「財産目当てのヤバイ妻」と言われ大バッシング! 加藤茶の45歳年下妻・綾菜さんが『しくじり先生』に登場

日本中から大バッシング

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが、自らのしくじった経験を教えてくれる当番組。

AbemaTVでもオリジナル企画を放送中で、毎回放送後に反響を巻き起こしています。

11月18日の地上波では綾菜さんが「全然結婚を認めてもらえない先生」として授業を行いました。


広島県出身、現在31歳の綾菜は大学時代、都内の高級割烹料理店でアルバイトとして働いていました。

そして、そこの常連客だったカトちゃんと出会い、2011年、23歳で結婚

今年、結婚9年目を迎えたのです。

結婚を公表した際は45歳という年齢差もあり、“カトちゃんの財産を狙う女”と思われ、日本中から大バッシングとなりました。

祝福を受けるどころか

「世間からまったく結婚を認めてもらえなかった」

と振り返ります。

数々ののしくじり

こんなにも綾菜さんが怪しまれてしまったのはなぜだったのでしょうか。

番組では、日本中に“ヤバイ妻”という疑惑を抱かせてしまった綾菜さんの“しくじり”を大公開

世間に最悪のイメージを植えつけてしまった、綾菜先生の痛恨のミスとは何だったのでしょうか。

“ヤバイ妻”とイメージされた最初のミスは、家族や勤務先への報告前に婚姻届を提出し、その後も結婚を公表しなかったこと。

入籍から5カ月後にマスコミにすっぱ抜かれ“結婚バレ”したのです。

自らブログで発信したのですが、そこで使ったカトちゃんとのツーショットは、目を加工したプリクラ写真だったため、世間からはさらなる不興を買う結果となりました。

その後もしくじりを繰り返し、愛用の自転車がボコボコにされ、庭の木につるされるという嫌がらせも起きたというのです。

綾菜さんは、これらは自分の軽率な行動が招いた結果だと猛省。

「私は世間から遺産や保険金目当てだと言われていますが……」

と前置きし、

「貯金額は“チョットだけよ”」

と告白しています。

カトちゃんは、飲み屋で知らない人たちにおごったり、ラスベガスでVIP待遇されるほどお金を落としてきたため、綾菜さんが驚くほど貯金が少なかったというのです。

また今回、綾菜さんは、夫・加藤茶との出会いから結婚までの道のりを詳しく告白。

超大物芸能人のカトちゃんとどんなデートを重ねて愛を育んだのか、スタジオ仰天のデートとは?

さらに、しくじりまくった綾菜に襲いかかった戦慄の嫌がらせや、夫の闘病生活も激白。大病を克服した現在の暮らしぶりも明かしていきます。

闘病生活も…

カトちゃんの闘病生活についても激白しました。

カトちゃんは2014年に病に倒れ、3カ月の入院生活を送っています。

「俺が死んだらすぐに再婚して子どもを作りなさい」

と告げられたというのですが、綾菜さんの支えもあり、大病を克服。

この経験で夫婦の絆が強まり、最近は夫婦の仲を認めてくれる人も増えているというのです。

最後は、綾菜さん自身の言葉で、結婚や交際を反対されているカップルたちに向けてメッセージ。

「1日1日を楽しく生きていこうと思います」
「結婚は一生かけてするもの。仲良く暮らすには夫婦ならではの思いやりが必要」

と語っていました。

ネットの反応

「カトちゃんが幸せなら、どんな愛の形でも幸せなはずです。末長くお幸せに。」

「良く出来た女房だと思いますよ。旦那の病気に向き合って看病したり、世間のバッシングにくじけず、明るく前向きな気持ちも良いと思います。鈴木奈々が週に5日も泊まりにくるぐらいなのできっと温かい心の持ち主なのだと思います。加藤茶さんが幸せになれるのが、一番嬉しいことだと思います。こうしてみますと、本当に年齢の問題はお互いの愛があれば、乗り越えられるのだと思います。」

「正直ここまで加藤茶さんに尽くす人だとは当初は思わなかった。素晴らしい夫婦だと思います。」

結婚当初に比べて、綾菜さんに対する評価はずいぶん変わってきましたね。

おすすめの記事