今さらだけど宝くじの連番とバラはどっちが当たりやすいの?

宝くじの「連番」と「バラ」、1等が当たりやすいのはどっち?

宝くじの買い方には「連番」と「バラ」の2種類があるが、どちらが1等に当たりやすいでしょうか。

正解は「どちらも同じ」です。

ただし、1等の当せん確率は同じでも、前後賞が絡んでくると、当せん確率はそれぞれの買い方で異なってくるのです。

前後賞含めると夢の5億円

現在、「ドリームジャンボ宝くじ」と「ドリームジャンボミニ」の2種類のジャンボ宝くじが発売中です(6月4日まで)。

ドリームジャンボは1等3億円、1等の前後賞1億円で、5億円の夢が広がります。

ドリームジャンボミニは1等3000万円、1等の前後賞1000万円で、5000万円が狙えます。

10枚セットで考えると

たとえば10枚セットで買う場合、連番で購入した中に1等があれば必ず前後賞の両方(もしくは片方)も一緒に当たるので、得られる賞金額はバラより2.5倍も多くなります。

一方のバラの場合、1等と前後賞の総取りはできない代わりに、1等もしくは前後賞のいずれかが当たる確率は連番の2.5倍となります。

3連バラがおすすめ

ジャンボ宝くじには、そんな連番とバラの長所をどちらも狙える買い方があります。

それが「3連バラ」だ。最低30枚の購入が必要となりますが、「バラで連番3枚を10通り買う」という買い方です。

バラでありながら、1等と前後賞が当たる可能性が10通りも用意されているのが特徴。

この「3連バラ」は、宝くじ売り場でも公式サイトでも買えるので、30枚以上購入する予定のある人は、チャレンジしてみてはどうでしょうか。

ネットの声

「そんなにたくさん買うわけではないので、連番だと一枚見たたけでほぼ結果が分かってしまうのでつまらないのと、前後賞まで含まなくても少しでも当たったらいいなとの思いからバラでしか買わないけど、バラで可能性を広げてもほとんど当たらないし当たっても少額しかない。高額当選者に渡されると言う『その日から読む本』が読みたいな。」

「宝くじは、当選すれば嬉しいが本当は当選発表までの時間を買っていると思ってる。当選したら、あれを買おうとか子供にいくらあげようとか、こういう事業しようとか。色んな妄想・空想を当選発表までの時間にする。例え1枚でも発表の時間までは夢を買える。そう思えば、時間の有効利用とし外れても仕方ないと思える。」

「ジャンボではないけど、3等50万円なら当たったことがあります。50万でも、すごく嬉しかった。三千円なら年に3回くらい当たります。それでも嬉しい。買わないと当たらない。私の場合は、宝くじは毎回10枚しか買いませんが…いつか、高額当選してみたいなぁ、夢ですね。」



おすすめの記事