ライダーは慎重に運転を…あまり事故が多いと二輪免許の規制強化が始まるよ

コロナ禍によるバイク死亡事故増加で二輪免許の規制強化が始まる可能性も!?

コロナ禍の影響を受けてバイク事故が増えています。

それを裏付けるニュースが連日のように飛び込んでくるのです。

東京で倍増、北海道は3倍増、神奈川では4割に迫るバイク死亡事故

東京都内のバイクによる死亡事故は8月末までに26件で、去年の同時期と比べて倍増傾向。

新型コロナウイルスの感染が拡大してから都内では全体的に交通量が減少し、

交通事故の件数も減った一方で、バイクや自転車による死亡事故が増えているそう。

警視庁はスピードの出しすぎなどが増加の原因とみて注意を呼びかけています。

北海道内でもバイク事故が相次ぎ9月6日だけで3人が死亡。

道警によると、当日時点で今年の交通事故による死者数88人のうち22人がバイク事故のよるもので、全体の25%を占めているということです。

原付を含むバイク事故の死者数は昨年同期の8人を大きく上回り、例年平均の約3倍に急増しているというのです。

また、神奈川県でも交通事故死者数は9月末時点で103人と前年同期比7人増。

9月末時点で愛知県、北海道に続きワースト3位とのこと。

神奈川県はバイク事故による死者が多いのが特徴で、9月末までの死亡事故の36.9%がバイクによるものでした。

これは19年の全国平均15.9%に比べても突出して大きな割合になっているそうです。

例年10~12月は事故が増える傾向にあるため県警がSNSなどを通じて注意喚起を促しています。

コロナ自粛の反動によるツーリングの増加も影響か

全体傾向として、新型コロナの感染が拡大した4月以降は外出自粛などにより事故件数は減っていたのですが、

6月以降に移動に関する自粛要請が緩和されたことで、再び増加傾向に転じているようです。

長引く外出自粛への反動などもあるでしょう。

溜まったフラストレーションをバイクに乗ることで発散させる人が増えたことも影響しているようです。

前述したように、風光明媚なツーリングのメッカとして知られる北海道や、

首都圏からも箱根や富士方面へとアプローチしやすい神奈川県内でのバイク事故が増えていることがそれを物語っています。

休日になると、バイク乗りの間では有名な観光道路やワインディングロードでの事故のニュースが後を絶ちません。

二輪免許の規制が強化されないとも限らない

危惧しているのは、バイク事故増加による悪影響です。

大昔はクルマの免許さえ持っていれば排気量に関係なくバイクを乗れた時代もありました。

しかし、国内でも“ナナハン”の登場などにより大排気量化・高性能化が進むにつれ、バイクによる交通死亡事故が増加。

暴走族の激化も絡んで社会問題になったことが原因で、二輪の免許制度が一気に厳しくなってしまったのです。

1975年以降に導入された、いわゆる「一発試験」がそれで、大型自動2輪免許(400cc超)を取得するためには、

運転免許試験場でいきなり技能試験に臨むか、あるいは中型自動2輪免許(中免)からの限定解除のみになりました。

いずれにしても、合格率3%以下と言われるほどの難関で「落とすための試験」とさえ言われたほどでした。

実質的には大型バイクに乗るライダーを増やさない目的での法改正だったのです。

その後、1996年の免許制度改正により指定教習所で大型二輪教習が開始され、

容易に免許が取れるようになるまでに実に20年の歳月がかかったのです。

そのおかげで大型二輪免許の保有者数が飛躍的に増加し今の大型バイクブームがあるのですが、

その一方で再び大型バイクによる事故が増加しているのは皮肉なことです。

しかしそうなると、お上も黙ってはいられないはずで、再び規制強化への動きが始まらないとも限りません。

このまま死亡事故が相次げば、取締りも益々強化されるでしょう。

バイクはやはり危ないから封じ込めておいたほうがいい、という世論に傾くことだってあり得るのです。

記憶に新しいところでは、東名高速での死亡事故がきっかけとなり「あおり運転」が厳罰化され、6月30日から「妨害運転罪」が施行されています。

もし今のタイミングで、無関係な歩行者などを巻き込むバイク事故が起きたとしたら、世間はどう思うのか…社会はどう反応するのか…。

ライダーには、今そういう局面にきているかもしれないという危機感を持って、さらなる安全運転に努めていくしかありません。

おすすめの記事