意外と知らない!「間違いだらけの洗濯術」バスタオルはすぐ洗わないと黒カビ発生!?

「いざ使おうと思ったら、なんとなくニオイが気になってしまった……」ということはありませんか?

バスタオルは大きいので、いつどのタイミングで洗えばよいのでしょうか。

正しいバスタオルの洗い方と干し方を紹介します。

かごに放置しない

バスタオルにニオイが発生するのは、実は雑菌の繁殖によるものです。

洗濯のときに汚れが全部落ちていないと、それがあとになって臭うことがあります。

また、タオルは水に濡れると菌が増えていきます。そのため、お風呂上りに使ったバスタオルは、実は菌でいっぱいなのです。

そこで、使用後は放置せず速やかに洗いましょう。

しかし、家族が多いと毎回バスタオルを洗うのは難しいでしょう。

それでも、2日に1回ぐらいは洗いたいものです。

濡れたバスタオルを放置すると黒カビが発生する

濡れたままのタオルを洗濯かごに放置していると、タオルに黒い「ぷつぷつ」がついてしまうことがあります。

これは「黒カビ」です。

黒カビは一度ついてしまうと、なかなか落とすことができません。

そこで、濡れたタオルはかごに放り込まず、干した状態で次の洗濯まで置いておけば、カビがつくことはありません。

洗濯物は余裕をもって

洗濯物をハンガーなどにかけるのはちょっとひと手間ですが、これでタオルが長く使えます。

バスタオルを洗うときは、洗濯機いっぱいに入れないこと。

バスタオルの洗濯の仕方ですが、洗濯機内の水の中で洗濯物が大きく動くほど、汚れ落ちがよいとされています。

なお、洗濯機に入れるとき、洗濯物を押し込まないように注意しましょう。

特にバスタオルは汚れとともに表面のほころびも落ちるので、洗濯機の中で泳がせるくらいの水量で洗うのとよいです。

実際、そこまで水を多くすることは難しいのですが、それでも洗濯機の淵いっぱいまで洗濯物を入れないほうがきれいに洗えます。

横に干す

バスタオルは、「横」に干すのが正しいのです。

タオルは縦方向ではなく、「横方向」に干すと早く乾きます。

水分は重さで下に落ちていくので、普通、タオルは上から乾いていきます。

そのため、縦方向に干してしまうと、その長さの分だけ乾くのに時間がかかってしまうのです。

ポイント

  • バスタオルは使用後に放置せず、速やかに洗うこと
  • バスタオルを洗うときは、洗濯機の中をいっぱいにしない
  • バスタオルは横向きに干すと早く乾く

ネットの反応

「バスタオルって他の洗濯物とは一緒に洗いたくないよね」

「バスタオルって毎日洗わない派なんだけど…あれってやっぱり雑菌がわきそう…」

「今回のは何気に参考になる…干し方もあったなんて」

バスタオルってそれだけでけっこうかさばるんですよ。

他の洗濯物にもからまるので、バスタオルだけ別に洗いたいんですけどね。



おすすめの記事