温厚な関根勤が怒った!?爆問太田が27時間テレビでやらかした!?

11月の2,3日にまたがって放送されたFNS27時間テレビ。

毎回お笑い芸人総出の「大宴会」の様相だったのですが今回に限っては視聴率5.8%の大惨敗となりました。

その中で爆笑問題・太田がやらかして総スカンとなったのです。

視聴率は惨敗…

3連休中の2~3日にかけて放送された「FNS27時間テレビ」(フジテレビ系)。

平均視聴率が、昨年の7.3%を1.5ポイント下回ってしまいました。

同番組歴代ワーストの5.8%だったのです(関東地区・ビデオリサーチ調べ)。

87年に「FNSスーパースペシャル 一億人のテレビ夢列島」としてスタートした同番組は今年で33回目を数えます。

例年夏に放送されていたのですが、今年は初めて11月に放送となりました。

3年連続でビートたけし(72)と「関ジャニ∞」の村上信五(37)を総合司会に据え、「にほんのスポーツは強いっ!」と銘打ち、スポーツをテーマに挑んだのです。

しかし視聴率は5.8%の大惨敗

放送ジャーナリストの小田桐誠氏はこう語ります。

「毎年、テーマを変えて放送しているようですが、企画の目新しさもないし、どこかスタート当初の単にテレビでバカ騒ぎをしていたバブルの頃のノリが残っています。制作費の関係もあるでしょうが、生でやる意義も感じられません。いろいろ思うところはありますが、ライバルの日テレの『24時間テレビ』は、一応はチャリティーという大義名分がある。対する『27時間』は完全に時代にそぐわない番組になっていると思います」

8月24、25に放送された日本テレビの「24時間テレビ」は平均視聴率が16.5%でした。

「長時間番組にはやはり大義が必要なんだと思います。ただし、普段は平均視聴率3~5%と低迷しているフジにとって、CMスポンサーからの“ご祝儀出稿”があるはずですから、この番組も必要なんでしょう。しかしそれも限界がきているはずです。今の視聴者はHuluやNetflixのトガったバラエティーやドラマを見て目が肥えてきているので、安易な企画では付いてきませんよ」

と、日テレ制作関係者が語りました。

爆問・太田光が大暴れ

爆笑問題・太田光(54)も「FNS27時間テレビ にほんのスポーツは強いっ!『さんまのお笑い向上委員会』」に出演しました。

その中で、今年のワイドショーをにぎわせた「吉本不祥事ネタ」をこれでもかとブッ込んだのです。

トークの最中では、突如「宮迫ー!一緒に日本へ帰ろう!」と叫ぶ太田

スタジオがザワつきだします。

今田耕司(53)が「徳井の名前も呼んだれや!」とツッコむ…。


何とも反応しづらい状況に、多くの芸人がとまどいの表情を見せたのです。

宮迫は復帰の可能性もあるし大笑いができませんからね。

太田はさらに「テープ回ってないよね」と、吉本興業・岡本社長を思い出させるような切り返しで応酬…。

“吉本不祥事ネタ”のオンパレードに、さすがのさんまも「やるな!お前は~!(ネタが)古いわ」とツッコミを入れていたのです。

太田は「まだ、許してないですよ!この反社会興行のこと!」としつこく畳みかけます。

次に狙われたのはステマツイート騒動でここ最近世間を騒がせている「ミキ」昴生(33)。

「振ってくんな」と返すと、スタジオから笑いが巻き起こったのです。

出演する芸人は皆、スポーツに関するコスプレで登場していたのですが、昴生が扮するのは“ヤワラちゃん”こと田村亮子。

それを見て太田は「『反社でも金、京都でも金』って言ってました」と、うれしそうにMCの明石家さんま(64)に報告。

昴生は「言ってないし…(そんなネタで)スベんな!」と太田に文句タラタラだったのです。

関根勤からも怒られた

太田は

「(27時間テレビ出演は)俺は楽しかったですけど、非難ごうごうでさ。嫌んなっちゃった」

と切り出しました。

「まさかあんなに空回りするとは思わなかった。途中で『俺、ハムスターなのかな』って思って」

と自虐気味に明かした。

司会のビートたけし(72)に「何やってんだ、お前」と言われたと話しています。

さらに、「さんまのお笑い向上委員会」のコーナーでは、スタジオに入ると、すでにさんまが怒っていたというのです。

『何やってくれてんねん』みたいな感じだったようです。

また、さんまがフジテレビの社長に表彰された時にも飛び込もうとして、お笑いタレントの今田耕司(53)に制止されています。

「俺が行こうとしたら、今田に袖引っ張られて。今田が袖引っ張るってのは、よっぽどだなって」

と言って笑っていました。


きわめつけは、「出番、行く場所間違ってるかなあ」と話していたところ、普段は何でも笑ってくれる関根勤から、無表情で

「太田君、あのね、全部間違ってる」

と言われたというのです。

相方の田中裕二(54)が「仏の関根勤さん」と言うほど温厚な先輩です。

「全部、行くべきところじゃないんだよ。全部行かない方がいいんだよ」

とピシャリといわれたというのですから。

CM中には、さんまからも

「関根さんがここまで言うのは滅多にないぞ」

と諭され、さすがの太田も「ヤバいのかな、これは本当に」と思ったと振り返っていました。

ネットの反応

「正直、太田がわちゃわちゃすると変な空気になることが多い。面白い と思ったことがあまりない。」

太田はほんとに空気が読めないと思う。いい歳して不愉快になるような騒ぎ方はやめた方がいい。普通なら干されてもおかしくないんだけどな。個人事務所でそんなに力があるとは思えないし。奥さんがよっぽど優秀なのかね。「」

「暴走するのが売りな人だけど違うコーナーに意味不明に現れたり進行を妨げ変な空気に飛び出したりしたら普通に怒られるでしょ。録画ならカットだけど生放送だし。しかもTVを見ていても変な空気にして面白く無いし...暴走して騒ぐと笑いは紙一重とは思うけど大田の行動は駄目!そりゃ関根さんも怒るよ」

大勢の中では太田がかきまわしてくれるというある意味怖い期待感もあるのでは!?

おすすめの記事