中国様のための五輪が本音…バッハ会長痛恨の言い間違い

バッハ会長痛恨 日本人と中国人を言い間違い「最も大事なのはチャイニーズピープル」

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が7月13日、都内で東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長と面会しました。

隔離期間を終えて始動

23日の五輪開幕に向けて、8日に来日したバッハ会長は9日から11日の3日間の隔離期間を終え、行動規制期間に入りました。

用務先を指定した形での活動は可能となったため、この日から始動したのです。

「来日から6日が経ち、こうしてリアルでお会いすることができることをうれしく思う。ここまで準備の整った大会はない」と、日本側を持ち上げつつ「舞台は整った。あとはベストパフォーマンスをするだけだ」と、力を込めました。

痛恨の言い間違い

ただ、日本国内には五輪開催やIOCへの反発の世論も根強い中で痛恨の言い間違い。

「最も大事なのはチャイニーズピープル」と、中国人と言い間違えたのです。

すぐに「ジャパニーズピープルの安全だ」と言い直したのですが、議場は気まずい空気が漂いました。

最後は日本語で「ガンバリマショウ」と、呼びかけたのですが…。

会場は厳戒態勢

会場となったビルには複数の警察官が警戒にあたるなど緊迫したムードに包まれました。

14日には菅義偉首相、小池百合子都知事らとの面会が予定されています。

さらに、国連の休戦決議のスタートとなる16日には、広島への訪問が調整されています。

ネットの声

「こりゃバッハとベートーヴェンを間違えるくらいお粗末だなって言うコメントに笑ってしまった」

「アジア人なんて全部チャイニーズだろと心の底で思ってないと出ない発言」

「バッハは、コロナウイルス薬のときと同じように中国へのごますりの為に行なった計画的犯行だろう。日本国民と中国国民を言い間違える理由は雀の涙程もない故。」



おすすめの記事