アダルトビデオ(AV)業界には、何千人ものAV女優がいると言われています。

その中で…

81歳でデビューし84歳の今も現役の“超熟女AV女優”がいるのです。

彼女はなぜこの世界に飛び込んだのでしょうか…

熱心なファンも…

「小笠原さんのデビュー作品発売前にインターネットで告知したら、その当日に、『とうとう80代が出ましたね! 絶対買います!!』という熱心なお客さんの電話がかかってきました」

そう話すのは、当時81歳だった小笠原祐子さん(84)のデビュー作を手掛けた老舗熟女AVメーカー「ルビー」制作部の川邊琢磨さん。

年1~2作のペースで小笠原さん主演の新作を制作。

昨年11月にも「お婆ちゃん逆ナンパ」が発売されました。

同社は50~80代の女性が出演する熟女ものに特化。

購入者も60~90代の男性が中心です。

感想を熱く綴った手紙が届いたり、電話がかかってきたりするそうです。

「若いAV女優の作品は発売直後に一気に売れてそれまで。でもお婆ちゃんものは何年も売れ続けます。ようやく熟女ものにたどり着いたお客さんが、昔の作品を買ってくれるんです。もちろん小笠原さんの作品は人気があるから、出演をお願いしています」(川邊さん)

熟女ものを多く手掛ける同社であっても、80歳を超えてデビューするのは初めての経験。

なぜ小笠原さんは81歳でAVの世界に飛び込んだのでしょうか。

初体験は結婚してから

昭和10年生まれの小笠原さんは、大手保険会社勤務の父と、しつけに厳しい専業主婦の母のもとに生まれます。

当然、箱入り娘として育てられました。

有名女子短大を卒業し男性との交際経験がないまま、父と同じ会社で働いている時に夫となる人と出会うのです。

「京都大学でアメフトをやっていたイケメン!初めて関係を持ったのも結婚してから。子どもを3人産んだけど、出産時以外は毎日“おつとめ”があったの。朝とか一日に何回も、という時もありました。他の夫婦がどうなのかなんて知りようがないから、私はそれが当たり前だと思ってたの」

そんな夫婦生活も、夫が59歳の時に病気で亡くなり終止符を打つことに…。

数カ月間は放心状態だったのですが、

「家にいてもしょうがないじゃない」

と母と妹に励まされ、旅行したり、外で飲み歩いたりと遊び回るようになったというのです。

夫に従い、子育てに専念した反動だったのかもしれません。

おっさんはお呼びじゃない

そんな中、61歳の時に知り合いに「店をやってくれない?」と頼まれ、スナックのママになることに…。

そして約7年間店を切り盛りしたのです。

「店の近くに大学の運動部の寮があって、大学生たちが毎日飲みに来てね。夜中まで大学生と飲みまくってた。彼らは今、30~40歳になったけど、今でも交流があるのよ」

大学生の彼氏ができ、一緒に旅行に行ったりもしたが、肉体関係はなかったというのです。

一方、60~70代の客からは熱心に口説かれたのですが、小笠原さんは見向きもしなかったということです。

「だって、おじさんなんか魅力的に思えない。ましてやそんな人となんて絶対にイヤ!男盛りのパパが最高だったし、それが記憶にしっかり残ってるからね。おっさんなんて全然お呼びじゃなかった」

イケメンじゃなきゃいやだ

そんな中、店の常連客で以前から友達だった女性から、「ママ、AV出演に興味ない?」と誘われるのです。

「そんなこといきなり言われたら、誰だって『は?』って思うでしょう?」

必死になって断り続けていたものの、その女性に「ランチに行こう」と誘われた先で「ルビー」の川邊さんを紹介されます。

その後、

「今度は撮影現場に遊びに来てみない?」

と言われ、好奇心から行ってみることに…。

「介護ものの撮影で、若い女優さんとお年寄りの男優が出演してたの。そんなおじいさんのなんて見たくないからほとんど見なかった。それに、カメラマンや音声さんなど5人くらいに囲まれてするなんてありえない!」

