バイク乗りにとって夏の暑さは熱中症の比じゃないかも…

夏のバイク乗りに勧めたい!涼しいインナーはなぜ涼しいのか

エアコンの効いた部屋でバイク乗りたい

梅雨が終わればバイク乗り的にはシーズンであり、地獄のような夏が始まります。

夏のバイクウェアと言えばメッシュジャケットというのはもう皆さんおなじみでしょう。

ではインナーは?Tシャツ?HOT LIMITスーツ?時代は吸熱系インナーなのです。

今回は冷感インナーが涼しい理由についてご紹介します。

接触冷感は最強か

最近接触冷感という言葉を多く聞くようになりました。

接触冷感とは触れた時に冷たく感じる効果のことを言います。

仕組みとしては、素材そのものが冷たいわけではなく、

触れた瞬間に身体の熱が素材に移動(=奪われる)することで、涼しくなるというものが殆どです。

基本は熱は高い方から低い方に移動する。という性質を利用しています。

着るだけで涼しいとか最強じゃん!と思っちゃいますよね。

しかし、注意すべきポイントがあって、接触冷感が最も効果を発揮するのは触れた瞬間であるということ。

万能ではないのです。

バイクで長時間走行する場合は接触冷感以外にも、大切な要素があります。それが吸水速乾とUVカット。

吸水速乾はサラサラなだけじゃなく涼しい

人間は汗をかくことで、身体の熱を放出しようとします。

汗で熱が下がるのは、汗が皮膚の上で蒸発する時に熱を奪う(気化する)からです。

吸水速乾生地は、この時に発生する汗を吸収し、素早く蒸発させるというもので、

普通に汗が気化するのを待つよりも効果的に身体の熱を奪い、結果涼しくなるというわけです。

また、汗をかいて濡れた状態が続くと蒸れにつながります。

蒸れると余計に暑く感じますし、そもそもべたべたで不快極まりない。

快適なライディングを実現するためにも吸水速乾機能は必須!

UVカットも忘れちゃいけない

UV・紫外線を浴びすぎるのは身体によくないというのは皆さんご存知のはず。

肌の老化を早めたり日焼けしたりと、

ピチピチお肌維持の観点からも正面から紫外線を受け止めるというのはおすすめできません。

日焼けをするとその部位がヒリヒリ痛みを伴ったり熱を持っているように感じて不快なので、

対処できるのであればしておくべきでしょう。

頑張って走った後の温泉でヒリヒリするとか悲しい。

そこで役立つのがUVカット生地を使用したインナーです。

UVカット生地はいずれも、有害な紫外線が地肌に届かないようになっている生地のことで、

紫外線を通しにくい色ということで黒が多いです。

インナーのほかにUVカットアイテムとしてはクリーム状のものもありますが、

汗や擦れて落ちてしまうことを考えると、インナーとして着用するのが効果的です。

結論!勝負はどれだけ熱を奪い続けられるか!

夏のインナーで目指すべきはどれだけ身体の熱を奪い続けられるかです。

その時に気を付けるべきなのは、持続する吸熱効果です。

汗による冷却メカニズムを利用し、熱を奪う吸水速乾はその最たる例です。

最近ではキシリトールの特殊プリントを施して吸熱するインナーも登場するなどアプローチはいろいろ。
(キシリトールは水に溶けると温度を下げる性質がある。)

いずれも、身体から発生する水分(汗)を活用した吸熱効果は持続性が高い傾向にあるので、

探すときは涼しい原理にも注目しましょう。

バイクに乗る際はやはりライディングに適した形状のバイク用インナーを着用するのが好ましいですが、

アウトドア用品やワークウェア、スポーツウェアの分野でも使えるものがあります。

涼しく快適な夏ツーリングを実現するためにもインナーで工夫しましょう!

ネットの声

「何をどうやっても暑いのは仕方がない…だからバイク乗りは北海道を目指すのでは?」

「ときおり入るトンネルの冷気が心地良い」

「走り出して熱風しかこないときは、どうしようもないよね」

立ちくらみコケだけはしないように気をつけましょう。

 

おすすめの記事