閉店するマクドナルドに2軒隣のバーガーキングが送ったメッセージが感動的…

でもちょっと待って!

ライバル店にエール

マクドナルド秋葉原昭和通り店が1月31日18時をもって閉店しました。

その告知を受け、2軒隣のバーガーキングがマクドナルドの労をねぎらうポスターを掲示したのです。

このエールを送る様子はTwitterで拡散され、一時は感動を呼んだ…のです。

しかし、、

「実は痛烈なメッセージが隠されていないか?」

と、気付いた人々をざわつかせたのです。

【画像】おわかりいただけたましたか?

縦読みすると…

マクドナルドの店頭告知は「22年間のご愛顧ありがとうございました」と感謝を伝えつつ、

「See you」と去るドナルド・マクドナルドの後ろ姿を掲載。

「楽しい食事やおしゃべりは、これからも……」と、秋葉原駅前店など近隣店舗の情報も載せています。

これに対し、バーガーキング側はアンサーソングのようなポスターを制作。

デザインを真似て「22年間たくさんのハッピーをありがとう」と題し、

「Thank you」と深々頭を下げる店員のイラストを掲載したのです。

これだけなら、去りゆくライバルへの粋なメッセージに思えます。

しかし、少々引っ掛かるのが本文の文面。

真意は不明だけど

以下に全文引用しますが、不自然に平仮名で書かれた「ちかくに」やら、「のいない」と文頭が助詞で始まる改行やら、意図的ななにかを感じます。

そう、文頭を縦に読むと、「私たちの勝チ」という勝利宣言が浮かび上がるのです。

私たちの2軒隣のマクドナルドさんが今日で最終日を迎えます。たがいに良きライバルとして。アキバを愛する仲間として、アキバを愛する仲間としてちかくにいたからこそ、私たちも頑張ることができました。マクドナルドさんのいないこれからを思うと寂しさでいっぱいです。どうかみなさん、勝手なお願いですが、今日は彼のところに行ってください。ずっと背中を追い続けたチャレンジャーの私たちから、スマイルを込めて。お疲れさまでした。

※読むだけだと何か不自然ですね

ポスターの真意は測りかねますが、コラボメニュー「マックワッパー」を提案して断られたり、ハロウィーンに店舗を丸ごとマクドナルドに仮装したり…

以前からマクドナルドを意識した企画を展開しているバーガーキング。

それだけに複雑な思いが詰まっていそうです。

Twitterでは

「いい話だなと思って見ていたら、途中で縦読みに気付いてゾッとした」
「敵に塩を送るどころか、傷口に塩をすり込んでいて引いた」
「比較広告の類は日本人には受け入れ難いところもあるけれど、互いの宣伝になる面もある」

など、さまざまな意見が上がっています。

ネットの反応

「どうなんだろう。シャレがきいてて面白いと思うけど、日本人には受け入れにくいラインかも。「私たちの勝ち?」くらいの程よさが馴染むかも。」

「商売人らしくて良いと思うけどね。ニヤリって感じで。自分が負けた側だとして、哀れに見られるのって屈辱じゃない?ドヤ顔で見送られるくらいで良い。戦場移してこれからも戦う相手だし。」

「まあこれをどう受け取るかは人それぞれだと思うがね。たぶんここの店舗同士なりのねぎらいなんじゃないんかね?そんな悪意敵意むき出しで広告うつほどファストフード店として落ちぶれていないでしょ。ましてや世界的チェーン店なんだし。それを悪意と見なすか彼らなりの表現と見なすかは広告を見る側の自由だがそこまで痛烈に批判するものでもないんじゃないかね。まあ、日本人はこのような冗談が通じない人種な傾向にあるのは否めない点はあるけどね。」

そもそも負けたから閉店なのか…というのもありますけどね。

おすすめの記事