「リアル婚活サバイバル」を標榜するアマゾンのリアリティー番組「バチェラー・ジャパン」。

若者を中心に人気番組ですが、やらせの疑いがあることが「週刊文春」の取材でわかりました。

出演者など複数の番組関係者が明かしたのです。

2019年秋にバチェラー・ジャパン3が放送

「バチェラー・ジャパン」は、セレブでイケメンな独身男性「バチェラー」が、数十名の女性と共同生活を送りながら、デートを重ねます。

最終的に1人の女性を選び、結婚を前提に交際するのです。

日本版は、アマゾンプライムビデオの看板番組として、2017年から放送が始まりました。

そして、2019年秋にはシーズン3が配信されたのです。

「人気の秘密は、『台本なし・予測不能の75日間』『人間、むきだし』と自ら謳う通り、一般の女性たちがバチェラーとの交際を求めて争うリアルさにあります。女性同士のギスギスしたやりとりや、バチェラーが用意する豪華なデートが話題を呼び、20代を中心に絶大な人気を誇っています」(スポーツ紙記者)

出演者がバッシングを受けることも

しかし、リアルさゆえに、出演者がネットでバッシングされることも少なくありません

シーズン3では、バチェラーの友永真也氏(31)が、デートで泳げない女性を池に飛び込ませる場面がありました。

これについて、「モラハラ」だとの声が相次いだのです。


同氏は「史上最低のバチェラー」と厳しい批判にさらされました。

しかし、番組関係者が明かすのです。

「実は友永氏の言動は、彼の意思によるものではありません。デートプランや会話に決められた筋書きが存在します」

別の番組関係者もこう語ります。

「『台本なし』ということになっていますが、実は存在します。女性を飛び込ませたシーンも制作側の指示でした。飛び込んだのは、放送では1回ですが、実際には何回も飛び込ませています」

LINE入手も…

「週刊文春」は、その証拠となるLINEを入手しました。

女性出演者たちのグループLINEには、次のような記述があったのです。

〈めちゃくちゃ汚いドブ沼に2、3回ダイブさせられたシーンもカットされてたし〉

出演者もこう語ります。

「私が早々に落とされるのは、事前に決まっていました」(出演者A子さん)

「女性同士が仲が悪いのも演出です。番組スタッフに『ちょっとギスギスした雰囲気を作って』などと言われていました。裏では、みんな仲良くお酒を飲んでいました」(出演者B子さん)

また、友永氏が最終回で選んだ水田あゆみさん(30)とすぐに別れ、別の出演女性・岩間恵さん(25)と交際していることを明らかにしました。

それについても、ネットで激しい批判にさらされているのです。

「これも友永氏はもともと岩間さんとの交際を希望していましたが、制作側の意向で水田さんを選ぶよう説得されたのです」(前出・番組関係者)

制作側の見解は?

こうした「バチェラー・ジャパン」の”やらせ“疑惑について、制作するアマゾンと吉本興業の関連会社・YDクリエイションに確認を求めました。

しかし、両社とも、個別の事実確認については否定も肯定もせず、次のように回答したのです。

「応募された皆様も1人の男性が真実の愛を探す旅を追うという番組コンセプトに共感し、ご自身の意思で参加いただいております。バチェラー及び女性参加者が自身の決断と合意に基づくという原理の下に制作しております」

リアリティー番組を巡っては、海外でも一般人の出演者が人気を博しています。


その一方で、その言動がネットで批判にさらされて自殺者が出るなど、社会問題化しているのです。

「バチェラー・ジャパン」を巡っても、出演者の自宅がネットでさらされました。

シーズンが進むごとに、炎上が過激化。

制作側の視聴者への説明が求められそうです。

ネットの反応

「当たり前でしょうが。知り合いの事務所所属の女の子が普通に出てるわ。こんなのを信じてる人は簡単に騙されるから逆に危険だと思うけど。ある意味想定内だと思うけど。真に受ける方が少々問題かと…」

「出演者が完全に素人だけだとしたら制作が意図する様な動きや言葉を出す事の方が難しい。そんな毎回綺麗なメリハリがある事の方が不自然だし。出演者に均等にエピソードが回る事が不自然。それは見てる方々も分かってて見てるんじゃないの?」

「あんな行き届いたスタイルの素人いないって。2、3人本当の素人入れてごまかしてるけど。普通にタレントの卵で事務所入ってるから素直に仕事として頑張るんでしょ。旅も出来て着飾れて、一見美味しい仕事っぽいけど、後々の事考えると決して良い仕事じゃない。」

ある程度の演出は当然ですね。

デートコースや内容をバチェラーが全て考えていたとは思えませんし、今回で一番面白かったのは友永構文で盛り上がったことでしょうか。

おすすめの記事