いまどきのクルマの板金塗装は一筋縄ではいかない…町の修理工場から悲鳴も…

鈑金職人の悲鳴! いまどきのクルマが「町の修理工場」の「手に負えない」理由とは

先進安全装備が付いたことで交換や修理は難しくなった

クルマをぶつけたり、傷つけたら、鈑金塗装の工場に持ち込んで直してもらうというのが一般的です。

ディーラーに出しても、結局は出入りの業者に出すので同じだったりします。

つまり街で見かける鈑金塗装工場が直すというのは変わらないわけですが、最近、対応できないという声がよく聞かれるようになってきました。

叩いたり、ボディパネルを交換して、パテで修正したら塗装で仕上げるのは今も昔も変わらない気がするのですが、

現場ではなにが起こっているのでしょうか。

色々と聞き込んでみると、一般ユーザーが想像できないほどの変化が起きていたのです。

1)バンパーやグリル交換が大変

衝突の衝撃で浮き上がるボンネットを戻すにはかなりコストがかかります。

ご存じのように、フロントまわりには安全装備のセンサー類やカメラが大量に付いています。

今までは交換となると外して付け替えるだけだったのですが、最悪の場合、センサー類やカメラも交換しなくてはいけません。

さらに、作動するようにセッティングや初期化も必要になり、もはや鈑金塗装も範囲を超えたノウハウが必要になるのです。

また最近増えているのが、衝突の衝撃で浮き上がるボンネットを戻すのが手間も費用もかかるということ。

細かくは紹介しませんが、かなり大変なようです。

2)直し方にもメーカーからの指示

衝突安全性の基準を保つために直し方にもポイントがあり、作業の手間がかかる…。

センサーだけでなく、ボディ骨格自体も衝突安全を考えて作られています。

直す場合も、この基準を維持できるように、メーカーから直し方マニュアルが出ていて、それに沿って直す必要があるのです。

もちろん、従わない業者もあるにはあるでしょうが、ディーラー、保険会社からの仕事を受けるとなると、従うしかないでしょう。

もちろん手間はかかるはずですが、それをすべて請求できないのが実情なのです。

3)水性塗料

水性塗料は溶剤系に比べて乾きが遅い。

今までは溶剤系の塗料を使っていましたが、体によくないということで、すでに自動車メーカーのラインは水性塗料に切り替えています。

補修の現場も義務化に向けて準備がされているのです。

水性でも塗るのは同じだろうと思うかもしれません。

しかし、乾きが悪いので特別なブースを使う必要があるので、設備投資が大変です。

もちろん塗料をすべて買いなおさないといけません。

4)高張力鋼板&樹脂パネル

高張力鋼板はメリットが多いため採用が増えているが鈑金するのは難しい。

張りが強くて剛性が高められ、薄くできるので軽量化にもつながるということで、採用が進むが、鈑金がとても難しいのです。

叩くのはよほどの熟練でないとダメで、溶接機も対応のものでないとダメ。

またパテも専用品を使います。

樹脂パネルは成形技術の向上や軽量化のために、フェンダーやバックドアなど、剛性に関係ないところは樹脂化が進んでいます。

もちろん鈑金できないので、総取り替えするしかないのです。

どちらも基本はパネル交換で対応することが多いのですが、費用がかさむのでトラブルの原因になることもあるとのこと。

5)個性的なボディカラー

塗り方によって色の深みを出すボディカラーが増えている。

補修で塗る場合はメーカーからの基本データをベースに、色あせなどを考慮して現物合わせをして調色します。

最近は個性的な色味が多く、調色は苦労しつつもできるのですが、マツダのソウルレッドのように塗り方で深みを出している色が増えています。

町の工場ではさまざまなクルマに対応するので、塗り方まで特殊だと対応するのが大変となるのです。

6)価格高騰

ボディパネルの価格はどんどんと高くなるし、そうなると中古に目が行くのでこちらも高騰。

ものがあればいいのですが、入手もしにくくなっているという声も多いのです。

さらに塗料も同様に高くなっていて、人件費もかさみます。

というよりもかさむ以前に新人があまり入ってこなくなったので、万年人手不足となっているのです。

高くても保険を使うからいいのではと思うのですが、払うほうの保険会社も商売だけに「ハイどうぞ」とはいきません。

交渉を重ねることも多くなっているのは周知の通りです。

ディーラーの仕事も当然、マージン分差し引かれるので利益を確保するのは大変とのことです。

ネットの声

「元鈑金工ですが、昔ながらの修理機器や工法が対応出来たのは平成10年代位まででしたね。
勤務先でも、機器新設の負担が大きいことと全体的の仕事量が減って工場維持が困難になり、数年前廃業になりました。
なので、この業界で自立してやるのはかなり厳しいです…」

「中には塗料自体が高すぎて、その上、塗りが難しく再現が困難で修理費が高くなり過ぎ、新車を買って下さいと言われる車がある、皆さん任意保険にはしっかり入って下さい、とある塗料メーカーからの情報です。」

「本当に 最近の車は センサーやらカメラやらと色々付いたよなぁ。高くなったし昔の車の方が良かった なんて懐古主義ではないけど、すぐ乗り換えさせようとする国やメーカーのやり方に屈するのはシャクだな。」

ちょっとしたことでも修理代(板金塗装代)が高額になっています。

おそらく対応できるところに回してるのだと思うのですが、ぼったくりに近い金額には閉口しますね。

おすすめの記事