そう言いつつも、小笠原さんが漏らした一言を、川邊さんは聞き逃さなかったのです。

「私ならあんなじいさんじゃなくて、若くてイケメンじゃなきゃ嫌だ」

川邊さんはすかさず、

「じゃあそんな人を用意します!」

と返し、あっという間に出演が決まってしまうのです。

24年ぶりの…

「現場を見て何かが変わったのかも。80歳になったし、いい経験と度胸を決めた」

81歳にして24年ぶりの…。

夫以外の男性を受け入れるのは初めてでした。

「それがちゃんと濡れたのよ! 夫に35年間教育されていたからかしら(笑)。体が覚えていたのかもね」

小笠原さんには娘2人と、息子1人がいます。

しかし、出演は「関係ない」と言い切ります。

「娘は嫁いで別の家に入っているから言う必要がない。息子は知っているけど、『俺は興味ない。若くて元気でいられるなら十分だから、好きにやってくれ』って」

出演していることは周囲にも広まったが、小笠原さんは意に介していません。

「AV出演と、普段の私は全く別の世界の話。何かを言われても、私は一切受け付けないと言い返しているから、誰も何も言わない」

訳がわからないままに飛び込んだAVの世界。

役になりきる

しかし、息子や孫世代である監督やスタッフなどの制作陣と一緒に作品を作るのが面白いと感じるようになったというのです。

「自分が出た作品なんて見たくない!と思ってたけど、何本か出るうちに勉強しようと思ってデビュー作を見てみたの。そしたら相手役の男優さんとお風呂に入るシーンで、いきなりアソコを握っていて、『もっと丁寧に全身を触ってあげればよかった』って反省したわ」

それからは男優への触れ方や自分の感じ方など、人に見られることを意識するようになったといいます。

演技についても、役になり切って演じる面白さに目覚めたのです。

「小笠原さんは頭の回転が速くてよくしゃべるので、監督の信頼も厚く、ほぼアドリブ。それでもちゃんとこなせるんだからすごい。逸材です!」(川邊さん)

作品で着ている洋服は全て自前ということです。

作品の内容に合わせて自らスタイリングし、メイクも変えています。

撮影当日は愛車に衣装とスタッフのために作った唐揚げやカレーなどをのせ、現場へ向かいます。

「みんな喜んで食べてくれるの。車の運転ができる限りは出演し続けたいわね」

背中が丸くて姿勢が悪いと、作品でも見栄えがしないことに気づき、常に姿勢をよくすることを意識。

ストレッチも毎日必ず行っています。

「洗面台に手をついて後ろに反り返ったり、前屈運動をしたりしています。開脚だってできるのよ」

小笠原さんは、84歳という年齢がにわかに信じがたいほど滑舌がよく、とにかくテンポよくしゃべります。

お酒とたばこが大好きで、年に1回、「ルビー」の忘年会で朝まで飲み明かすことが楽しみだとか。

「元気の秘訣をよく聞かれるけど、若い人との交流があり、彼らといっぱい話をしているからだと思う。年寄り同士で『ここが痛い』とか『こんな薬を飲んでる』なんて言ってちゃだめ」

夫と過ごした結婚生活が第一の人生、

スナックのママ時代が第二の人生、

そしてAV女優になってからが第三の人生だという小笠原さん。

生涯現役で走り抜ける姿は潔く格好いい。

ネットの反応

「世の84歳ともなるとボケだしたり、普通に歩くのもおぼつかない人もいるってのに、なんと元気な…需要が見込まれるからオファーがあるんだろうけど、凄いとしか言いようがない…」

「お子さんが文句ないならいいのでは?興味のあることをやっておくのは、彼女の年齢的にはいいことだと思う。結婚、出産、子育ても終わっているし、なにかを失うわけじゃないし。」

「学生の頃にビデオ屋でバイトしてたけど、そりゃ、もう、誰が見んの???って「作品」も、ちゃんと借りてく客がいるんだよ。ツボって人それぞれなんだなあ、とつくづく思う。それはそれ、素人ものは水商売からのスカウトが多いという話は、やっぱりホントなんだね。」

84歳のAV嬢…立派です。相手をするAV男優も立派!

おすすめの記事