一般道はバイクにとって危険がいっぱいだ。特に右直事故のなんと多いことか。比較的安全と言われる高速道も体がむきだしのバイクは1歩間違えると大惨事となる

信号の多い一般道

交差点に二輪車用停止線が設けられた国道。一時は二輪車用停止線が多く設けられていたのだが、すり抜けを助長すること、二輪専用停止線の周知不足による追突事故などから現在は減少傾向だ。


信号が青になった。加速する。次の交差点もまた赤信号だ

すり抜けをして二輪車用停止線まで出る。稀にだが道を空けて通りやすくしてくれる車もいる。そのときは軽い会釈か手を上げて挨拶をする。

信号が青に変わる。すーっと走り出す。けっして大げさな加速はしない。他のバイクがどんどん追い越していく。

交差点が近づいてきてバイクを減速させる。追い越していったバイクは先の交差点の赤信号で停まっている。

信号が変わった。こんどはこっちが停まっていたバイクを置き去りにする。

こういったギクシャクした抜きつ抜かれつが街中の一般道で繰り返される。そういったときは、走りの流れを組み立てるのもいいかもしれない。

赤信号のたびにアクセルを開けて加速して先頭に飛び出しても、次の信号でまた停止させられる。ギアチェンジをして足をつく。そしてまた発進。

こういった走り方は確かにめんどうだ。なるべくなら足をつかない走行のほうが楽でいい。そのため、いちいちフル加速していたらガソリンも無駄だ。

Stop&Goはできるだけ少ないほうがいい。だから、もっと横着になればいい。それでも、車に比べたらバイクのほうが格段に加速力はいいのだから

他の車の迷惑になることはない。街中での信号グランプリは無意味なのだ。

若いバイク乗りはそれが楽しいということなのだけど…。

若さがまぶしい。

そして、すり抜けるとき、道を開けてくれるドライバーに挨拶をする礼節は忘れないようにしたいドライバーも気分がいいはずだ

一般道を流すときでも、熟練バイク乗りは速い決して速そうに見えなくても速いのだ

何故速そうに見えないのか…。それは、動きが少ないせいなのだ。

無駄な動きが一切ない。そのためバイクもライダーも挙動が安定している

ある意味、武道の達人に通じるものがあるのだ。大げさに体をよじったり、バイクを派手に倒したりしない

フロントタイヤが持ち上がるような急加速や、フロントフォークが極端に沈むような急減速とも無縁だ。それでいて実際は速いのだからまさに達人の域。ベテランバイク乗りの走りというのはこういうものだ

こうしたことがわかってくると、挙動の大きいライディングはとてもリスキーだということがわかる。つまり、一般道では挙動の少ないライディングを心がけるということだ。

これを覚えるには、後ろに眠っている女性を乗せている気持ちでアクセル操作やブレーキ操作をすると効果がある。女性を起こしたら失格なのだ。

ベテランライダーが操るバイクなら、後ろの女性は安心して眠っていられるだろう。

高速道路の走りはどうする?

高速道路を走ると、左端を走っているバイクを追い越すことがある。初心者ライダーが高速を走ると、極端に左に寄る場合が少なくない

怖々と左端を走っているのだ。しかし、これだと逆に怖い思いをすることになる。真横をかすめるようにして車に抜かれてしまうからだ。

普通車ならともかく、大型トラックやバスにこれをやられると、風速や振動などで死ぬ思いを味わうことになる。バイク乗りは高速道路では車道の真ん中を走るようにしたい

できるなら一般道でもそうしたいバイクのキープレフトは道交法で決まっているわけではない。キープレフトは教習所と試験場のみのルールなのだ。


それでも、脇をかすめて追い越していく車に出くわす。腹を立てて追い抜き返すバイク乗りもいるかもしれない。

そんなときはパッシングしてもいいだろう。パッシングライトに腹を立ててドライバーが殺人に及んだケースもあるが…。

路上はいろいろな人間が往来している。ふだんは温厚な紳士淑女でもハンドルを握ったとたんに豹変することも珍しくない。

高速道路をバイクで走っていると、ドライバーはスマホで話し中であったり、あろうことかWebチェック中だったりすることさえある。

バイク乗りは走行中、バイクを操ることしかしていない…頭の中で何を考えているかわからないが…。新幹線なら、本を読んだり音楽を聴いたりといったことができる。

飛行機なら映画を見ることができる。車の場合、音楽を聴くことが一般的だが中にはテレビを見ている輩もいる。

寸暇を惜しんでスマホをいじっているドライバーを見ると心底怖くなる。

バイク乗りの場合はせいぜい脳内カラオケをするくらいだろう。

それでも、流れゆく風景を楽しみながら、ライディングにすべての神経を集中させることの楽しさを感じることができる。また、高速道路では車がパイロンに見える…というくらいに高速で飛ばすバイク乗りもいる

高性能の逆輸入車に乗っているとそんな走りもしたくなる。免許がいくらあっても足りないと思うのだがそれは自己責任で…。

大型バイクの場合は、アクセルをひとひねりするだけで、信じられないような加速をするあっという間に車を置き去りにすることができるだろう。

自分ではかっこいいと思う。しかし、速いのはバイクであって決して自分ではないある程度度胸があれば誰でも速く走ることができるのだ。

かっこいいと思っているのは自分だけなのだから、正しい客観性を持ってほしい

思いやりと礼節と

それでも若いうちはしかたがない。そうしたいと思ってバイクに乗り始める人がほとんどなのだから

そして、いつか気づく。傍から見て「危ないな」と思われないのがうまいライディングであることを

理想としては「あれ?今何か通り過ぎていった??」くらいの素早さやさりげなさを追求したい。

この考え方に沿えば、高速道で車を追い越すときは車間距離を十分にとってゆるやかなラインで追い越すといった答えが導かれる。

決して割り込みはしない…。高速道ではこれは鉄則だ

割り込みをするバイク乗りもドライバーも自分の運転の未熟さを周囲にさらしているようなものだ。

割り込みをしないということは、だれも不愉快な思いをしない。

追い越しにかぎらず、さまざまなシチュエーションで思いやりと礼節あるライディングを追求したい。

おすすめの記事