iPhoneの「オーディオ共有」これってどんな機能?

iPhoneの「オーディオ共有」ってどんな機能? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

自分が好きな曲を近くにいる人に聴いてほしいとき、どうしますか?

内蔵スピーカーで聴かせれば簡単だけど公共の場所だからムリ、自分のイヤホンの片方を貸すほどには親密でないから、相手のイヤホン、できればワイヤレス/Bluetoothイヤホンで...そんな音楽の聴きかたを可能にするのが「オーディオ共有」です。

対応機器が必要

オーディオ共有は、曲を送り出す側/受ける側どちらにも「iOS 13.1以降のiPhone」と「オーディオ共有に対応したBluetoothイヤホン」が必要です。

ざっくりいえば「iPhoneでAirPodsを利用しているユーザ」を対象とした機能ですが、W1やH1などAppleのワイヤレスチップを搭載するBluetoothイヤホン(Apple/Beatsブランド)も利用できます。

同じ曲をBluetoothイヤホンで

共有を開始するには、対象のBluetoothイヤホンを接続した状態で、コントロールセンターの音楽制御領域右上にあるオーディオ出力ボタン(明滅している水色のボタン)をタップします。

AirPodsなど対応イヤホンを接続しているときのみ表示される「オーディオを共有...」をタップ。

画面の指示に従いもう1台のイヤホン/iPhoneを近づけ接続を許可すれば、同じ曲をそれぞれのBluetoothイヤホンで聴けるようになります。

共有する相手はiPhoneでなくてもOK

オーディオ共有する相手のスマートフォンは、iPhoneでなくても構いません。

相手もAirPodsユーザだけれどスマートフォンはAndroidという場合には、「オーディオを共有...」をタップしたあとAirPodsのフタを開き背面のボタンを押し続ける(ペアリング受付状態にする)ことで、オーディオ共有の対象として登録できます。

なお、共有対象の音楽はアプリに縛られません。

ミュージックアプリ/Apple Musicはもちろん、Amazon Musicなど他の音楽再生アプリを利用できるうえ、ストリーミング/ダウンロード済の曲、iPhoneに転送したファイル再生も可能です。



おすすめの記事