ビートたけし再婚!人生一度きり…生きたいように生きる!

タレントのビートたけし(73)が18歳年下のパートナー女性・A子さんと再婚したことが7日分かりました。

取材では、この日までに都内の区役所に婚姻届を提出しているとのことです。

昨年5月に長く別居していた前夫人・幹子さん(68)との離婚が成立。

A子さんとは8年前から交際してきた。現在ではマネジメント業務も任せており、公私両面のパートナーとなったのです。

個人会社設立から

たけしが大きな決断を下しました。

A子さんとは8年前から交際し、2015年には個人会社「T.Nゴン」を2人が中心となって設立。

18年に所属事務所「オフィス北野(現TAP)」を退社してからは、A子さんがたけしのマネジメントを担っていたのです。

芸能界の中でも高齢結婚

芸能界の歴史でも最高齢クラスの結婚となります。

昭和では俳優の上原謙さんが66歳で結婚、平成ではタレント加藤茶(76)が68歳で再婚したことが有名ですが、たけしの73歳はそれをも上回る年齢なのです。

スポーツ界では、ソフトバンクホークスの王貞治会長(79)が18年に78歳で再婚しています。

ともに「世界のキタノ」「世界の王」と呼ばれ日本を代表する人物。

強烈な個性を放ってきた2人は、年を重ねても自分らしい生き方を貫いているのです。

たけしは昨年5月に幹子さんとの離婚が成立。

A子さんとの愛を選び、当時のテレビ番組では「身も心もスッキリする。お金取られた~。情けない」と冗談めかして話し、再婚について「したってしょうがないよ。と言ってて、するかもしれないけどな」とにおわせていました。

著書でも題材に

たけしは著書でA子さんとの生活を「食事にも気を使ってくれるし、最近なんか、朝起きりゃ、寝たまんまパンツをはかせてくれて“はい、いってらっしゃい”みたいな感じ」と明かしています。

強い母性を感じている様子ですね。

事務所名に入る「ゴン」は愛犬の名前とともにA子さんの愛称に由来するとされています。

17年に発表の純愛小説「アナログ」の主人公のモデルとも言われているのです。

たけしは18年の著書「ビートたけしのオンナ論」で、A子さんを「オネーチャン」の表記で登場させています。

それまでA子さんを「愛人」と報じる週刊誌が多かったのですが「“愛人”て言われても困るんだよ。だって、勃(た)たないんだから」とおちゃめに主張。

また「自宅に帰らないんじゃなくて、要は居心地のいいほうに帰っているんだ。それがたまたまオネーチャンの家ってだけでね」と同居している理由を明かしていたのです。

まだまだ現役

テレビ番組のレギュラー6本を抱えるなど、超売れっ子のたけし。

年齢を感じさせないほど精力的な活動を続けています。

昨年はNHK大河ドラマ「いだてん」で落語家古今亭志ん生を演じ、大みそかの紅白歌合戦に歌手として初出場しています。

また、映画監督として新作への意欲も見せているのです。

背景にあるのはA子さんの支え。

結婚により絆がより深まることは間違いないでしょう。

たけしのさらなる活躍から目が離せないですね。

ネットの反応

「ひょうきん族を子供の頃見ていた時代から女性問題が絶えない方ですから…女性問題で殴り込みに行った過去もありますし前妻や子供は大変だったと思います。「女遊びも芸のうち」なんて女性を下に見た時代の遺物の様な方ですね。最近、何を話しているのか分からないから字幕入れて欲しいです。」

「ありゃりゃ、、ついに籍を入れましたか。これでたけしの財産権利関係すべてこの女性のものに、、。たかじんさんと同じ末路ですね。」

「公私のパートナーとかきれいにまとめているんだけど、8年間不倫を続けた結果の略奪婚だろう。一般人である元妻は本名で年齢も晒し、新しい相手は名前を伏せる。そうした、変な気遣いが気持ち悪い。たけしへの忖度か?」

いろいろ言われています。たけしに言わせたら「オレの人生だから好きなように生きる」といったところでしょうか。

おすすめの記事