイソンさんは日本のデジタル化についてどう見ていましたか。

『日本の役所や企業の多くは、技術が進んでも古くからのやり方で仕事を進めている。まさに「Why Japanese people!?」とツッコミたくなる状況です。』

――日本でデジタル化が遅れてきた原因は何でしょうか。

『組織で権力を持つのが遅すぎることにあると思います。決定権を持つ役職に就くのが55歳くらいで、定年まで5年~10年しかない。これでは大きな変化に踏み出せず、失敗を避けて現状維持するしかない。若いうちからどんどん挑戦と失敗を繰り返して成長するプロセスを経ていない人が役職に就いても、いきなりできるはずがありません。』

社員はクビにしやすいように

――企業はどう変わると見ていますか。

『顧客情報などをクラウド上で管理するようになれば、成果はより“見える化”される。会社としての目標の達成度も、よりわかるようになると思います。』

――仕事はどう変わるでしょうか。

『テレワークで仕事をしても、どのくらいの仕事をして、どういった成果が出ているか、数字で管理ができるようになる。成果を出す社員を評価できる。

こうした中では、逆に成果が出ない社員はクビにしやすいようにしたほうがいいと思っています。日本では労働者の立場が強すぎるところがある。企業も業績が上げられないし、労働者も成長しないようにな、「LOSE―LOSE」の環境がある。』

熱意のある企業が伸びる

――どのような企業が勝ち、どのような企業が負けるのでしょうか。

『日本企業のIT部門には、有効に機能していないところが多い。私たちのようにデジタル化を支援する企業にチャンスがあると思っています。
一方で、「儲かるから」と“おはやり”のビジネスをしている企業はダメ。「こうすれば日本の企業が変わる」という熱意がある企業が伸びていくと思います。
負ける会社も出てくるでしょう。ただ、アメリカの共和党右派みたいな言い方ですが、社会が変わるためには良い会社が残り、悪い会社が淘汰される資本主義のサイクルが日本でもっと出てくるべきです。
デジタル化を上手に取り込めるかどうかが、今後の社会で生き残るカギとなるのは間違いないです。』

ネットの声

「アメリカ式の短期的な成果だけみて結果がでなければすぐにクビという仕組みもどうかとは思うけど、、
日本は誰の目にも問題のある人や明らかに能力がない人を簡単に辞めされられないせいで、その被害者が病んで先に辞めてしまうという現象を何度も見てきた。これって組織的にもいいことではないと思う。」

「確かに過剰な権利な主張は改革を推進しないですよね。あとは変化を嫌がる人が多過ぎ。
ある意味では我が国を支えてきたかけがえない国民性ではありますが…」

「デジタル導入の遅れの原因は失敗を恐れる社員、特に管理職とのことですが、つまり失敗したら出世街道から外れてしまう組織の評価制度や運営に問題があるということと受け取りました。出世できなくなってもクビにはならないからやる気の薄い窓際族が増える。これで日本企業の生産性がいいとか向上できると言えるとは考えられないですね。」

日本は確かに労働者の立場が強く権利を主張しすぎです。

国民性や政治も関係しているのは間違いないですが、やはり日本流で緩やかに変わっていくのでしょうね。

おすすめの記事