KDDIが実施する、au PAYの「誰でも!毎週10億円!もらえるキャンペーン」は、第2週目に引き続き、第3週目も開始初日に終了しました。

2月10日~3月1日間に最大3万ポイントが還元されるとしていた「ステージ1」が終了したことになります。

auユーザー以外でも利用可能でかなりの話題に

3月2日には最大3万ポイントが還元される「ステージ2」が、3月23日には最大1万ポイントが還元される「ステージ3」スタートします。

しかし、2月24日より1日あたりの還元ポイントが最大6000ポイント/au IDに変更になったため、ステージ2以降、各期間中のポイント還元額が当初発表されていた上限額に満たなくなる可能性が出てきました。

このキャンペーンは、スマホ決済サービス「auPAY」で支払った金額の最大20%分がポイント還元されるというもので、KDDI(au)回線の契約の有無に関わらず誰でも利用できるとしてキャンペーン開始前から話題を集めていました。

目測を誤った…

いざスタートしてみると利用者が膨らみ、第1週目は開始から2日間で、第2週目と第3週目は開始初日に週当たりのポイント還元総額10億円に達し、キャンペーン終了となったのです。

KDDI側は「2月10日(月)からのキャンペーン状況を考慮し、より多くのお客さまにキャンペーンを利用いただくため」(au PAYキャンペーンサイト )として、2月10日に1日あたりの還元ポイントに上限を設定。

1日最大6000ポイントとしたのですが、それでもたった1日で第3週のキャンペーンは終了。

ユーザーを喜ばせ、ファンを獲得するためのキャンペーンが、様々な批判の声を招く結果となったのです。

どこが問題だった??

「誰でも」「同じ還元率の」ポイントがもらえるキャンペーンにしたことで、何よりも大切にしなければならない既存ユーザーの不満を買ってしまったのは間違いないでしょう。

“契約し甲斐のないキャリア”のレッテルを貼られてしまったのです。

KDDIが一番獲得したかったであろう見込みユーザーからは、“期待外れのキャリア”というイメージがつくだけでなく、

「不当表示ではないのか」
「詐欺広告ではないのか」
「ゴミ決済だ」
「転売屋を横行させることになったのでは?」

という疑念をもたれてしまったのです。

実際にキャンペーンを利用して商品を購入しようと、auPAYに高額なチャージをしてしまった人や、キャンペーンの概要を見て購入予定の商品を予約した人からは、「消費者庁に連絡した」「絶対許さない」などと恨まれる事態も発生しているのです。

加盟店から苦情も

それだけではありません。

1日の還元上限額を設定せずにキャンペーンをスタートさせたことで、開始初日にビックカメラ等の家電量販店に客が押し寄せたり、転売屋が出現したりと、パートナーとなるはずの加盟店に混乱を招いてしまったのです。

結果として信用を失うことにもなってしまいました。

この調子では、キャンペーン終了後にauPAYを決済サービスとして利用したいと思うユーザーは減ってしまうでしょう。

またauPAYの導入に躊躇してしまう店舗も出てくるのは間違いありません。

総額70億という巨額資金を投じておきながら、ファンを獲得するどころか総スカンを食らってしまったのです。

次のステージ2から再び条件の変更があるのかどうか。

残念なイメージを挽回させることができるかどうか、同社の動向に注目が集まっています。

ネットの反応

「auペイすごいと思うが、ユーザーが払う料金でキャンペーンできてることは忘れたらあかん。何年も使ってくれる顧客を差し置いて、いきなりやってきた転売屋に荒らされたら意味ない。せめて既存au客が多めにキャッシュバックされる仕組みにしとけばここまでダメ扱いされなかった。」

「どうせこのキャンペーン終わったら9.9割の人がaupay捨てるのにね…。auに一体何のメリットあったんだろ。既存の客を疎かにしたし。宣伝としては大成功でしょうけど」

「客・加盟店・その他、いろいろなところに迷惑をかけることになったau・KDDI。もうなんか杜撰なところが見えすぎてこんなところに残高や口座情報を任せるのが怖くなってきた。」

今回は転売屋の存在が取りざたされています。実際かなり暗躍したようですよ。

おすすめの記事