ビートルズの「ギターソロが最も素晴らしい5曲」を紹介。

ビートルズの曲には、メタルバンドのような長々としたギターソロがたくさんある訳ではありません。

それでも「FAR OUT」が「ザ・ビートルズのギターソロが最も素晴らしい10曲」を選出しています。

そのうち5曲をご紹介。

“Sweet Little Sixteen”(1962年)

「FAR OUT」は、ジョージ・ハリスンの激しいギター・ソロがフィーチャーされた“Sweet Little Sixteen”について、

ビートルズが初めからロックンロールにフォーカスしようとしていた証だと紹介しています。

また、明らかにチャック・ベリーにインパイアされたと考えられる同曲でのギターソロは最高ランクものの一つに数えられるとし、

ハリスンは正統派のギタリスト、このパフォーマンスではその才能を見せつけているとも評しています。

“I Saw Her Standing There”(1963年)

バンドにとって最初のブレイクとなったとも言える曲。

ジョン・レノンが優等生的なパターンを捨てて激しくギターを弾いています。

1988年のインタビューでポール・マッカートニーは、

「この曲をジョンと一緒に書いた。私たちは学校を休んで、この曲をギターで作曲したんだ。“Just seventeen/Never been a beauty queen”という歌詞があったのを覚えてるよ」

と思い出を語っていたそうです。

“Taxman”(1966年)

この曲は、ジョージがバンドの歴史に大きな貢献を果たした最初の曲として、広く認められています。

ポールとジョージはいつものポジションを交換。

ジョージが作曲してポールがギターを弾いたとのことです。

1984年のインタビューでジョージは、

「“Taxman”でポールに少し(ギターを)演奏してもらえて嬉しかったよ。気づいたかな。彼は僕のために少しインドっぽく弾いてくれたんだ」

と明かしていたそう。

“I Want You (She’s So Heavy)”(1969年)

この曲は、ザ・ビートルズにとって事実上のラスト・アルバムとされている『アビイ・ロード』に収録。

「FAR OUT」は各メンバーがソングライターとして成長し、完全に楽器をコントロールしていると評しています。

この曲ではジョージがギタリストとして一歩引き、ジョンがスポットライトを浴びているのですが、

1969年のインタビューでジョージは次のように語っていたとのことです。

「すごくヘビーだ。ジョンがリード・ギターを弾いて、歌いながら演奏してるんだ。基本的に少しブルースっぼいよね。彼が歌って弾くリフは、まさに基本のブルースといった感じなんだ。でも、またジョン的な曲でもあり、すごくオリジナルだよね」

“Let It Be”(1970年)

「FAR OUT」は、感動的なバラードと真にセンチメンタルなメッセージが前面に押し出されているため、突然やって来るギター・ソロに聴き手は完全に不意を突かれてしまうと紹介。

ジョージがファズを効かせたギターのリックで畳みかけ、神妙な曲に対する完璧なリフレインになっていると評しています。

いずれ劣らぬ名曲です。

“Let It Be”が選ばれたのは意外に思いながら、改めて聴くとなるほどという選曲です。さすが!

おすすめの記事