永遠の名作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』主人公のマイケル・J・フォックスの現在…がんばってるよ!

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズで主人公マーティを演じたマイケル・J・フォックス。

第1作の公開から、今年で35年。今月9日に59歳の誕生日を迎えたマイケルの現在を紹介します。

パーキンソン病に

マイケルは『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』(1990)に出演した後の1991年、当時29歳で体の動きに支障をきたすパーキンソン病と診断されます。

それでも、テレビシリーズ「スピン・シティ」に主演するなどしていたのですが、1998年に病気を公表。

2000年に同テレビシリーズから降板します。

同年、パーキンソン病研究のため、マイケル・J・フォックス財団を設立しました。

13年ぶりに復帰

一時は仕事をセーブしていたマイケルですが、2013年に「マイケル・J・フォックス・ショウ」で13年ぶりにテレビドラマ主演。

パーキンソン病のために引退したニュースキャスターの主人公に扮したのです。

2018年にはキーファー・サザーランド主演のドラマ「サバイバー:宿命の大統領」シーズン2に出演。

野心的で有力者と関係のあるワシントンの弁護士イーサン・ウェスト役を好演しています。

精力的に活動

昨年はNetflixオリジナル映画『シー・ユー・イエスタデイ』にカメオ出演。

タイムマシンを発明しようとする主人公に向かって「タイムトラベルか、そんなバカな」とあきれる教師を演じました。

また、2010年から2016年まで人気ドラマシリーズ「グッド・ワイフ」に運動障害を持つルイス・ケニング弁護士役で準レギュラーとして出演。

今年はそのスピンオフドラマ「The Good Fight/ザ・グッド・ファイト」シーズン4にも同じ役でゲスト出演するなど、病気と向き合いながら精力的に活動を続けているのです。

プライベートでは、1988年に女優のトレイシー・ポランと結婚。一男三女に恵まれています。

ネットの声

「すごいよ。パーキンソン病と闘いながら俳優という仕事をする。何年たってもバック・トゥ・ザ・フューチャーは、見ていると楽しいね。マイケル・J・フォックスとクリストファー・ロイドの組み合った楽しさが忘れられない。」

「good wifeでのケニング役は最高でした。役自体の設定が、パーキンソン症を患った弁護士の設定でした。見事なヒール役でした。彼でないとできない役だった。」

「マイケル・J・フォックスは好きな俳優さん。摩天楼はバラ色にとか大好きだった。だからグッドワイフでと聞いたときうれしかったなあ。」

マイケル・J・フォックスは永遠の青少年のイメージという人も多いでしょう。

バック・トゥ・ザ・フューチャーは忘れられない名作ですが、それ以降もたくさんの映画やドラマに出演していますよ。

おすすめの記事