バリウムは胃のレントゲン撮影のときに飲むものです。

健康診断ではつきものとされていますが、これは35歳以上になれば健康診断で胃のレントゲン撮影が行われますので、35歳までの人には馴染みがないかも…。

法定健診ではないので、会社の方針で年齢に関係なく健康診断の中に組み込まれている場合もあります。

胃がんの早期発見に必要ですし、影などが見つかれば胃カメラからピロリ菌の発見まで行われています。

多方面において影響のある物質がバリウムと言っていいでしょう。

バリウムを使うのは何故?

胃のレントゲン撮影の前日は9時以降の食事が禁じられています。

それは胃のレントゲン撮影のときに胃の中を空っぽにしておかなくてはいけないからです。

また、事前に牛乳のような白い液体、それがバリウムなのですがそれを飲むのは胃の中で転がして影がないかを探すためです。

ですから、ベッドの上で横になったり寝そべったり体の移動をしなくてはいけません。

そのときにゲップをしないように指示されると思いますが、バリウムの中に発泡剤が含まれているためです。

胃を膨らませるためのものですから、ゲップをした場合は追加で発泡剤を飲まなくてはいけなくなります。

それと、バリウムが白いのは見やすさのためとされています。

確かに白黒の写真撮影ですから、白い方がわかりやすいですからね。

バリウムと下剤がセットの意味は?

胃のレントゲン撮影の後ですぐに大便となってバリウムを排泄できればいいのですが、長引くと腸の中でバリウムが固まってしまいます。

それを避けるために胃のレントゲン撮影の後に下剤を飲まなければいけません。

前日の夜から絶食していると思うので、レントゲン後は食事をして下剤を飲む…。

たいていの場合はこれで便意をもよおすはずです。

バリウムを排出できなければどうなるの?

下剤を飲んでもバリウムを排出できない場合があります。実際はトイレで強くいきんででも排泄したほうがいいでしょう。

どうしても排せつできない場合、そのときは冗談ではなく浣腸などの手段に出てもいいでしょう。

当日中に排泄できなかった場合は医師に相談した方がいいです。

排せつできない場合は腸閉塞などの病気になる場合もあります。。

市販の便秘薬では効果が少ないのでまずは病院に行くことが肝心です。

まとめ

健康診断につきもののバリウムですが、胃のレントゲンよりもバリウムのほうが話題になるのは、撮影後に如何にバリウムを排出するかが問題になるからです。

心配な人は大変ですが、強めの下剤をもらうようにしましょう。

浣腸というとそこまで?と思う人もいるかもしれませんが、バリウムを排出できなかったための死亡事故も発生しています。

当日中に排出できない場合は病院に行くようにしましょう。

おすすめの記事