タレントの板東英二(79)が1月22日放送の『水曜のダウンタウン』(TBS系)に出演。

「子供からもらった松ぼっくりを家まで持ち帰らざるを得ない説」の検証ロケを実施しました。

ドッキリを仕掛けられた板東英二

仕掛人の親子が登場し、子供から受け取った松ぼっくりをどうするかが試されました。

その際、「厳しさ代表」として登場した彼の言動が物議を醸していのです。

初めに親子が駆け寄ったところ、板東は母親と握手をして子どもを抱き寄せました。

親子は「お礼」にと、子供の宝物である松ぼっくりを板東にプレゼントしたのです。

しかし板東はロケバスに戻ると、すぐに松ぼっくりを捨ててしまいます。

その後も再び親子から写真や握手を求められるも、拒否して立ち去ってしまったのです。

ギャラさえ入れば…

この段階で、スタッフが板東にロケが偽物だと暴露します。

「何の番組かわかりますか?」

と尋ねられると、坂東は

「知りません。ギャラくれたらそれで十分」

と言い切ったのです。

さらに「なぜ松ぼっくりを捨てたのか」と問われると、「宝物は土に還すことが大事」と持論を述べたのです。

ドッキリだと分かると

さらにロケが“ドッキリ”だったことから、坂東は

「作り物は映画やドラマでもう十分」

と憤慨。

「僕が差別用語や余計なこと言ったら絶対カットするじゃないですか」

と熱弁し、スタッフを慄(おのの)かせたのです。

最後には

「僕がこれから言うことを絶対使い(放送し)ますか?」

と、スタッフににじり寄る板東。

そして目を見開き、

「使わなかったら2億円下さい」

と署名まで要求したのです。

一連の様子をスタジオで見ていた松本人志(56)は、「あいつヤベーな」と驚いていました。

「板東さんは、昨年6月にも同番組で“ロケに素人が乱入する”というドッキリ企画に出演。その際に本気で怒ってしまい、放送をカットすることになったのです。スタジオで見ていた出演者からは、『これ流していいの?』と驚きの声が上がっていました。そうした経緯から『厳しいとわかっていた板東さんを“いじる”企画にも問題があるのでは?』と疑問の声が上がっています」(テレビ局関係者)

放送後、Twitterでは「板東英二」がトレンド入りするほど視聴者の注目を集めました。

《板東英二怖いな。。こんなだったかな》
《水曜日のダウンタウン見てたけど、板東英二はテレビ向けじゃないな》

いっぽうで、こんな声も上がっていたのです。

ネットの反応

「確かに小さい子に対して酷な対応とは思うが、坂東側の言い分にも一理ある。テレビ局は坂東がこういうリアクションを取ると分かってて仕掛けてるんだから、坂東は期待に十分応えている。あれが視聴者を不快にさせているなら、それを放送したテレビ局が一番悪い。

あと、勝手に人に物を渡して大事にしてね捨てないでねというのは、一歩間違えばストーカーの論法。捨てるのも断るのも自由であり、捨てられたからと言って非難するのはおかしい。番組制作者だって、僕の発言を要らないと思ったらカットするでしょ、そういうことを彼は言っているんだと思うよ。」

「なんだろう。板東さんが気持ち悪いという意見はわかる。でも板東さんみたいな徳の低さの実績がある方をはめて晒して笑うという番組の作りが、イジメっぽくって板東さん以上に気持ち悪くも感じる。水ダウは結構おもしろい企画もあるのだけど、こういう回は低俗だなぁと感じます。」

「世の中には色んな考えを持った人がいます。坂東さんみたいな人もいるでしょう。それをとやかく言う必要は一切なし。殺人鬼のような取り上げ方だけど、そこまでひどいこと言ってないですよ。皆、多かれ少なかれ同じような事しますよね。まだ食べられる食材を平気で捨てたり、人にもらったものを転売したり、少しの傷が入っただけの商品を廃棄したり、、、。
テレビでも前後の文脈をバッサリカットして放送したり、、、。」

板東英二をよく知っている人はこの対応にも納得できるのでは?要は人間性の問題ですね。

しかし、ドッキリというのはほんとにだまし討ちのような気がして気分のいいものではありません。

おすすめの記事